うこんざくら

うらうらと降ってくる陽だ
うこんざくらも大きくなって
まさに老幹とも云ひつべし
花がときどき眠ったりさめたりするやうなのは
自分の馬の風のためか
あるひはうすい雲かげや、
かげらうなぞのためだらう
(略)
さつきのうこんざくらをつんで
家内に手紙を書くとしやう
                   詩「軍馬補充部主事」


c0104227_16323282.jpg

c0104227_16331146.jpg

c0104227_16333019.jpg

c0104227_16355848.jpg

うこんざくら(バラ科サクラ属サクラ亜属)鬱金桜
サクラとしては珍しい淡い黄色の花が咲くことで有名な栽培品種。 
ほんのり紅がさし萌黄色がかった白いウコンザクラは味わい深く、老木になると花一輪づつの個性が際立つ。

作品は軍馬補充部の所長が馬上からの光景と所感をモノローグ風に描いたもの。
手を入れて文語詩に改作された作品だが、冒頭と末尾だけの紹介にとどめる。
Commented by オキザリス at 2009-04-14 07:13 x
nenemuさん。おはようございます。
ウコン、きれいですね。こちらでもちょうど今満開です。
最後の一枚は時々眠ったり、醒めたりしている状態かしら(笑)
この詩はたしか、さんさ踊りの練習をしている農婦たちが登場しましたね。
Commented by nenemu8921 at 2009-04-14 10:53
オキザリスさん。
この花は逆光で撮ると黒ずんで、奇麗に撮れないので、ハイキーに仕上げて遊んでみました。
毎年いい写真にならず、今年も2回目ですが、気に入った写真にならなかったk……。
折り合いました(^^♪

そうです。この作品は文語詩の方が面白いかなと思います。
Commented by matsu_chan3 at 2009-04-14 16:20
ウコンザクラというのもあるのは初めて知りました。
結構桜にも種類が多いようですね(^_-)-☆
5/2の開花までガマン・ガマン!
Commented by moraisan at 2009-04-14 20:18
たいへんご無沙汰してしまいました。
こちらに来れば、賢治作品の懐かしい断片に触れ、時には思い出すままそらんじてみたり、読み返してみたり‥

ただ今回の作品にいたっては記憶が不確かで、さて何集に収録されていたろうかと‥探してようやく見つけました。

賢治は野生のものから品種にいたるまで造詣が深く、野生のものにしか心惹かれない自分との差を思い知らされます。

あたたかいコメントとマグノリアのTB、嬉しくありがたかったです。

Commented by mo-su1717 at 2009-04-14 20:56
ご無沙汰しています。ブログ変更しました。又よろしくお願いします。
ウコンザクラは緑っぽいのですね。こちらでは今日の雨ですっかり散ってしまいました。
Commented by nenemu8921 at 2009-04-14 21:25
matsu_chanさん。
昨年、5月、函館で深山桜というのを見ました。
ハシドトガラが飛び回っていました。
いいなあと、印象に残りました。
Commented by nenemu8921 at 2009-04-14 21:36
moraisanさん。ようこそ。
お元気なられて良かった!!
賢治を読むのも、一層深い想いにとらわれるのでは…。
どうか、体を適度にうごかして、美味しいものを食べ、よく眠って欲しい。
そして、心に残る画像を時々見せてくださいな。

宮沢賢治は花壇設計をしていたので、園芸種にも関心が深いのだと思います。
やはり野の花が一番でしょう。
Commented by nenemu8921 at 2009-04-14 21:40
基子さん。よこそ。
復活したのですね。良かった。
なんだか、張り合いがなかったですよ。
桜は遅咲きのものもいっぺんに咲いてしまった感じですね。
今夜の雨でみな散ってしまうかしら。(~_~)
by nenemu8921 | 2009-04-13 16:37 | 植物 | Comments(8)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921