群落で出会った植物 ウメバチソウ

そして群落でひっそりと、でもあちこちに咲いていたのは、宮沢賢治も愛したウメバチソウでした。
c0104227_16341426.jpg

イーハトーブの安比高原では、九月の末にはもう花びらが散っていましたが、こちらではいま盛りです。
c0104227_16354830.jpg

千葉でウメバチソウに出会えるなんて夢のようでした。
c0104227_16371285.jpg


        ぎんがぎがのすすきの底でそっこりと
                咲くうめばぢの愛どしおえどし
                        童話「鹿踊りのはじまり」


そうです。すすきも白くゆれていました。
c0104227_171508.jpg

c0104227_16552281.jpg

そのとき西のぎらぎらのちぢれた雲のあひだから、夕陽は赤くななめに苔の野原に注ぎ、
すすきはみんな白い火のやうにゆれて光りました。
                         童話「鹿踊りのはじまり」

c0104227_1731312.jpg


イーハトーブは東北にだけあるのではなく、あたなの心の中にあるのです。
そんな宮沢賢治の呟きが聞こえたような気がしました。(^_-)-☆
Commented by オキザリス at 2010-11-13 20:58 x
こんばんわ。
ウメバチソウ!!すてきですね。
ほんとうにイーハトーブは賢治を愛する人の心の中にしかとあるのですねえ。
賢治文学は世界中、どこでも、誰の心にも響くものだということでしょう。
nenemuさんは、その広報マンですね。
ススキも新鮮です。日が差してきらきら輝くのも、風にゆれるのも美しいと感じます。
だから白い火のようにゆれて輝くのでしょうね。
古来から日本人はススキを愛してきましたが、白い火と表現したのは宮沢賢治ならではだと思います。
nenemuさんは宮沢賢治ワールドのすてきな案内人ですね。






Commented by misty_hill at 2010-11-13 23:19
こんばんは 
「イーハトーブは心の中に灯るもの」
いささか哲学的表現ですが  
良い響きがあるような気がして よく使っています。
自分と自然との接点となるべくして 
その人に選ばれし土地と風土

どんなにささやかな 自然環境でも 良いのだと思います。
循環型の環境さえ 形成されていれば・・・

賢治に詳しい訳ではありませんが 
賢治の自然観は好きです。
Commented by goiccio at 2010-11-14 11:42 x
イーハトーブ、言葉の響きもやわらかくていいですね。
草紅葉の中に白く灯るように咲くウメバチソウはとても印象的です。
そう、ここの群落のボランティアガイドさん、どうやら水曜日にも来るようになったらしい(?)です。より一層保護も進むといいですね。
Commented by nenemu8921 at 2010-11-14 17:21
オキザリスさん。
賢治文学の広報マン!ですか。
わあ、冷汗です。
ススキもウメバチソウもその魅力を宮沢賢治に教わったような気がします。
ススキの白い火は宮沢賢治独特の表現ですね。
たびたび、野外を歩いていたのでしょうね。(^.^)
Commented by nenemu8921 at 2010-11-14 17:33
misty_hillさん。
イーハトーブにお住まいで、いいですね。
いつも、宮沢賢治が傍らにいるような気持ちでしょうか。
山を見ても、風に吹かれても、賢治の詩句を思い浮かべてしまう…なんてね。
Commented by nenemu8921 at 2010-11-14 17:38
goiccioさん。
あら、ほんと。水曜日もガイドさんが入るの?
よかったですね。
多くの方にとってはガイドさんがいたら、より深くここの魅力を感じるでしょうから。
PC,あまり無理なさいませんように。
なにごとも、私、カメっぽくやっています。(^.^)
Commented by ILmoon at 2010-11-14 22:09 x
ススキはというと、家畜の餌だったり、屋根ふき材になっていましたが、草地や原野で揺れるだけ。
ススキが観光地資源になっている場合はありますね。
九州では、阿蘇であるとか、えびの高原。
「えびの」の地名は、ススキがえび色だからだそうで、
白色と違って、こちらも風情があります。
植物界の生態は面白いものだと思うところです。
Commented by nenemu8921 at 2010-11-15 09:37
ILmoonさん。
「えびの」は、えび色からですか。
なるほど。ゆたかな風土ですね。(^.^)
すすき、かやは屋根の葺き替えに使うのでしょうが、最近は職人さんがいないそうですね。
費用もかさむとか。
自然はそのまま残っても、人の生活が変ってしまっているので、
積極的に保護しないと維持してゆくのは難しいのでしょうね。
Commented by ミチ at 2010-11-15 15:14 x
清楚なウメバチソウを見せていただき嬉しいです。
ススキのアップも素敵ですね。

片貝海岸、ラストの夕暮れも好きですよ。
前回の夕焼けの時には娘もサーフボードに乗っていたそうです。真冬でも海に行くので冷えが心配です。
Commented by nenemu8921 at 2010-11-15 17:56
ミチさん。こんばんわ。
えっ、お嬢さんもサーファーなの?
片貝海岸でですか?わあ、今度、モデルになってほしいな。

うめばちそう、関東の平地では見られないと思っていましたが
(山の花というイメージでしたが…)、たくさん咲いていたので、感激でした。(^.^)
by nenemu8921 | 2010-11-13 18:11 | 植物 | Comments(10)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921