夜明けの天王桜

おまけのおまけです。
これは昨年五月の初めに群馬県片品村というところで撮影した桜です。天王桜というそうです。
やはり明方5時ごろの撮影でした。
c0104227_0213271.jpg


こちらは前日の日暮れ前の撮影です。
c0104227_0341223.jpg


そして全景はこんな桜です。オオヤマザクラでしょうか。ちょうど満開でした。
c0104227_0345030.jpg

 
少し褒められて桜を取り出して見ました。昨年展示会で見てくださった方もあると思います。
ちょっと木に登った豚の心境ですが…。
画像はクリックするとみな大きくなります
Commented by odamaki719 at 2010-04-28 10:07
おはようございます✿
天王桜も見事な桜ですね。
明け方と夕暮れとでこんなに感じが違うのですね。
改めて桜は姥桜の方が綺麗なのだと感じました~(笑)
Commented at 2010-04-28 11:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ILmoon at 2010-04-28 11:40 x
ずっしりとした太く短い幹。
盆栽みたいな形して、花はたわわに人を引き寄せます。
桜って一つひとつの花びらもいいけれど、
丸ごと一本、樹形もいいですね。
Commented by tamayam2 at 2010-04-28 14:10
ほう、風格がありますね。木にでも、屋根でも
お上りなさい。賞賛に値する写真ですよ。
Commented by saitamanikki2008 at 2010-04-28 15:28
自然界の山の中、里山などで見る桜が、一番メッセージを発しているように思われます。
夜明け前の透明感の漂う桜を見てみたいものです。

桜樹の風格・樹形が良く、素晴らしい !
我が郷里にも、良い桜の里があるのですね。
知りませんでした。
Commented by bella8 at 2010-04-28 16:08
凄い迫力に圧倒されますね。
画像を拡大して更に圧倒されました。

ネパールの子どもたちの目が澄んでいて可愛いですね。
Commented by nenemu8921 at 2010-04-28 19:31
odamakiさん。座布団一枚!!
ホント、姥桜こそ桜の女王ですね(*^_^*)
朝と夕方と、光の違いでしょうね。
Commented by nenemu8921 at 2010-04-28 19:38
鍵コメさん。わざわざありがとうございます。
やはり…と、胸ふさぐ想いです。
これから気候がよくなって、回復されますよう
お祈りしています。

Commented by nenemu8921 at 2010-04-28 19:46
ILmoonさん。
そういえば、桜の盆栽ってないですね。
これだけ多くの人に愛される花ですから、盆栽仕立てにしたら、きっと人気になるでしょうね。
丸ごと一本っていう表現も面白いですね。(^^♪
Commented by nenemu8921 at 2010-04-28 19:51
tamayamさん。ありがとう。
屋根に上っていまーす。
風格ね。田舎の村はずれに残ったいた桜がいつの間にか、有名になったとか。
尾瀬に近いところで開花がかなり遅い花です。
Commented by nenemu8921 at 2010-04-28 19:59
saitamanikkiさん。
里山の夜明けの意味で、「里昧爽(さとまいそう)」というタイトルをつけた作品です。
尾瀬に近いところです。日中は水芭蕉の花を撮りました。(*^_^*)
ほんと、郷里もいいところがあるんだなあと再認識しました。
Commented by nenemu8921 at 2010-04-28 20:06
ベラさん。
上品に撮れないので、迫力で迫ってみました(*^_^*)
でも、実際に迫力がありました。
幹の形が面白かったんです。
GW,畑にいますから、よかったら立ち寄ってくださいね。
トケイソウ、待っていますよォ。
Commented by マルメロ at 2010-04-29 00:33 x
nenemuさん相次ぐ桜の迫力にすっかり度肝を抜かれています。
賢治もまたその桜の圧倒する花の力をこのような華麗な言葉で語ろうとしているような。
故郷にはこのような姥桜が人目触れずに咲いていることを願ってしまう桜の美しさですね。
Commented by オキザリス at 2010-04-29 15:46 x
冒頭の青い桜はすばらしいですね。
明方だと色温度の関係で青くなるのでしょうか。
桜は古典的で現代的な永遠の花ですね。
今も昔も人々は桜を愛さずにいられないみたいです。

でも、宮沢賢治は独自の桜を描きたかったのですね。
Commented by ミチ at 2010-04-29 19:45 x
明け方の青い桜は不思議な魅力がありますね。
樹齢100年以上にもなると風雪に耐えた枝ぶりが
素敵な雰囲気を醸し出しているのですね。
Commented by nenemu8921 at 2010-04-30 01:17
マルメロさん。
岩手にも桜の名木は石割桜の他にいろいろあるようですね。
岩手山麓で一本桜を見たことがありますが花の季節に出会えるのは難しいです。
細かい情報がないので。今年は特に気候が不順で、地元の方でないと分からないでしょうね。
Commented by nenemu8921 at 2010-04-30 01:21
オキザリスさん。そうなんです。色温度といっても、肉眼で見た印象と違うので…。
そうですね。桜は古典的で現代的!!おっしゃるとおりですね。
これほど多くの人に愛される花はないでしょうね。

宮沢賢治は伝統的な手法を越えようとしたと思います。
詩作においても、童話においても。
Commented by nenemu8921 at 2010-04-30 01:26
ミチさん。
この桜は確か樹齢300年以上だということでした。
幹の太さがなるほど…ですね。
黙って、300年の日本列島の変化を見てきたのかしらね?
by nenemu8921 | 2010-04-28 01:39 | 植物 | Comments(18)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921