雪やなぎ

銀のモナドのちらばる虚空
すべて青らむ禁欲の天に立つ
聖く清浄な春の樹の列
    みみづくの頭のかたちした鳥ヶ森の雪なかばとけ
    小さくやさしい貴女たちのゆゑに
    雪やなぎひかれば
    すももの花のしたで
    黒衣の童子にまかれる燐酸もひかる
〈略〉
                          詩〔銀のモナドのちらばる虚空〕

c0104227_17511298.jpg

c0104227_17243280.jpg
ユキヤナギ(バラ科シモツケ属)Spiraea thunbergii
各地の川沿いの岩上などに生える落葉低木。庭木としても親しまれている。
雪柳という名前だが、柳のなかまではなく、バラ科である。
フジノピンクという、淡いピンクの花を咲かせる園芸種が流通している。
つぼみはごらんのように紅いので、咲き始めの頃はまるで、別の花のようである。

作品は「詩ノート」の一節。
手を入れて「春と修羅 第三集」に収められたものは「電車」のタイトルで、全く別の作品に転生し、
ユキヤナギは登場しない。
モナドは、monad、 単子のこと。実在の究極単位。
賢治の詩には、銀のアトム、微塵、銀の分子などの表現も多い。






今日は銀のモナドはどこかに隠れてしまったような花曇の一日だったが、
「下ノ畑」の隣人のガーデンで、ほころびはじめたユキヤナギを見つけて、夢中になってしまった。
薄紅色の花は、つぼみを見るとなるほどバラ科だなあと実感。
c0104227_17562421.jpg
ネコヤナギもそうだが、この時期の植物は、目をそらせば、動くのではないかと思うほど流動的だ。
c0104227_17575970.jpg
生き物の気配を感じますか。
c0104227_17593698.jpg

以前、ユキヤナギは聖女テレジアとともにご紹介した。
よかったらこちらをどうぞ。
Commented by matsu_chan3 at 2010-03-16 19:41
こんばんは
そちらは春の花が咲きいいですね~!
こちらはまだまだ雪に閉ざされています。
春が待ち遠しいな~!
Commented by nenemu8921 at 2010-03-17 08:51
matsu_chanさん。
北の国の春はゆっくりゆっくり、そして一挙にいっせいにやってくるのでしょう。
本当に待ち遠しいですね(^^♪
Commented by saitamanikki2008 at 2010-03-17 09:57
お早うございます。
昨日は、初夏の様な気温でしたが、一転して今日は肌寒くなりました。
咲き始めた花も又閉じてしまいそうな天気です。
白いユキヤナギを清浄感たっぷりに撮りましたね。
看護婦さんの白衣のような安らぎを感じる一枚です。
お見事 !!
薄紅色の品種は、初めて拝見しました。
Commented by ミチ at 2010-03-17 16:14 x
薄紅色のユキヤナギは初めて見ました。
可愛らしくていいですねぇ。
つぼみは本当にバラを感じさせますね。
Commented by nenemu8921 at 2010-03-17 20:36
saitamanikkiさん。
行きつ、戻りつの春の日々ですね。
白いユキヤナギはやはり看護婦さんですか。
賢治と同じ発想ですね(#^.^#)

でもびっしり満開の大きな枝ぶりは凄艶な印象もあります。
写真は撮り方かもしれませんね。

お近くでちょっと気をつけて見て下さい。薄紅色もあると思いますよ。
満開だと白い品種とほとんど変りません。
Commented by nenemu8921 at 2010-03-17 20:42
ミチさん。
やはりバラ科ですね。(^^♪
バラ科の野生のコリンゴの花と似ているなあと思いました。
つぼみ状態だと枝ぶりも似ているので。
Commented by ILmoon at 2010-03-18 14:23 x
バラ科の花 桜もだけれど、
ハラハラと花弁が散りまして、複数形で「バラ」とか?
みごとな色彩ですこと。
ほんわかとした落ち着きを感じます。
Commented by ケイタロー at 2010-03-18 22:00 x
ユキヤナギは白い花がいいなあ。
ピンクの花は色っぽくて、どうも可憐すぎます。
この詩ではユキヤナギの樹でしょう。
やはり花が咲いているのかな。
それにしても写真、見事ですね。





Commented by moraisan at 2010-03-19 01:03
ユキヤナギは強い花ですね。
冬の最中にも川堤の石積みの間で紅葉した姿の中に、ひとつふたつと花を咲かせているのを見つけます。
もうこんなに花を咲かせているのですね^^
花蕾とまだ小さく丸い新葉に、別称コゴメヤナギを見るようです。

Commented by misty_hill at 2010-03-20 07:53
はじめまして m(_ _)m  ブログ拝見しました。
私は 北上山地の南端 宮城県気仙沼市に住んでおります。 私の出身は 岩手県一関市(旧市街)で,心のルーツは岩手人の53歳です。 敬愛して止まない 宮澤賢治の足跡や文学を 自分の視点で辿っております。 今回 nenemu8921さんの ブログを拝見し 写真の美しさに驚き リンクさせていただきました。 これからもお邪魔しますが よろしくお願いいたします。
Commented by nenemu8921 at 2010-03-20 14:58
ケイタローさん。
かわいいのも過ぎては駄目ですか(^^♪
ユキヤナギは聖なるイメージもあるようですね。賢治の場合。
今回はユキヤナギの花にかこつけての作品ですね(^^♪

Commented by nenemu8921 at 2010-03-20 15:02
moraisanさん。
一輪はか弱いささやかな花なのに、びっしりと咲いた枝は白い蛇のようです。
しなやかで、強いですね。
コゴメヤナギはいい名ですね(#^.^#)
Commented by nenemu8921 at 2010-03-20 15:06
misty_hillさん。ようこそ。
まあ、賢治ファンの方のお目に止まって嬉しいです。
気仙沼在住ですか。昨年九月に立ち寄りましたよ。
お魚が美味しい町でした。(#^.^#)
どうぞ、よろしく。
さっそくリンクさせていただききます。
Commented by nenemu8921 at 2010-03-20 15:18
ILmoonさん。
この時期、バラ科の花が目立ちますね。梅、桜、桃、あんず、…。
みな樹木系ですね。
春の樹木たちという気がします。。
Commented by misty_hill at 2010-03-20 16:45
こんにちは 今朝は 唐突に湧き出たかのように 訪問したにもかかわらず リンクまでしていただき ありがとうございます。 こちらこそ よろしくお願いします。
Commented by nenemu8921 at 2010-03-21 09:46
misty_hillさん。
ありがとうございます。励みになります。
がんばって更新を続けようと思います。
by nenemu8921 | 2010-03-16 18:07 | 植物 | Comments(16)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921