やなぎ 楊→ イヌコリヤナギ

午前の仕事のなかばを充たし
わたくしは旅程を了へたヂプシーのやうに
かつぎを風になぶらせながら
ベムベロもゆれ
浅黄いろした春の川べにねころぼう
                 詩〔1039 午前の仕事のなかばを充たし〕 
c0104227_22591969.jpg

ベムベロとは?

私どもの方でねこやなぎの花芽をべむべろと云いますが、
そのベムベロが何のことかわかったやうなわからないやう
な気がするのと全くおなじです。
とにかくべむべろといふ語(ことば)のひゞきの中にあの柳の
花芽の銀びろうどのこゝころもち、なめらかな春のはじめの
光の具合が実にはっきり出てゐるやうに……
                          童話「おきなぐさ」

c0104227_22594723.jpg

c0104227_2301190.jpg
コリヤナギ(ヤナギ科ヤナギ属)Salix koriyanagi 行李柳
山野に自生しているのはよく似たイヌゴリヤナギが多いそうである。


 詩〔1039 午前の仕事のなかばを充たし〕 は、羅須地人協会時代の作品。
かつぎは、本来は衣被(きねかつぎ)の意で、平安期から江戸期にかけて公家や武家の婦女が外出の際、
頭を隠すために用いた衣のことだが、賢治にかかると、外国風のベールも、野良仕事での頬被りも「かつぎ」となる。

ベムベロはカワナヤギ類の出始めた花芽のことと解したい。






花芽は銀ビロードから、紅いカシミアに、やがて黄色にほうけて、くずれ、空を飛ぶ。

(略)
楊の芽みな黄いろにぼうけ
川は空諦と銀とを流し
生温い風が南から吹いて吹いて
植えたキャベジが萎れて白くひるがへる
(略)
                     詩「1052 ドラビタ風」

c0104227_8513866.jpg

c0104227_852054.jpg


賢治はヤナギのことを
やなぎ、楊、ベムベロとさまざまな表記をしている。
楊はカワヤナギ類のイメージである。

画像はクリックするとすべて大きくなります。一株の樹木です。別の植物のようでしょう。
全体像はこんな感じです。撮影の苦心をお察しください(^_-)-☆
c0104227_945512.jpg
佐倉市・くらしの植物苑で、取材。
Commented by yamakin716 at 2012-03-30 00:34
ネコヤナギより小さいようですね、この小さな花がとても素敵です。
この咲き終るまでの変化が凄く綺麗で、ずーっと見てたい気分になります。
Commented by マングース at 2012-03-30 02:18 x
こんばんは。

冬芽が開くと一挙に躍動感がでてきて植物というより
動物のようにも見えます。
いろんな呼び方があるのは、その姿を見ていろんな
想像を膨らませた結果なんでしょうね^^

撮影の大変さ、お察しします(^o^)
Commented by matsu_chan3 at 2012-03-30 06:12
ベムベロ・・面白い呼び方もあるんですね!
何となく舌のようなイメージなのかなぁ・・
春の息吹ですね~ \(^o^)/
Commented by namiheiii at 2012-03-30 09:24
徹底的にベムベロに入れ込んでいますね。今年のは特に美しい!
3番目、4番目、いいですね^^
Commented by さいとー at 2012-03-30 10:50 x
素晴らしいお写真見せて頂きました。ありがとう。
Commented by あだっちゃん at 2012-03-30 19:59 x
ベムベロは綺麗な柳の花芽ですね。
写真の撮り方も素敵です。
全体を撮るとゴチャゴチャした感じになってしまいますね。
Commented by yuyu-prin at 2012-03-30 21:47
ゴチャゴチャな猫柳が
こんな風に撮られるの
凄い!!
ベムベロて出始めた芽の状態
作家とか詩人は言葉の表現が凡人では
思い浮かばないよす。
Commented by yutorie at 2012-03-30 23:07 x
柳の花芽の中に実に無数の色形が隠されているのには驚き。(゜o゜)
Commented by pcmimiko0207 at 2012-03-31 00:26
ベムベロって、言葉の響きが面白い!
無数のヤナギを見てると、毛虫のようにも見え・・・
近くで見ると光沢が美しく、色んな変化が見え面白いですね~~
Commented by nenemu8921 at 2012-03-31 14:23
yamakinさん。
ほとんどのカワヤナギはネコヤナギより、小さくて、目立ちません。
こんなに満開なのに、多くの人が通り過ぎていきました。
花だと思えないのでしょうね(^^♪
Commented by nenemu8921 at 2012-03-31 14:29
マングースさん。
植物の生命力は時として、凶暴に思えるほど猛々しいものがあります。
ーいろんな呼び方があるのは、その姿を見ていろんな
想像を膨らませた結果なんでしょうね^^ー
ほんと、おっしゃるとおりですね。(^^♪
日本人は繊細な感性で、季節の移ろいを眺めてきたのでしょうね。
最近の日本人は、皆忙しそうですが…。


Commented by nenemu8921 at 2012-03-31 14:31
matsu_chanさん。
面白いですね。
なにか、楽しいような、はしゃいだような雰囲気です。
春のおしゃべりを巻き舌で話すような、さんざめく雰囲気です(^^♪
Commented by nenemu8921 at 2012-03-31 14:33
namihei先生。
今年は出会うタイミングに恵まれて、ひときわヤナギの花の美しさを感じています。(#^.^#)
Commented by nenemu8921 at 2012-03-31 14:36
さいとーさん。
ようこそ。あの節はお世話様でした。
賢治作品に登場するほとんどの植物を網羅してあります。
画像はイマイチですが。
どうぞ、時々、覗いてみてくださいね(#^.^#)

Commented by nenemu8921 at 2012-03-31 14:45
あだっちゃん。
植物の写真は工夫して撮り、鳥の写真は足と根気で撮りでしょうか。
光をコントロールできれば、よりエキサイトするのですが…('∀`)
Commented by nenemu8921 at 2012-03-31 14:50
yuyu-purinさん。
すごいごちゃごちゃでしょう。
じっーと見ていると、「ワタクシを撮って」と、
ささやく枝があるのですよ。えへへ…。
ベムベロは賢治のお気に入りの言葉ですが、花巻地方の方言でもあります。

Commented by nenemu8921 at 2012-03-31 14:52
yutorieさん。
ほんとに、無数の色と形が凝縮されていますね('∀`)
植物の生命力は巨きな魔法です。
Commented by nenemu8921 at 2012-03-31 14:55
pcmimikoさん。
ほんと、毛虫のようです。
(でも、毛虫も、よく見ると、きれいなきれいなイモムシですよね。)
毛虫ほどではないけれど、変身もお見事だと思いません?

Commented by saitamanikki2008 at 2013-02-27 18:17
こんにちは。
コリヤナギ 大変綺麗ですね !!
自然の美しさを 早春のコリヤナギが代表して表現している。
まもなく 暖かい春の到来ですネ。
Commented by nenemu8921 at 2013-02-28 23:15
saitamanikkiさん
こちらまで見てくださってありがとうございます。
カワヤナギの中でも、このコリヤナギ、いいなあと思っていますが
共感してくださる方は少ないんです。
ですから、お言葉、大変嬉しく思います。
今日は暖かかったですねえ。(^_-)-☆
by nenemu8921 | 2012-03-29 20:17 | 植物 | Comments(20)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921