クロモジ

やうやくに
峯にきたらばむら雲の
ながれを早みめぐむくろもじ
              歌稿AB 640


c0104227_14561189.jpg
クロモジ(クスノキ科クロモジ属)黒文字
山地に自生し、高さ2~4mになる落葉低木。
小枝は折るとさわやかな香気がある。
3~4月、葉とほぼ同時に散形花序を出し、淡黄緑色の小花を多数つける。雌雄異株。




クロモジが芽ぐむ季節は、多くの木々の花が咲き出す季節でもある。

ハチジョウキブシ(キブシ科
c0104227_041816.jpg

シデコブシ(モクレン科)
c0104227_045472.jpg

イロハカエデ(カエデ科)
c0104227_054398.jpg

コクサギ(ミカン科)
c0104227_06253.jpg

ミヤマガマズミ(スイカズラ科)
c0104227_15254026.jpg


佐倉市の国立歴史民族博物館付属のくらしの植物苑にて。
Commented by matsu_chan3 at 2009-04-04 20:36 x
こんばんは クロモジはこちらにはない植物のようです。
残念ながら初めて見るようで・・やはり寒いところでは育たないのかな!
Commented by グレ at 2009-04-05 00:56 x
こんばんは(*^。^*)/
変わった花ばかりですね、そしてどれもとても美しく撮れていますね^^v
コクサギとミヤマガマズミは初めてみました!
シデコブシはあるところで見かけたのですが、とても小さな花でした?
葉もたくさん出ていたのですが、もう終わりなのでしょうか?

カエデやもみじの新芽は美しいですね、紅葉も良いですがこの時期の若葉も大好きです(*^^)v
Commented by nenemu8921 at 2009-04-05 20:07
matsu_chanさん。
本当。図鑑で調べると、クロモジだけでなく、同じ仲間のアオモジ、シロモジ、ダンコウバイ、アブラチャンも北海道には自生しないようです。
でも、オオバクロモジというのは北海道と本州北部に自生するとあります。
葉をちぎってもむと、いい香りです。(*^_^*)
Commented by nenemu8921 at 2009-04-05 20:15
グレさん。
私もコクサギと深山ガマズミは初めてでした。(*^_^*)
咲き始めたばかりといった風情でした。
シデコブシはコブシと同じくらいの小ささ、です。
樹の花は、大木の枝にあるときは小さく見えますね。
コブシより遅れて咲くようです。ヒメコブシとも。
樹木の新芽はみなドキッとするほど、美しいですよね。(^^♪
ことにイロハカエデの紅い、小さな花はすてきよねえ。
でも少しの風でも揺れるので、写真は難しいです。
毎年撮りたくなります。

by nenemu8921 | 2009-04-04 14:55 | 植物 | Comments(4)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921