きんぽうげ 芹

そのきらびやかな空間の
上部にはきんぽうげが咲き
  (上等のbutter-cupですが
   牛酪(バター)よりは硫黄と蜜とです)
下にはつめくさや芹がある
ぶりき細工のとんぼが飛び
雨はぱちぱち鳴つてゐる
  (よしきりはなく なく
   それにぐみの木だってあるのだ)
(略)
青ぞらは巨きな網の目になつた
それが底びかりする鉱物版だ
  よしきりはひっきりなしにやり
  ひでりはパチパチ降つてくる
                   詩「休息」

きんぽうげ→ウマノアシガタ
c0104227_18185850.jpg

c0104227_1820193.jpg

→セリ(セリ科セリ属)
c0104227_1846922.jpg
c0104227_18464239.jpg

とんぼ→ノシメトンボ
c0104227_1851489.jpg


大正11.5.11の日付のある作品。
土手の草地に体を投げ出して休んでいるときの印象を綴った詩である。
ひでり雨がぱちぱち降り、オオヨシキリの鳴き声が響く。
眼にとまるのはキンボウゲ。
(エゾキンポウゲという植物はあるが、キンポウゲはない。キンポウゲ科のウマノシガタやタガラシ、キツネノボタン、ヒキノカサなどを総称して呼んだと思われる)。
賢治はきんぽうげという名がお気に入りだった。
きんぽげの英名がbutter-cupで、その連想から牛酪(バター)へ、蜜と硫黄へと展開する。
視線を下へ向ければ、つめくさと芹。つめくさは童話「ポラーノの広場」でシンボル的植物でもある。
芹は賢治の好きな「月光色の散形花」だが、語感がよくないからか、登場回数は多くない。
ぶりき細工のとんぼがノシメトンボだと限定できないが、とんぼの形体からのイメージと思われるのでこだわらなかった。
生物を鉱物や金属にたとえるのは賢治の独特の詩法である(亜鉛鍍金の雉子もあった)。
詩人の眼はひでり雨を降らす空へ向けられるが。空もまた鉱物板になってしまう。

きんぽうげ、つめくさ、よしきり、ぐみなどは以前にも紹介した。
よろしかったら、検索してみてください。
Commented by かぐら川 at 2009-06-25 21:58 x
 とんぼの目と,はねの透明にしばし惹きつけられました。ノシメトンボというのはどんなとんぼなのかわからなかったのですが、「熨斗目蜻蛉」なのですね。
Commented by tamayam2 at 2009-06-25 22:24
ノシメトンボのお顔を正面から拝見。すごい迫力です。
おみごと、おみごと!虫に目がないtamayam2はこういうのを
見ると笑みがこぼれます。
Commented by sdknz610 at 2009-06-25 22:47
トンボの正面顔・・・なかない撮れないんですよ。これはイイな~♪
ノシメトンボ、今シーズンは未見です。
どのトンボにしろ・・・何だかとても数が少ないように感じてますが・・・。
何かおかしいぞ・・・。
Commented by nenemu8921 at 2009-06-25 23:01
かぐら川さん。
私も知らなかったのです。
動植物の名は標準和名ではカタカナ表記に馴れているのですが、どうしてもイメージできない言葉もあります。
ノシメ、熨斗目でも分かりにくいです。
熨斗目模様とか、熨斗目色とかあるようですが、とんと想像がつかない世界です。
Commented by nenemu8921 at 2009-06-25 23:08
tamayamさん。ありがとうございます。
とんぼも虫のうちですか(^^♪
虫に目がないって、ホント?! 
この頃畑に行くとやぶ蚊になやまされていますよォ!!
Commented by nenemu8921 at 2009-06-25 23:10
samさんに褒められたのは初めてかな?
実はこれ、数年前の画像です。(^^♪
今年は私も未見です。
Commented by 足立・ミチ at 2009-06-26 21:46 x
うわぁ トンボの真正面顔すごいですね。よく撮れましたね。
先日の会では(北上川はケイ気をながしィ)をみんなで参考に使わせて
いただきました。
お陰様で理解が深まった?気がします。ありがとうございました。
Commented by boniy at 2009-06-26 22:18
いつもnenemuさんの解説はわかり易くて素晴らしいわ♪
近くにいたらもっと色々聞けるのにな~
と思ってしまいます
きんぽうげは可愛いお花で可愛い名前ですね
記念写真もう1度送ってもらえますか~^^;)
Commented by nenemu8921 at 2009-06-27 08:56
足立・ミチさん。
「北上川は~~」は、たくさんの植物や鳥達が入れ替わり登場するので、画像の展開が楽しかったです。
でも解釈は戸惑いますよね。(^^♪
多少でもお役に立てれば、嬉しいです。
皆様に、どうかよろしく。
Commented by nenemu8921 at 2009-06-27 09:01
boniyさん。
キンポウゲは山で見ると、つややかで実にきれいだなと思います。
花びらが散って、みどりのボタンも可愛いですね(*^_^*)
by nenemu8921 | 2009-06-25 18:20 | 植物 | Comments(10)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921