オキナグサ

おきな草
とりて示せど七つ森
雲のこなたに
むずかしき面(おも)
           歌稿B 488


c0104227_14103955.jpg

c0104227_14111319.jpg
オキナグサ(キンボウゲ科オキナグサ属)
高さ10cmぐらいになる多年草。

七つ森は盛岡市の西方、雫石町との堺付近にある。
小高い丘が七つ連なっているため、賢治はこう呼び、作品にしばしば取り上げている。
歌稿B 489では「七つ森/青鉛筆を投げやれば/にはかに/機嫌を直してわらへり」とある。
七つ森はオキナグサより青鉛筆のプレゼントのほうがお気に召したらしい。

下ノ畑の隅で、オキナグサが咲き始めました。
場違いで、戸惑った表情のようにも見えます。
Commented by オキザリス at 2009-04-06 17:49 x
わあ、オキナグサ、かわいいです。
本当に銀ビロードを刻んだような葉っぱですね。
下の畑で育てているのですか?




Commented by sdknz610 at 2009-04-06 22:10
下の畑で・・・いいな~オキナグサ♪ どんどん増やして下さい!
絶滅危惧種ですから・・・。
Commented by namiheiii at 2009-04-06 22:15
大好きな花です。以前秩父に行った時苗を買って庭に植えました。2年ほどで消えてしまいました。石ころのあるような川原に自生するそうですね。
Commented by nenemu8921 at 2009-04-07 02:20
オキザリスさん。
私が育てているのではなく、隣人が咲かせたのです。・・・
以前、私も手がけましたが、2、3年で消えてしまうので、あきらめました。
肥料をやっては駄目だそうです。
Commented by nenemu8921 at 2009-04-07 02:23
samさん。赤城山麓ではオキナグサは見かけないようですが、富岡では保存会が活躍して、販売もしていると聞きました。
ご存知でしょうか?
Commented by nenemu8921 at 2009-04-07 02:28
namihei先生もお好きですか!
ガーデンで栽培するのは難しいようですね。
調教されない植物のようです。
八幡平近くの安比で6月ごろ咲くのを、いつも楽しみにしています。
Commented by saidenryu at 2009-04-07 21:43
七つ森、写真で見たらもっこりぽっこりした低い山が
続いています。優しそうな雰囲気のある山ですね。
そして今は6つになってしまったらしいですね。
「岩手県ポラン町字七つ森へ」という本を借りて
きて眺めています。
Commented by nenemu8921 at 2009-04-08 12:46
saidenryuさん。面白そうな本ですね(*^_^*)
そうなのです。七つ森というのも、立つ場所によって、数え方によって、
異なるようです。
最近は見渡せる場所が少なくなったのでは…(~_~)
もっこりぽっこりは、いいですね。(^^♪
賢治は梯形(台形のこと)とも呼んでいますね。
by nenemu8921 | 2009-04-06 14:09 | 植物 | Comments(8)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921