シナマンサク

何十年ぶりだろうか。小石川植物園を訪ねた。
入口でシナマンサクが満開で、でもひっそりと迎えてくれた。
c0104227_20324651.jpg

賢治作品にはマンサクは登場しません。
このひらひらのリボンを見たらどんな表現をしたかなあ。
c0104227_18502895.jpg

c0104227_18531219.jpg
シナマンサク(マンサク科マンサク属)支那満作
Commented by ILmoon at 2010-02-16 20:32 x
とても綺麗です♪
まんズ、ケッさく! 冬と春が同居ですね。
Commented by nenemu8921 at 2010-02-16 21:22
ILmoonさん。ありがとう。

誰もが撮る写真はムズカシイですね。(^^♪


Commented by matsu_chan3 at 2010-02-17 07:33
これがマンサクですか・・初めて見ます。
秋の名残の枯れ葉もいいアクセントですね!(^_-)-☆
Commented by saitamanikki2008 at 2010-02-17 11:40
冬寒の日々が続いてますが、一枚目の美しいマンサクの映像が暖かい春を迎えに行ってくれるようなが気がします。
マンサクの背景の色彩が、すでに春の空気を撮っています。
優しい暖かさを感じました。
Commented by nenemu8921 at 2010-02-17 18:20
matsu_chanさん。
北海道にはマンサクはないのでしょうか?

春一番に咲いてくれるので、嬉しい花です。
Commented by nenemu8921 at 2010-02-17 18:24
saitamanikkiさん。
やわらかな、あたたかい春を閉じ込めて、マンサクの黄色いリボンで結び、
枯葉のカードにメッセージを書いて贈りましょうか。
冬眠中のカエルくんに。
「もうちょっとだけ、寝てていいよ!」と。
Commented by tamayam2 at 2010-02-19 18:03
1枚目の背景の色がなんとも言えずいいわね。
このようにかれた葉っぱがくっついているのが
シナマンサクらしいです。紅花まんさくとかトキワ
マンサクとか色々種類があるみたいですね。こう
いう地味な花を愛するのは、やはり東洋人だろう
と思います。
Commented by nenemu8921 at 2010-02-19 21:33
tamayamさん。やはり地味な花ですね。
独特な趣がありますが、こういう微妙な魅力は欧米人には分かりにくいのかしら。
欧米では自生していないのでしょうか?
Commented by sdknz610 at 2010-02-27 22:21
マンサクの画は数限りなくあれど、この逆光に輝く美しさは・・・格別ですね。パチパチ!♪
私もこういう画を撮りたいのでありますが・・・♪
by nenemu8921 | 2010-02-16 19:07 | 植物 | Comments(9)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921