チャンパカモクレン(金香木)

けはしくも刻むこころの峰々に、いま咲きしむるマグノリアかも
                               「マグノリアの木」


マグノリアの仲間だというチャンパカモクレンに初めて出会いました。
面白い名前ですね。確かタゴールの詩にチャンパの花というのがあったなあと思いつつ。
東南アジアに自生するモクレン科の植物だそうです。芳香がすばらしい。
菩提樹などとともに神木、聖なる木として、寺院などに植えられることが多いそうです。
栃木花センターの温室で。
c0104227_3454762.jpg
宮沢賢治がマグノリア科の花を聖なる花として描いているのは、
     単にイメージだけでなく、根拠があったのかなあと思います。
c0104227_346125.jpg
チャンパカモクレン(モクレン科オガタマ属)Michelia champaca 別名 金香木

(略)
「ごらんなさい、そのけはしい山谷にいまいちめんにマグノリアが咲いてゐます。」
「ええ、ありがたう、ですからマグノリアの木は寂静です。
あの花びらは天の山羊の乳よりしめやかです。
あのかほりは覚者たちの尊い偈を人に送ります。」
(略)
                               童話「マグノリアの木」

賢治のマグノリアは、ここでは朴の木ですが、繋がるものがあるように思われます。
Commented by saitamanikki2008 at 2011-06-16 20:40
こんばんわ。
ご説明文を読むと、直ぐに「神木、聖なる木」のように見えるから困ります(笑)。
花びらが、宮崎県 高千穂の山々に重なるような印象を受けます。
変な コメントになって失礼しまいました。
花から受ける印象なので悪しからず。。。。
Commented by tamayam2 at 2011-06-17 11:42
賢治の詩のいいこと。
>ええ、ありがたう、ですからマグノリアの木は寂静です
こちらこそ、ありがたう。
すばらしい香りを想像しつつ。
Commented by nenemu8921 at 2011-06-17 16:56
鍵コメさん。住所違いのようです。
Commented by nenemu8921 at 2011-06-17 16:58
saitamanikkiさん。
なんか、葉が巨大ですね、花に比べて。
高千穂の山々はこんな風ですか?
南国系の植物は派手な色彩が多いのに、
清楚な印象がセント(聖)のイメージに繋がったのでしょうか。
Commented by nenemu8921 at 2011-06-17 17:00
tamayamさん。 マグノリアといえども多彩ですね。
ドイツにはこのような花はないのでしょうね。
自然の中で行き会ったら、感動するだろうなと思います。
芳香に。
by nenemu8921 | 2011-06-16 07:57 | 植物 | Comments(5)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921