ロウバイとはいうけれど…

          ロウバイは寒い季節に美しい花を咲かせ、
             香もよく、誰にも好かれる花ですが、
                ロウバイといえば、
                   こんな種類もあります。

             ちょっと季節外れですが
                        ご紹介します。

クロバナロウバイ(ロウバイ科)黒花蝋梅(別名アメリカロウバイとする分類も、別だという分類も…)
c0104227_19435799.jpg
c0104227_19442157.jpg


そしてこちらはナツロウバイです。(ロウバイ科)夏蝋梅
c0104227_194538100.jpg

c0104227_19553097.jpg

           
              どちらもロウバイ科の園芸種。

                   これらは5~6月に花を咲かせますが、
                      どちらのロウバイも葉が大きく、
                         花はごく小さなものです。
                    でも、さすが、ロウバイ科、
                         よい香りがします。

                 今年、初夏に、さがしてみてください。
Commented by オキザリス at 2010-01-11 07:42 x
おはようございます。
クロバナロウバイは茶花などに人気がありますね。
でも、ナツロウバイははじめて聞き、拝見しました。
やはり蝋質の花びらですか?
ぜひ、見てみたいです。
Commented by tamayam2 at 2010-01-11 10:10
オキザリスさんのコメントとほぼ同じ内容で恐縮ですが・・・
クロ花~のほうは、ドイツでよく見かけました。が、
ナツ花~のほうは初めてみます。素敵な花ですねえ。
5、6月にどこかで会いたいものです。
Commented by nenemu8921 at 2010-01-11 11:12
オキザリスさん。
クロバナロウバイはちょっと造花のような感じがしました。
が、ナツロウバイの方はやはり蝋細工のような印象でした。
可憐なのですが、実物の印象に比べると、写真写りが難しい花です。


Commented by nenemu8921 at 2010-01-11 11:30
tamayamさん。
ナツロウバイは近くのガーデン仲間のお庭にありますが、
他では私も見たことがありません。
花に比べると、葉が非常に大きいので、写真の撮りようがないのです。
だから、花のアップだけ(泣)
クロバナに比べると半月くらい早く開花します。
機会があったら、ぜひ、見て欲しいです。

Commented by ミチ at 2010-01-11 14:05 x
クロバナロウバイ、ナツロウバイは初めて見ました。
ロウバイは近くの公園で咲いてるのを見られますが蝋細工のようでいて
香りがするのが不思議な気がします。

Commented by nenemu8921 at 2010-01-11 15:15
ミチさん。本当ですね。
蝋のつくりもののような花ですのに、よい香りがしてふしぎです(^^♪
思い出しました。
クロバナロウバイもナツロウバイも、水元公園にたしか、若い木が一、二本並んであります。
緑の事務所の裏側の道をカワセミの里へ向かって行く途中、苗場に。
ナツロウバイは5月20日ごろ、クロバナは6月10日ごろを目安に。
問い合わせてから、行かれるとよいと思います。(#^.^#)


by nenemu8921 | 2010-01-11 00:10 | 植物 | Comments(6)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921