センニンソウ → 仙人草

月は水銀、後夜の喪主
火山礫は夜の沈殿
河口の巨きなえぐりを見ては
たれもみんな愕くはづだ
(略)
三つの提灯は夢の火口原の
白いとこまで降りてゐる
《雪ですか、雪じゃないでせう》
困ったやうに返事してゐるのは
雪でなく、仙人草のくさむらなのだ
さうでなければ高陵土(カオリンゲル)
(略)
                               詩「東岩手火山」

c0104227_6175431.jpg

c0104227_6181145.jpg

c0104227_7545474.jpg
センニンソウ(キンポウゲ科センニンソウ属) Clematis terniflora 仙人草

作品は岩手山に農学校の生徒を引率して登山した折の詩。山頂でご来光を待つひとときであろう。
暗い中で、雪と見まがったのは、仙人草ではなくて高陵土か。
仙人草は岩手山山頂のように標高の高いところには自生しない。が、群がりになって咲いていると、遠くからはたしかに残雪のようにも見えるだろう。
高陵土は長石を含む岩石の風化によってできた粘土。カオリナイトなどが主成分。名は、産地であった中国江西省の景徳鎮付近の山、高陵Kaolingに由来。陶磁器、アート紙のコーティング、化粧品、薬の賦形剤(ふけいざい)などの原料にする。白陶土。磁土。高陵土

追記
出先で偶然センニンソウを見かけた。
花が終わってひげづらになっているのもありました。
c0104227_18394113.jpg

Commented by yutorie at 2011-09-03 08:11
おはようございます。
雨はいかがですか。こちらは今陽が射してきましたが、
なんだか怪しい様子です。
センニンソウはボタンヅルと似てますか?
どこにでもありそうで見たことのありそうな気がします。
高陵土(カオリンゲル)であったにせよ
この花の時期に雪と間違えるとは岩手山は高い山なんでしょうね。
(nenemuさんのブログの冒頭に賢治文学があるのはわたし的にはすきです。)
Commented by nenemu8921 at 2011-09-03 10:29
ユトリエさん。
センニンソウはボタンズルとよく似ていますが、葉が牡丹の葉に似ているのがボタンズルのようですね。
花が終わったあとの痩果が趣があっていいですよね。
岩手山は標高2000メートル位だったと思います。
東北の人々は富士山のように感じています。
10数年前、早朝出発して日帰りで登山しましたが、
やはり、山小屋で1泊して、ご来光を拝むのがいいのでしょうね。
Commented by オキザリス at 2011-09-03 15:32 x
この詩の冒頭を入れてくださって。。。
格調高いですね。この作品は。
センニンソウも好きな花です、ほのかに香るでしょう。
仙人の由来?花の後の髭も?? 写して見せてください。
カオリンゲルは少し気取って言っているのでしょうか?
Commented by マングース at 2011-09-03 20:01 x
nenemu8921さん、こんばんは。

センニンソウの花、清楚で綺麗ですね!
学名を載せてくれていたのでクレマチス(てっせん)
の仲間だとわかりました(^^)

カオリナイトは焼き物など幅広く利用されるんですね。
農業や造園の分野では粘土の中でも肥料分を保持する力
がない粘土としてあまりありがたくない粘土とされてい
ますが。。。
何事も適材適所ですかね(^^)
Commented by soratobu-tori at 2011-09-03 21:29
こんばんは(*^_^*)
いつもいつも詩とお花と癒されております。
素敵なブログです。
そして読み逃げをしております。
楽しみにしております。
よろしくお願いします。
Commented by yamakin716 at 2011-09-03 22:03
清楚で可愛い花ですね、花の時期が終わってからもまた良いですね。
センニンソウ、初めて見た時にスッカリ魅了され、好きになってしまいました。
今年はとうとう咲いてる所見ないで終わったようです。
Commented by bella8 at 2011-09-04 01:08
nenemuさんこんばんは。

随分エレガントにセンニンソウを撮られましたね。
とっても素敵です♪
この花は押し花にするとまた素敵なんですよ。
毎年出会えると嬉しくなります。
私からもTBさせて頂きました。
長らくTBしていなかったので、やり方忘れたかと思いましたが、大丈夫でした(^^ゞ

Commented by nenemu8921 at 2011-09-04 01:24
オキザリスさん。
東岩手火山!賢治がはつらつとしていていいですよね(^.^)
センニンソウ、私も香りが気になっていました。
そうです。ほのかなやさしい香りですね。
カオリンゲルはカオリンにドイツ語風にゲルと語尾をつけて賢治の造語だろうというのが、宮沢賢治語彙事典の解説ですが…。
少し気取ってカッコつけているのかもしれません。
気持が高揚しているのが伝わってくる作品ですよね。

Commented by nenemu8921 at 2011-09-04 01:29
yamakinさん。えっ、お好きですか?
もっと派手好みかと思っていました(^_-)-☆
印旛沼周辺でも探せばありそうですが…。
花が終わったあとも見つけて撮影したいです。
気がついたら、教えてくださいね。(^^ゞ
Commented by nenemu8921 at 2011-09-04 01:54
マングースさん。
すごい博識ですね!!クレマチスもキンポウゲ科ですね!
カオリンはそうですか。
宮沢賢治は専門が土壌学でしたから、つい、地質を見てしまうのですね。
それが詩的言語として展開されるところがすごいですよね!!

Commented by nenemu8921 at 2011-09-04 01:57
soratobu-toriさん。
ありがとうございます。
このセンインソウは毎年、撮りますが、なかなか満足が行く画像になりません。
毎年ボツにするのもさびしいと思ってUPしました。(^_-)-☆

Commented by nenemu8921 at 2011-09-04 02:07
bellaさん。
センニンソウの押し花ですか。すてきでしょうね。
小さな花束にして。額に入れて。小さなテーブルに飾りたいわね(^_-)-☆
TBしてくださったの。ありがとう。
来週はずっと予定が入っていて焦っています。コバノカモメヅル……。
咲いていてくれるかな。いつまで。。。

by nenemu8921 | 2011-09-03 06:53 | 植物 | Comments(12)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921