赤い経巻 → 漢和対照妙法蓮華経

        願教寺と言えば、島地大等であり、
              島地大等といえば、赤い経巻、
                   つまり漢和対照妙法蓮華経である。

(略)
保阪さん 私は愚かな鈍いものです。求めて疑って何物をも得ません。遂にけれども一切を得ます。
我これ一切なるが故に悟ったような事を云ふのではありません、南無妙法蓮華経と一度叫ぶときには世界と我と共に不可思議の光に包まれるのです。
あゝその光はどんな光か私は知りません。只斯のごとくに唱へて輝く光です
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経 どうかどうか保阪さん すぐに唱へて下さいとは願へないかも知れません
 先づあの赤い経巻は一切j衆生の帰趣である事を幾分なりとも御信じ下され 本気に一品でも御読み下さい そして今に私にも教えて下さい。
                     書簡50 (保阪嘉内あて書簡 大正7年3月20日前後)
c0104227_1055755.jpg
c0104227_10552341.jpg

これはもちろん本物ではなくて、国書刊行会からの復刻版である。

宮沢賢治が法華入信の機縁となったのはこの経巻に出会った故と伝えられている。
父の法友高橋勘太郎から宮沢家に贈られたもの。
島地大等編で、表紙は金箔で押したサンスクリット文字とイラストのおしゃれなデザインである。

(略)
流転の中にはみぢめな私の姿をも見ます。本統はみぢめではない。
食を求めて差し出す乞食の手も実に不可思議の妙用であります。
食を求めることはいやしいことか。
宇宙みな食を求むるときは之はいやしい尊いを越えたことであります。
おっかさんを失って悄然と試験を受けるあなたにこの様なことを云ってすみません。
保坂さん。諸共に深心に至心に立ち上り、敬心を以て歓喜を以てかの赤い経巻を手にとり静かにその方便品、寿量品を読み奉らうではありませんか
南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経                      
                        書簡76 (保阪嘉内あて書簡 大正7年6月27日)
c0104227_10553537.jpg

寿量品とは、法華経の真髄が語られているといわれる如来寿量品第十六のこと。

書簡50は、保阪嘉内が退学になった時、帰郷した保阪あてのもの。
前半部分は賢治自身の方が途方にくれ、おろおろているような印象である。
書簡76はその後母親を亡くした失意の保阪へ宛てたもの。

宮沢賢治にとっては支えであったこの赤い経巻は、保阪嘉内には機能しなかったのでしょうか。
Commented by 黙念 at 2009-12-30 09:25 x
こんにちわ。
これがよく聞く赤い経巻ですか。
島地は大正天皇の即位の記念にこれを訳したとか、
本当ですか?
Commented by saitamanikki2008 at 2009-12-30 11:54
妙法蓮華経 内容は全く判りませんが、宮沢賢治と繋がりがあった石原完治の属していた在家宗教 国柱会が東京 江戸区内にあり数回訪ねた事がありました。

妙法蓮華経の5文字を見て、改めて宮沢賢治の気持の広さ・深さを感じました。

一年も一日を残すまでとなりました。 良いお年をお迎えください。
Commented by マルメロ at 2009-12-31 23:37 x
賢治の法華入信のきっかけとなった赤い経巻が実際にこのようなものであること改め知りました。願教寺にもあるものだろうか。
仏教の深い真理に触れたことのない自分にもわかることができるものかとさらに考えてしまいました。あたらしい年の課題ですね。もうすぐ年越しです。新しい年もよろしくお願いいたします。
Commented by rinrin at 2010-01-02 22:50 x
nenemuさん、
あけましておめでとうございます
今年も懲りずに、お相手をしてくださいね
Commented by nenemu8921 at 2010-01-02 23:33
黙然さん。ようこそ。
確かに巻末には、島地大等のそうした内容の挨拶が記されていますが。
宮沢賢治がそのことを意識したかどうか…。
Commented by nenemu8921 at 2010-01-02 23:42
saitamanikki さん
一之江へ行かれたのですか?
庭園の中に宮沢賢治の石碑があるのをご覧になりましたか?
石原完治との接点は特にないと思います。
賢治が国柱会に引かれたのは田中智学ゆえではないでしょうか。
Commented by nenemu8921 at 2010-01-02 23:44
マルメロさん。
きっと願教寺にもあると思いますよ。
いろいろお世話になりました。
年が明けてしまいましたが、どうぞ、今年も応援お願いいたします。
Commented by nenemu8921 at 2010-01-02 23:47
rinrinさん。
年が明けてしまいました。
今年もイーハトーブでご一緒に遊びましょう。
どうぞ、よろしく。
by nenemu8921 | 2009-12-29 23:13 | その他 | Comments(8)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921