八千穂高原④ カラマツ 

こいつはもう
あんまり明るい高級(ハイグレード)の霧です。
白樺も芽をふき
からすむぎも
農舎の屋根も
馬もなにもかも
光りすぎてまぶしくて
    (よくおわかりのことでせうが
     日射しのなかの青と金
     落葉松は
     たしかにとどまつに似て居ります)
まぶし過ぎて
空気さへすこし痛いくらゐです
                      詩「高級の霧」

c0104227_15552430.jpg


c0104227_15571475.jpg


c0104227_16203893.jpg


作品は「春と修羅」中の一篇。1922(大正11)年6月27日の日付がある。
おそらく小岩井農場周辺の景観であろう。
賢治作品にはからまつは度々登場する。落葉松とも書き、ラリックスとも呼ぶ。
岩手山の麓でなく、八ヶ岳の麓でもハイグレートの霧が立ち込める。





そしてここの白樺林は日本一だそうです。
c0104227_16391337.jpg


林縁では、多くの植物に出会うことが出来ました。

c0104227_15381381.jpg
ナツツバキ(ナツツバキ科ナツツバキ属)Stewartia pseudocamellia 夏椿
山へ入るとまもなく、この木が自動車道の両サイドに。植栽したのでしょうね。派手な花でなくてよかった…。

c0104227_16414286.jpg
ノリウツギ(ユキノシタ科アジサイ科の分類もある。アジサイ属)Hydrangea paniculata 糊空木
咲きはじめたばかりでしょうか。サビタの花ですね。

c0104227_16433732.jpg
サルナシ(サルナシ科サルナシ属)Actinidia arguta猿梨
小さな果実ですが、切り口と味と香りはキューイフルーツそっくりだとか。
知識としては知っていましたが、初見。いつか、味見をしたい。

c0104227_15394714.jpg
イケマ(ガガイモ科イケマ属)Cynanchum caudatum 牛皮消
止まっているのはクジャクチョウ?それとも?
それにしても牛皮消って、こんな字を書くのだ! どんな意味かしら?

ご存知の方がいらしたら、ご教示ください。間違っていたら、ご指摘くださいね。

追記
このチョウはイカリモンガ碇紋蛾)という蛾の仲間だそうです。
「月に叢雲 花に嵐」さんにご指摘をいただきました。
ありがとうございました。今後もどうぞ、よろしく。
Commented by yutorie at 2011-07-28 20:47
高級の霧ですか。なんとなくわかるけどわからない詩です。私には。
nenemuさんならでは八千穂高原の展開。良さを再認識です。
Commented by yamakin716 at 2011-07-29 03:09
高原の早朝は霧が出て幻想的で綺麗ですね。
ナツツバキの花は直径2㌢くらいですよね、6月に潮来で見たのがこれと同じだったと思います。
サルナシは、私が田舎に居た頃はコクワと呼んでました。
キウイと同じ様な緑色で種も似てて、味も甘酸っぱくて凄く美味かったです。
秋になると木に登って良く食べました。今は田舎に行くと畑に植えてありますよ。
Commented by nenemu8921 at 2011-07-29 06:40
yutorieさん。
詩ってなんとなく~~ですよね。
説明しようと別の言葉に置き換えると、変質しまいそう…。
ハイグレートって言葉も新しかったでしょうね。
Commented by nenemu8921 at 2011-07-29 06:44
yamakinさん。
霧ってあっという間に晴れたり、立ち込めたりするのですね。
ナツツバキは最近植栽されることが多いようですね。
サルナシをコクワと呼ぶ地方は多いようです。そうですか。おいしかったですか。いいなあ。
↓ホタルブクロ。高原なので、朝晩と、日中と気温差があって、草花も色鮮やかになるようです。
Commented by ミチ at 2011-07-29 19:28 x
2枚目のからまつが素敵です。
さるおがせはまだ見たことがありませんが、これだけ育つとすごいですね。
八ヶ岳山麓で素晴らしい夏休みを過ごされましたね。
Commented by murakumolabo at 2011-07-29 22:33
幽玄といった風情ですね…
私も蝶ばかりに夢中にならずに、
もう少し風景をがんばってみればよかった。
最後のコは、イカリモンガちゃんですね…
Commented by pcmimiko0207 at 2011-07-29 23:30
「まぶし過ぎて
空気さへすこし痛いくらゐです」
この言葉に惹かれ、正に日本一の白樺の霧の画像(映像みたい)を、何度も見ました。
こんな中にいたら、人間の五感も研ぎ澄まされ、敏感になることでしょうね。
水のせせらぎも、鳥の声も、踏みしめた草の音も聞こえてきそうです。
詩の解釈は、わからないですが、白樺林の中に、入りこんでしまいました。
Commented by nenemu8921 at 2011-07-30 08:34
ミチさん。
#2のカラマツありがとうございます。
お忙しい夏休みをお過ごしでしょうか。
サルオガセはこんなすごいのは外にないような気がしますが…。
怖いようでしたよ。
Commented by nenemu8921 at 2011-07-30 08:38
murakumolaboさん。
入傘山へ行かれたのですね。この近くでしたね(^_-)-☆
すごいアサギマダラ拝見しましたよ。芸術品のような画像ですね。
次回は風景も撮って見せてください。
でも、チョウの撮影に専念すれば、あれこれは撮れないものですよ。
イカリモンが、ありがとうございます。検索して確認しました。さすがです。
Commented by nenemu8921 at 2011-07-30 08:41
pcmimikoさん。
やっぱり白樺の林はいいですよね。
6月ごろにはツツジが咲いてすてきな光景になるようですよ。
ぜひ、来年はその頃行って見たいなあと思いました。
人が多いと、「まぶし過ぎて/空気さへすこし痛いくらゐです」というわけには行かないかもしれませんね。
by nenemu8921 | 2011-07-28 16:24 | 植物 | Comments(10)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921