煩悶(はんもん)ですか
煩悶ならば
雨の降るとき
竹と楢(なら)との林の中がいいのです。
   (おまへこそ髪を刈れ)
竹と楢との青い林の中がいいのです
   (おまへこそ髪を刈れ   
    そんな髪をしてゐるから
    そんなことも考へるのだ)
                               詩「竹と楢」

c0104227_17462449.jpg
マダケ(イネ科マダケ属)真竹
中国原産とも日本自生とも言われる竹の一種。

1922年9月7日の日付のある作品。「春と修羅」のなかの一篇。

数年前、中学生で宮沢賢治ファンだという少年から、この詩がスキで、頭を坊主刈りにしましたという手紙をもらったことがあった。
どんないきさつがあったのか語られていなかったが、あの少年も今頃は大学生になっただろうか。

楢(ナラ)はコナラ、ミズナラなどの総称だが、普通ナラと呼ぶ場合はミズナラをさすことが多い。
賢治作品には楢はしばしば登場する。
ミズナラはこちらをどうぞ。
コナラはこちらです。






煩悶ならば、なぜ、竹と楢との林がいいのか、分からない。
竹は竹林であることが多く、コナラやミズナラと混在した竹林は見かけないように思うのだが。
c0104227_223899.jpg

竹を下から見上げれば、いかにもまっすぐで、煩悶を寄せ付けないように見える。
雨が降っていれば、笹の葉はしずかに絶え間なくそよぎ、音を立てるように思えるのだが。
Commented by fan_tail at 2008-12-15 05:57
竹のぶつかり合う音が好きです。
竹を見ると立ち止ってこの音を楽しみます。
雨と竹、よく似合いますね。
Commented by 夕焼け小焼け at 2008-12-15 11:52 x
竹はいい匂いがします。
関東の農家では屋敷の隣に竹林が必ずありましたが、最近では姿を消しました。
人手不足で管理が出来ないのです。
東北でも真竹、孟宗竹の竹林があるのでしょうか。
Commented by nenemu8921 at 2008-12-15 23:32
fam_tailさん。竹のぶつかり合う音??
竹の葉(笹の葉)のことかしら。
工藤直子さんの「のはらうた」思い出しました。

ぼくの ふところに
ひかりの かけらが
しゃら しゃら しゃら
いっぱい

ぼくの ふところに
かぜの きれはしが
ひゅる ひゅる ひゅる
いっぱい

たしか、たけやぶまもるくんの歌だった。いいでしょ。
そんなイメージでしょうか。あら、賢治からだいぶ、ずれちゃったわ。

Commented by nenemu8921 at 2008-12-15 23:40
夕焼け小焼けさん
東北の農家の竹林はよく存じません。m(._.*)mペコッ

東北のタケノコは姫タケノコ? 細い竹なのよね。
山で採るようなおはなしでしたが…。
竹林はあるのかしら??
こんど 東北へ行ったらよく確かめなくては…。

竹の香り、私も好きです。
Commented by マルメロ at 2008-12-16 00:29 x
竹といえば岩手の北部に住む親戚に桜のころに筍を箱詰めで送ることウン十年。叔母の嫁ぎ先の姑が昔に日本海の福井から移り住み岩手の山にはヒメダケノコはあれど筍がないと嘆いていると聞いたのがきっかけです。そういえば今住む家に当たり前に見ている竹藪も盛岡ではあまり記憶がないなと今頃気がつきました。賢治はどこにある竹を詠ったのかと不思議です。余談ですが福井からは金物を行商に来て帰りに浄法寺一帯に産する漆を買って持ち帰るという塩街道ならぬ漆街道の歴史の生き証人、叔母の嫁ぎ先の姑の商いは金物屋そのものでした。
Commented by fan_tail at 2008-12-16 07:44 x
はずれついでに。。。
葉ずれではなくて、竹と竹のぶつかり合う音です。
カタン というか カコン というか。。。風が吹いて全体が揺れるとぶつかり合う音がします。
若い頃、鎌倉の報国時で聞いて以来好きになりました。
葉のサラサラという音も好きです。
Commented by nenemu8921 at 2008-12-16 08:55
マルメロさん。そうでした。ヒメタケノコばかりなのよね。
瓶詰めで売っていますね。かなり高価なのよね。
友人は、熊が出るようなところで、採るので、当然なのだ!ということでした。
来年はイーハトーブの友へ、千葉のタケノコを送ってあげたいなあ。

