桜草

   (略)
   あちこちに桜草の花がちらばってゐました。
   そして鳥は向ふの碧いそらをめがけて、
               まるで矢のやうに飛び、 
                    それから急に石ころのやうに落ちました。
           そこには桜草がいちめん咲いて、
                   その中から桃色のかげらふのやうな火が、
                                  ゆらゆらゆらゆら燃えて、
                          のぼって居りました。
                そのほのほはすきとほって、
                       あかるく、
                         ほんたうに呑みたいくらゐでした。
                                 

c0104227_20332170.jpg

c0104227_20343690.jpg

c0104227_20345737.jpg

c0104227_2113717.jpg

    若い木霊はしばらくそのまはりをぐるぐる走ってゐましたが、たうたう
         「ホウ、行くぞ。」と叫んでそのほのほの中に飛び込みました。
      そして思はず眼をこすりました。
           そこは全くさっき蟇がつぶやいたやうな景色でした。
                ペラペラの桃色の寒天で
                           空が張られ
                     まっ青な柔らかな草がいちめんで
                  その処々に
                あやしい赤や白の
                     ぶちぶちの大きな花が
                          咲いてゐました。
                               童話〔若い木霊〕

c0104227_20335357.jpg

c0104227_211822.jpg
サクラソウ(サクラソウ科サクラソウ属)Primula sieboldii 桜草

童話〔若い木霊〕は、未完の作品だが、主人公が木霊であるというのも
宮沢賢治ならではの発想であろう。
しかもその木霊は若者。青春期の若者の官能を象徴的に描いた童話。
蟇(ヒキガエル)や、幻の鳥、鴇も登場する。
サクラソウは清楚な花と言うより、セクシィなイメージで展開されている。
   



 サクラソウがいちめんに咲く野原はもう存在しないかもしれないと思う。
   自生地は保護されて、ようやく維持されている。
      この華やかな野草は、江戸期から愛好家が多く、栽培が盛んだった。
        佐倉市の歴博に付属している「くらしの植物苑」へ立ち寄ったら、
              《伝統の桜草》展を開催中だった。
            たくさんのサクラソウの鉢が並んでいた。
c0104227_21243074.jpg

c0104227_21283067.jpg

Commented at 2012-05-05 00:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by マングース at 2012-05-05 07:24 x
おはようございます。

「くらしの植物苑」の《伝統の桜草》展、いい企画ですね!
しかも写真も撮りやすそう(^o^)

私がサクラソウから受けるイメージは可憐で清楚な花というものなので、
宮沢賢治の童話でサクラソウが清楚な花でなく、セクシィなイメージで
語られているというのはちょっと意外な気がしました。

かつて身近であったサクラソウ自生地が保護対象となって細々と存続
していること、、、ちょっと寂しいですね。
Commented by saitamanikki2008 at 2012-05-05 11:31
こんにちは。
今は、栽培サクラソウが元気ですネ。
数年前、埼玉の荒川河川敷にサクラソウの原生地があり
一面に綺麗なサクラソウが咲いている との新聞記事を見て、
現地に行ってみたら、
ガッカリ 残念、 雑草の中に疎らにポツポツと咲いてました。
写真の撮り方が上手だったのです。
Commented by yuyu-prin at 2012-05-05 16:27
一面に桜草が咲いていたら
清楚というよりセクシーな感じなのでしょうね。
外来種のほうが強いので
日本古来のものが少なくなってきました。
Commented by あだっちゃん at 2012-05-05 19:19 x
ニホンサクラソウは綺麗な花ですね。
埼玉の群生地に暫く行っていません。
隣の秋ヶ瀬には良く行くのにね。
Commented by yutorie at 2012-05-05 23:20
いろいろな種類があるのですね。
原種というか古来のものはどれでしょうね。
知りたくなります。朝顔と同じかなあ。
(そこで思い出しました、いただいた江戸朝顔を蒔く時期が来たと。)
Commented by nenemu8921 at 2012-05-06 05:50
鍵コメさん。ありがとうございました。
お疲れでしょう。
寝不足は心配です。ご無理されませんように。
Commented by nenemu8921 at 2012-05-06 05:56
マングースさん。
お陰様で撮り放題でした。(^^♪
賢治の時代、桜草というより、色のイメージなのかなと思います。
人はなぜ所有したがるのでしょう。
鉢植えより、野原に群生した風景の方がずっと素晴らしいのに。
Commented by nenemu8921 at 2012-05-06 06:03
saitamanikkiさん。
そういうことって、よくありますね。(^_-)-☆
がっかりしてしまいますね。
新聞報道はアートより、現実を伝えてほしいですね。

Commented by nenemu8921 at 2012-05-06 06:10
yuyu-purinさん。
外来種(西洋サクラソウ)は、見かけによらす、強い花で、プランター栽培でも増えて、いい花がさきますね。
群生していたら、やっぱりセクシーですか!
見る人の心しだいかな。(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2012-05-06 06:12
あだっちゃん。
あすこはノウルシがふえて、管理も工夫が必要ですよね。
秋ヶ瀬もしばらく行っていませんが(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2012-05-06 06:14
yutorieさん。
原種は自生地で(管理された…)で、普通です。
朝顔。花が咲くと良いですね。
あまり期待しないでやってみてくださいね(^_-)-☆
by nenemu8921 | 2012-05-04 22:03 | 植物 | Comments(12)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921