賢治のニワトコとドイツのニワトコ

ドイツ在住の松野マリナさんや、ドイツ生活の長かったtamayamさんから、
ニワトコに関してコメントやメールをいただきました。

ドイツのニワトコは、庭先に植えてジュースやシロップを造ったり、フリッターにするようです。
日本では、エルダー(西洋ニワトコ)という名で流通しています。ドイツ語ではホルンダーでしょうか。
下ノ畑の隣人、グリーン・ヴォイスさんのガーデンでは5月末から咲き始めますガ、今年は早かったです。
c0104227_16163540.jpg

c0104227_16171729.jpg
エルダー(スイカズラ科)西洋ニワトコ
マリナさんの「ドイツ「小京都」での日常」で、ホルンダーのシロップのレシピが紹介されています。
シロップにするほど、大量に摘めないなと思い近くのイケアの食品売り場で見つけ、味見をしました。
c0104227_16114283.jpg

ドイツ製ですが、イケアブランドとして販売されています。
これは濃縮タイプで薄めて氷を入れて飲みます。
味は……、すごく美味しい!! フラワーフルなんて言葉はないですね。
さわやかでほんのり甘い花の味がします。

こちらが日本のニワトコ、3~4月に花を咲かせます。ひなびた感じですね。
c0104227_16175389.jpg

賢治のニワトコは、 早春花を咲かせる木 山野や里でやぶになる木といったイメージで登場します。
c0104227_16182242.jpg

焼きりんごを試したり、杉の葉のお茶なども喜んだというエピソードのある宮沢賢治です。
来年は、イーハトーブ・エルダー・シロップに挑戦したいものであります。

tamayamさん、マリナさんありがとうございました。
Commented by オキザリス at 2009-06-15 08:21 x
ニワトコのジュースですか?味見したいわ。
イケアってスゥーデンの家具やさんでしょう。一度行ってみたいです。
食品売り場もあるのですか?
Commented by tamayam2 at 2009-06-15 10:20
ほう、ニワトコの登場、うれしく拝見しております。イケヤにジュースが
あるって?おいしいでしょ。爽やかな味ですね。漢字で接骨木と
書きますから、骨折と関係があるのかと思ってしらべましたが、
外傷のシップ薬、利尿剤などの効果があるらしいわね。鳥かごの
鳥の止り木に使われると書いてありました。鳥がかじると良いの
でしょうか。西洋では、大変ありふれた、どこにでもある木です。
ドイツ人の友人は、果物がなる木や有用でない木は植えないわよ、
と言っておりましたよ。現実的なドイツ人好みの木ですね。ははは
Commented by マリナ at 2009-06-15 20:05 x
ネネムさん、何度もご紹介いただきありがとうございます。

宮沢賢治が飲んだ杉のお茶、なんだろう?
落葉松の新芽はお茶すると、キレイな緑茶になりますが
これもドイツ語の先生に習いました。

それにしても、宮沢賢治はハイカラでしたね。
Commented by nenemu8921 at 2009-06-15 21:25
オキザリスさん。
はあい、家具屋さんですがインテリアグッズなど、色々あります。
食品はわずかです。
チーズやワイン、ジンジャークッキーやジャム、ジュースなど、他で見かけないものがあります。
近いので便利です。(*^_^*)
Commented by nenemu8921 at 2009-06-15 21:40
tamayamさん。
さわやかでやわらかな甘みと酸味がありますね(*^_^*)
いずれ、日本のニワトコで試してみましょう。
ドイツ人って、そんなに合理的なの?
なるほど、質実剛健なイメージの樹木ですよね。(*^_^*)
いろいろありがとう。
Commented by nenemu8921 at 2009-06-15 21:44
マリナさん。
賢治が喜んだお茶は、東北砕石工場時代に訊ねたお宅で出されたものだったと思います
多分、お茶が買えない事情も背景にあったのでしょう。
ラリックスですか? 
いずれ、調べて見ますね。(*^_^*)
おかげで世界が広がりました。
アンデルセンに「ニワトコおばさん」という童話がありますね。(^^♪
by nenemu8921 | 2009-06-12 16:18 | 植物 | Comments(6)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921