蝋梅

  昨日の続きです         
          お目当ての
             ロウバイの木に
                行き着くまでに
                   あちこち寄り道をしたので
                       綿帽子は溶けかかっていました。
c0104227_204455.jpg


c0104227_20504526.jpg


c0104227_20561863.jpg









           アキニレの枝に
              咲いた雪の華も 
                 見ているうちに 
                     落ちてゆきました。
c0104227_2114581.jpg

Commented by yutorie at 2012-01-25 23:03
こんばんは。
サラダに入れたくなるような花びらですね。美味しそう。
この色にはまだしばらく出会えそうにもありません。
今頃になると千葉って遠方だなぁとさみしく思います。
Commented by yamakin716 at 2012-01-26 00:00
冷たい綿帽子で可哀そうな気にもなりますが、寒さに負けず頑張ってる姿は、見習わらなくてはなりませんね。
透ける花弁がとても素敵です。
Commented by gigen_t at 2012-01-26 06:29
 一枚目 ダントツデス、 外も 当然、眼の付け所 参考にさせて戴きます、 スバラシイデス、
Commented by matsu_chan3 at 2012-01-26 06:44
綺麗なお花たちも寒そうですが頑張っているのですね!
家の中の花しか見れないので屋外の花は一段と新鮮です
Commented by nenemu8921 at 2012-01-26 09:00
yutorieさん。
シャーベットサラダでしょうか。
千葉は気候的にはメリハリがありません。
根性ナシの私みたいな人間が育ちやすいのかも…(^_-)-☆
菜の花も一部には咲き始めているようです。
Commented by nenemu8921 at 2012-01-26 09:03
yamakinさん。
やはりこの花は難しいです。花びらの質感がピンをくっきりさせてくれません。
何枚撮ってもイマイチであります。
愛おしいけれど、いうことを聞かない相手であります(^.^)(^.^)
Commented by nenemu8921 at 2012-01-26 09:06
gigenさん。
この日は晴れても気温が低く、半分氷状態ですね(^_-)-☆
こちらでは雪景色は1年に1回か、2回くらいなのであります。
Commented by nenemu8921 at 2012-01-26 09:07
matsu_chanさん。北海道にはロウバイは自生していないのでしょうか。
こんな寒いときに花をつけるなんて、すごいなと思っています。
Commented by odamaki719 at 2012-01-26 11:39
こんにちは✿
ロウバイの黄色と白い綿帽子がとても綺麗です。
黄色の透き通る感じが素敵です。
ラストのアキニレの枝とてもいい風情ですね。
Commented by kobane99gi at 2012-01-26 12:17
雪を透ける青・花の色が際立ってきれいですね。花の表情もいいです。
一枚目、気に入りました!
Commented by saitamanikki2008 at 2012-01-26 12:39
こんにちは。
降雪の朝 明るい太陽の日差しに照る ロウバイが綺麗です。
青空に 冷たい雪をかぶった花ですが、
降雪・曇り日が続く 雪国の人には申し訳ないですが
関東の雪は日差しがあたり、暖かく見えますネ。
Commented by ミチ at 2012-01-26 13:47 x
咲き始めのロウバイでしょうか。
溶けかけた雪がいいですね。
ロウバイの香りが漂ってくる気がします。
出会ったら花びらに触れたくなつてしまいそう。
Commented by nenemu8921 at 2012-01-26 19:12
odamakiさん。寒い日が続きますね。
ロウバイはこんな寒い時期によく咲きますね。
きれいですけど。
まあ、毎年感心してしまいます。
Commented by あだっちゃん at 2012-01-26 19:55 x
ロウバイに雪の帽子が素敵ですね。
寒いのにファイトがありますね。
我家のロウバイもだいぶ咲いてきました。知らない間に木が2本になっていました。
Commented by nenemu8921 at 2012-01-26 19:59
kobaneさん。
この花の周囲だけ静かなメロディが流れているようでした。
「春だよ春だよ」と囁いていたのです。
寒がりの私は、「まだだよ、まだだよ、寒いよ」と言わずに居られませんでした。(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2012-01-26 20:02
saitamanikkiさん。
本当に北国の雪空はどんよりして、重く雲が立ち込めているのでしょうね。
きっと、宮沢賢治もそんな空を眺めながら暮したのでしょうね。
それであんな希望に満ちた明るい世界を描いて見せたのはすごいことです。
寒空に咲くロウバイと似ています(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2012-01-26 20:07
ミチさん。
花びらに触れたら、つるつるしていましたよ。
蝋梅とはよく言ったものです。ほんとうに蝋細工のようです。
なんだか、つくりもののように思えて触りたくなるのです(^_-)-☆
香りは本物ですよというように強く漂っていました。
Commented by nenemu8921 at 2012-01-26 20:14
あだっちゃん。
雪の帽子も午後には氷の冠になっていました。
陽射しはあっても、気温が低いのですね。
でも、風さえなければ、野外も気持ちいいです(^.^)(^_-)
お庭にあると、あたたかい部屋でゆっくり撮影できますね。
撮って見せてください(^.^)
by nenemu8921 | 2012-01-25 21:27 | 植物 | Comments(18)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921