ノバラ

(略)
恐れた歳のとりいれ近く
わたりの鳥はつぎつぎ渡り
野ばらの藪のガラスの実から
風が刻んだりんどうの花
(略)
                詩「秋」

c0104227_23172185.jpg

c0104227_23173830.jpg


野ばらの藪のガラスの実は、雫をつけた実のイメージである。
でも逆光で捉えると太陽マジックのきらめきがガラスの実のようにも見える。






毎年、みごとなノバラの実をつける株が水元公園の一角にある。
c0104227_10495192.jpg


でも、鳥撮りの人が多いので、だれも気にしない。
c0104227_10503796.jpg


毎年、撮っても撮っても、満足はできない。
c0104227_1052815.jpg

画像はクリックすると、みな大きくなります。昨年11月、12月に撮影。
Commented by saitamanikki2008 at 2012-01-15 11:16
こんにちは。
3枚目 赤い実を付けた枝が見事ですね。
光の丸ボケ効果が 又 綺麗です。
私は、撮る時に そこまで考える余裕がありません。
nenemuさんのブログ写真は、more(続き)を開くのが
又 楽しみの一つです。

 
Commented by pcmimiko0207 at 2012-01-15 13:09
みごとな赤い実ですね!
自然の物が被写体だと、毎年撮っても微妙に違いがあるのでしょうね
バラは花も美しく、実も可愛くって再発見させてもらいいました(*^^)v
Commented by namiheiii at 2012-01-15 15:12
3枚目、見事なノバラの実ですね。栽培種かもしれませんがこんな見事なものを見たのは初めてです。
ところでノバラとノイバラは同じものでしょうか、それとも違う種でしょうか?
Commented by あだっちゃん at 2012-01-15 18:55 x
ノイバラの実を実に綺麗に撮りましたね。
今まで撮る気は全く感じませんでしたが、今度挑戦してみたいと思います。
Commented by yutorie at 2012-01-15 19:27
#1いいですね。いつかこんなのを撮りたいです。
#5背景はどうなってるのですか。
美しいです。 詩「秋」が見つかりません。
Commented by nenemu8921 at 2012-01-15 20:59
saitamanikkiさん。
#3、ありがとうございます。
ノバラの実としてはゴージャスすぎて、賢治の詩のイメージとは違和感があって、UPできませんでした。
画像としての出来と、賢治の世界のイメージとの落差にいつも悩みます。。。。
コンセプトを迫られている気がします。(*´∀`*)




Commented by nenemu8921 at 2012-01-15 21:18
pcmimikoさん。
毎年見事なのですよ。この野ばらは。
来年、いや、もう今年ですね、今年は花を撮りたいです。(^^♪
いい香りでしょうね。
腕が悪いので、いい写真が撮れないわけです(涙)。
Commented by nenemu8921 at 2012-01-15 21:43
namihei先生。
栽培種ではないと思うのですが。保護されているのは確かです。
ノイバラとノバラの違いは、トビとトンビのようなものではないでしょうか。
ちょっと調べたところ、ノイバラが標準和名で、ノバラは俗称のようです。学名はRosa multifloraです。
ノイバラ、ヤマイバラ、オオフジイバラ、ミヤコイバラ、モリイバラ、ヤブイバラ、テリハノイバラなどの総称がノバラだと思います。
どれも野生の自生種です。(原色日本植物図鑑・木本編Ⅱ)
識別に自信がないので、ノバラで通しています。
賢治流にアバウトに。(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2012-01-15 22:11
あだっちゃん。
ノバラの実は野趣豊かでいいですよね。
ぜひ、撮影してみてください。
木の実、草の実、すごくスキなんです。
Commented by nenemu8921 at 2012-01-15 22:11
yutorieさん。ボケの使い方は好き好きがあるでしょうね。
私はあまりボケを技巧的に作らないほうがスキです。(^.^)
#5は、赤い実をくっきりさせたために背景も色が出てしまいました。

