睡蓮→スイレン

(略)
それから市街地近傍の、
並木に沿った沼沢には
睡蓮や蓴菜、
いろいろな燐光が出没するけれども
すこしもそれにかまってはならない
いいか わかったか 
命令 終り
                詩「命令」

c0104227_23484670.jpg
スイレン(スイレン科スイレン属)睡蓮
水生多年草。熱帯産と温帯産がある。

c0104227_041787.jpg
ジュンサイ(スイレン科ジュンサイ属)蓴菜
池や溝に生える多年草。若芽は食用とされる。

「春と修羅 第二集」中の作品。
マイナス第一中隊への「命令」である。
しかし、マイナス第一中隊とは?
Commented by brue-nile at 2009-07-23 00:45
こんばんは~♪

何時も温かなコメントを下さって、
とっても嬉しいです…どうもありがとうございます。

スイレンは色々な物語に登場しますし、
絵画に題材にも使われる、
愛らしいお花ですよね~!!

スイレンとエジプトは切っても切れない間柄、
面白いのでTBしますから、
是非読んで頂けると嬉しいです。
Commented by tamayam2 at 2009-07-23 08:50
先日、尾瀬でヒツジ草を見ました。未どき(午後2時ごろ)に通り
かかったら、直径5cmぐらいの小さな花が開花していました。
それが日本の唯一の自生種であることをナイル商会の記事で
拝見しました。池でよく見る植物ですが、いろいろ背景がわかり
興味深く読ませていただきました。
Commented by namiheiii at 2009-07-23 10:29
冬の秋田で振舞われた蓴菜汁の味が忘れられない。写真のヌメッとした感じがあの舌触りを想い出させる。
Commented by saitamanikki2008 at 2009-07-23 13:41
恥ずかしい話しですが、睡蓮の花 モネの絵で綺麗に描かれていたので知るきっかけになりました。
ジュンサイも睡蓮と同じ仲間のようですね。

水生植物に関連して、先日、蓮の花を撮りに行ったら蓮の実を頂きました。水に浸けて置いたら2日で発芽、生命力に驚きました。

And 気になるのは、マイナス第一中隊 ? とは、 トンボの中隊 ?
気になりますね~。

Commented by nenemu8921 at 2009-07-23 23:22
ナイルさん。TBありがとうございます。
たいへん、あれこれと参考になりました。
百万の軍隊より、心強いご支援です。('-'*)アリガト♪
植物はその土地の歴史や風土と深いつながりがありますね。
あらためて、実感しました。
Commented by nenemu8921 at 2009-07-23 23:29
tamayamさん。
尾瀬のヒツジ草ですか。
tamayamさんは、身軽に多方面へおでかけになって、体験が豊かですもの、知識が伴って、一層深く感じられることでしょう。
(*^_^*)
出会いがあった植物って、印象に残りますね。
Commented by nenemu8921 at 2009-07-23 23:32
namihei先生にはジュンサイはなつかしい汁物ですね。
私にはいつも酢の物です。
口当たりが独特ですね。
Commented by nenemu8921 at 2009-07-23 23:37
さいたま日記さん。
スイレンといえば、モネを思い出す人は多いと思います。
蓮の実、2日で発芽ですか!!
数百年も眠っていて発芽したという伝説もすごいけれど、2日というのもすごいですね。

詩の解釈は今回サボりました\(;゚∇゚)/ヒヤアセモン☆

いずれ、機会があったら~~と思います。
by nenemu8921 | 2009-07-22 23:57 | 植物 | Comments(8)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921