そうでしたか。叔母上が!!ウルシの産地でもあったのですね。
金物商は、質・古着商を廃業した後の宮沢家のご商売でもありました。
Commented by nenemu8921 at 2008-12-16 09:03
fan_tailさん。竹と竹がぶつかるのですか!? ほんと!!
かなり壮絶な光景でしょうね。
ぜひ、ぜひ、そんな音、聞いてみたいです。
千葉は竹やぶ多いですものね。
これは、12月初め、房総へ行った折、館山城の近くの孔雀の飼育舎に隣接した竹林を撮りました。
Commented at 2008-12-16 22:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nenemu8921 at 2008-12-17 01:37
鍵コメさん。
さしつかえありませんとも。
メールでお返事入れました。
ありがとうございます。
Commented by 3po-studio at 2008-12-17 22:43
うちの近所の竹林は元気いっぱいですよ。
春先にはアスファルト突き破ってるくらいです。
子どものころはもらってきて竹スキー作ってました。

種類は・・・何でしょ??
細いのも太いのもあります。
Commented by sdknz610 at 2008-12-18 13:34
竹はイネ科でしたか!・・・ヘ~そうなんだ~・・・♪
知らないこと一杯♪
Commented by nenemu8921 at 2008-12-19 17:58
3po-studioさん。こんばんわ。
情報ありがとうございます。お宅のご近所とは??
県南でしょうか。太平洋側でしょうか?
アスファルトを破って出てくるとは、元気ですね!!
竹パワーにあやかりたいモノデアリマス。
Commented by nenemu8921 at 2008-12-19 18:00
samさん。花を見ると竹はイネ科と納得かもしれませんね。
竹の花はなかなか出会えないようですが。
Commented by sdknz610 at 2008-12-20 20:53
今頃思い出しました!隈笹の花は草津本白根で見たことあって、これです⇒http://sdknz610.exblog.jp/5868180/・・・。
隈笹も竹、イネ科でした♪
もう・・・直ぐ忘れるもので・・・。どうもありがとうございました。
Commented by bella8 at 2008-12-29 17:34
nenemuさぁ~ん

押し詰まりましたが、今年一年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

また、デジブラご一緒しましょうね。

よいお年をお迎えください。


Commented by グレ at 2008-12-30 20:30 x
こんばんは千葉は竹藪が多いのですか?
私は宮沢賢治のことはほとんど知りませんでした(ー_ー)!!
でもNenemuさんのところにお邪魔するようになって、大変勉強になりました。
ありがとうございました、また来年もお邪魔させていただきますm(__)m
ではどうぞ良いお年をお迎えくださいませ(^^)/
Commented by かぐら川 at 2008-12-31 20:58 x
今年もイーハトーブ・ガーデンで、賢治のいろんな側面をのぞかせていただきました。
有り難うございました。
Commented by nenemu8921 at 2009-01-05 20:17
samさん。ありがとうございます。
竹の花は珍しいそうですが、隈笹はもっと珍しいかも!!
貴重な画像拝見しました!!

お返事遅くなって失礼しました.今後もよろしくお願いいたします。
Commented by nenemu8921 at 2009-01-05 20:19
ベラさん。こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
お電話ありがとうございました。
嬉しかったです。
Commented by nenemu8921 at 2009-01-05 20:21
グレさん。今年もよろしくお付き合い下さい。
今年はケーキを焼いて、ゆっくりした時間を過ごしたいと思います。
グレさんを見習って。
Commented by nenemu8921 at 2009-01-05 20:23
かぐら川さん。
失礼しました。今年もよろしくご指導くださいませ。
コメント、励みになります。

Commented at 2010-12-18 01:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by nenemu8921 | 2008-12-14 18:20 | 植物 | Comments(23)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921