「七四〇 秋」は、『春と修羅・第三集』に収録されている作品です。
Commented by matsu_chan3 at 2012-01-16 05:20
おはようございます
野ばらの赤い実ですか!
光のマジックを巧く撮りましたね・・ガラス玉のようです(^O^)/
Commented by gigen_t at 2012-01-16 07:26
 青空を背に 真っ赤な実 印象的ですねー、
Commented by nenemu8921 at 2012-01-16 09:54
matsu_chanさん。
ここにジョウビタキかなど来てくれると、なおいいのですけれどね(^^♪
Commented by nenemu8921 at 2012-01-16 09:57
gigenさん。
青いそらばかりが、応援してくれました(#^.^#)
Commented by nagomi at 2012-01-16 10:11 x
まあ~嬉しい!
偶然にも私もバラの実のUPでした。
ノバラの実は可愛いですよね。
これほど見事についたら綺麗でしょうね。
写真もお見事です!
Commented by kobane99gi at 2012-01-16 14:47
個人的に、二枚目の色合いと雰囲気が好きです。
後ろの枝がガラス細工のようできれい。
絵本の一ページを思わせます。
Commented by nenemu8921 at 2012-01-16 17:25
nagomiさん。ローズヒップを拝見しましたよ。素敵です。
野ばらは実がたくさん付きますが、たいてい、藪になっていていい株には出会えません。
ここでは、野ばらを数株、大切に管理しています。
立派になりすぎて、野趣に欠けます。
なあんて、どうも、注文の多いカメラマンです。(^^ゞ

Commented by nenemu8921 at 2012-01-16 17:29
kobaneさん。#2、ありがとうございます。
ガラス細工のイメージで撮りました。えへへ。(#^.^#)
ここはいつでも貸切状態ですが、青空でないと、絵になりません。
Commented by 3po-studio at 2012-01-18 01:04
寒中お見舞い申し上げます。
光の色があったかそうですね。
こっちは・・・キンキンに冷えてます(^^;
Commented by nenemu8921 at 2012-01-18 18:34
3po_studioさん。よかった!!
明るくなって。ユーモア・エッセイ拝見しましたよ。(^_-)-☆
ずっーと気になっておりましたが、よかったです。
ぼちぼち春がきます。
ゆるゆる元気になりましょうね。
Commented by シュウ at 2012-01-21 23:45 x
こんにちは、はじめておじゃまします。シュウといいます。
『虫ナビ』サイトのリンクで、こちらを見つけて遊びに来ました。
私も宮沢賢治さんの作品が大好きなんです!(知らない作品がまだまだありますが)

バラの花と言うと誰でも知っていますけど、ノイバラやノイバラの“実”ともなるとどうなんでしょう?
私が知らなかっただけかもしれませんが、私自身は『茨海小学校』を読んではじめてノイバラを知り、花にばかり気を取られていたけれど『バラの実ってどんなもの?』と一度見てみたいと思うようになりました。
意識していると身近な所に花を見かけるようになりましたが、実には出会えないままいたのですが・・・

こちらでこんなに見事なノイバラの実を見ることができて感動しました!
花も可憐で美しかったけれど、実の時期もすばらしいですね^^
ぜひ実物もいつか必ず見てみたいものです。

初めてのコメントで長々とすみません;; 失礼します。
Commented by nenemu8921 at 2012-01-22 12:07
シュウさん。ようこそ。
賢治ファンの方に見ていただけるのはすごく嬉しいです。
「茨海小学校」面白いですよね。
ばらで仕切られた狐小学校には窓がなく、天井がないというのが印象に残っています。
ノバラの実はどこでも見ることが出来ますよ。(^^♪
野原や河川敷や自然公園などでも。
たいてい藪になっていて、枯れた蔓草が絡まったりしています。
バラ園などでも、ノバラ系の園芸種はたくさんありますから、冬場は実がついています。
大輪の花を咲かせるバラもローズヒップ、大きな実をつけています。
ぜひ、お散歩の折など、気にかけてくださいませ。
きっと目に留まると思います。(^_-)-☆

後ほど、お部屋にお邪魔します。
ありがとう。今後もどうぞよろしく。



by nenemu8921 | 2012-01-15 10:55 | 植物 | Comments(22)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921