八千穂高原② コメツガ

(略)
またこめつがは青いザラメでできてゐて
さきにはみんな
大きな乾葡萄(レジン)がついてゐる
(略)
             詩「山の晨明に関する童話風の構想」

c0104227_1162629.jpg

c0104227_1175473.jpg

c0104227_1193352.jpg
コメツガ(マツ科ツガ属)Tsuga diversifolia 米栂
亜高山帯にふつうに生え、高さ20~25mになる常緑針葉高木。

詩「山の晨明に関する童話風の構想」は、早池峰山の夜明けを歌ったもの。
でも、八ヶ岳の麓でも、この一節をすぐに思い浮かべた。
かつて高村光太郎はこう言った。
「内にコスモスを持つ者は世界の何処の邊遠に居ても常に一地方的の存在から脱する。
内にコスモスを持たない者はどんな文化の中心に居ても常に一地方的の存在として存在する。
岩手県花巻の詩人宮沢賢治は稀に見るこのコスモスの所持者であった。
彼の謂ふ所のイーハトヴは即ち彼の内の一宇宙を通してこの世界全般のことであった。」と。





友人のyutorieさんのご案内で麦草峠から白駒池まで歩きました。
yutorieさんはリース作りの名人。小さな木の実を丹念に拾っていました。

北守将軍の森とは、また違う表情のすばらしい原生林でした。
c0104227_1212539.jpg


森の深呼吸が聞こえるほどでした。
c0104227_1224678.jpg


ここが白駒の池です。 Yamyam町一丁目のtamayamさんがご紹介していたところです。
水鳥も姿を見せてくれました。
c0104227_1341830.jpg

Commented by yutorie at 2011-07-26 06:49
おはようございます。
コメツガの実は落ちてるのを拾うだけでした。こうして生ってたのですね。本当に乾葡萄(レジン)。いい表現、また山が楽しくなりました。
Commented by tamayam2 at 2011-07-26 07:12
おお、ザラメ、レジン(raisin)・・・賢治の表現は、
すばらしい。1枚目のあなたの写真もすばらしい。私、
コメツガをたくさん撮りましたが、気に入ったものが
なかったのです。いい休日をすごされたようですね。
うらやましいです。
Commented by saitamanikki2008 at 2011-07-26 11:01
こんにちは。
信州 白駒の池に行かれましたか。
原生林の中を進むと静かな鏡のような池が現れますよネ。
以前 私も二度ばかり尋ねました。
倒木の木で滑り店頭しないように注意して進んだ記憶があります。
原生林のコメツガ 青ゴケ が綺麗ですね !!
又 涼しい高原の風を感じるようです。

Commented by nenemu8921 at 2011-07-26 18:22
yutorieさん。
いただいた落ちていたコメツガの実もカラマツの実も開き始めました。
リングを入れる小さなゴールドのお皿の中で。
本当ですね!! 宝物です
Commented by nenemu8921 at 2011-07-26 18:31
tamayamさん。あなたのおかげで出かける勇気が出たのです。
ありがとう。おかげで、良い体験が出来ました。
この花もこの樹木もtamayamさんも見たかなあと思いながら、写真を撮りましたよ。
でも、いい写真はなかなか難しいですね(^_-)-☆

Commented by nenemu8921 at 2011-07-26 18:41
saitamanikkiさん。
そうですか。行かれたことがあるのですね。(^.^)
何でも、よくご存知なので~。
いいところですよね。
実は、私、木道でころびましたよ。写真をとろうとしてバックして。(冷汗)
白駒の奥庭という看板のあったところです。
怪我はしませんでしたが。臀部をしたたか打ちました。
もう、回復しました…。
それでも、すばらしかったのです。


by nenemu8921 | 2011-07-25 11:09 | 植物 | Comments(6)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921