雪柳→ユキヤナギ

(略)
  そこを水際園といたしましたら
  どんな種類が適しませうか
なぜわたくしは枝垂れの雪柳を植えるか
十三歳の聖女テレジアが
水いろの上着を着 羊歯の花をたくさんもって
小さな円い唇でうたひながら
そこからこっちへでてくるために
わたくしはそこに雪柳を植える
       Gaillardox! Gaillardox!
              詩「裝景家と助手との対話」


c0104227_1764255.jpg
ユキヤナギ(バラ科シモツケ属)Spiraea thunbergii 雪柳
雪柳といっても、ヤナギ科ではなく、バラ科である。八重咲きの美しいユキヤナギに出会った。

裝景は景色、景観を装い、整え、設計すること。当時の造園、園芸資料にはよく使われた用語のようだ。
単に眼前の風景を美しくデザインする技芸ではなく、現実と理想をコーディネイトさせる主体、すなわち裝景家がいて、美と科学と宗教が詩的時空において一致させられる。云々という解説が「新宮沢賢治語彙辞典」にある。
テレジアに関しては、以前ユキヤナギの画像と共に紹介した。 こちらをどうぞ。





ユキヤナギは民家の庭先によく見かける。なつかしい光景だ。桜と同時期に咲く。
いまの季節、最近の住宅地の庭先で、よく見かけるのはこちらでしょうか。
c0104227_1773721.jpg
モッコウバラ(バラ科バラ属)Rosa banksiae 木香茨、木香薔薇
Commented by matsu_chan3 at 2012-05-07 05:21
おはようございます
ユキヤナギですか・・綺麗な花ですね。
背景も全体が美しい写真にため息です\(^o^)/
Commented by 寧夢 at 2012-05-07 06:38 x
八重のユキヤナギですか。珍しい。
こちらではすっかり終わってしまい、小手毬が全盛期。
どういう訳か連休の頃に咲くジャスミンが、花付き悪く殆ど咲かず。
ああ、またお休みのない生活が始まるなあ。
ブログ巡りが自然観察の場みたいです。
Commented by saitamanikki2008 at 2012-05-07 16:56
こんにちは。
モッコウバラが家の塀を飾る季節になりましたね。
我が家でも八重のコデマリが咲き始めました。
そして、今年もバラが多くの蕾を付け、
開花が始まりそうです。
Commented by あだっちゃん at 2012-05-07 20:02 x
八重咲きのユキヤナギ、綺麗ですね。
写真の撮り方も上手です。
やるね。
Commented by マングース at 2012-05-07 21:22 x
こんばんは。

八重咲きのユキヤナギ、初めて見せていただきました。
とってもゴージャスな感じがしますね(^_-)

「装景」という言葉は今ではあまり耳にしません。
同じような言葉で「修景」という言葉がよく使われます。
でも「景色、景観を装い、整え、設計すること→装景」とはよく言えている
と思いますね^^
Commented at 2012-05-07 23:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yutorie at 2012-05-07 23:21
八重咲きは珍しいですね。
ミニバラのように見えます、やはりバラ科ですか。
Commented by nenemu8921 at 2012-05-07 23:52
matsu_chanさん。
ありがとうございます。
はげみになります。(^^♪
Commented by nenemu8921 at 2012-05-08 00:09
寧夢さん。お元気になられたようでよかったです。
こでまりもいいですよね。
そういえば、この5月はジャスミンを、あの香りに出会わないですね。
この春は、気候が想定外の展開で、植物たちも戸惑っているのでしょうかねえ。
人も戸惑い気味です。
体調、留意なさってお過ごしくださいね(^_-)-☆

Commented by nenemu8921 at 2012-05-08 00:11
saitamanikkiさん。
モッコウバラは瀟洒な住宅地に似合いますね。(^_-)-☆
お庭のバラを拝見するのを楽しみにしています。
Commented by nenemu8921 at 2012-05-08 00:13
あだっちゃん。
お褒めにあずかり、冷や汗です。
花は動かないから…と、思いきや、この日は風でゆらゆら揺れておりました。(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2012-05-08 00:16
マングースさん。
そうですか。修景ですか。環境用語っぽいですね。
賢治は自身を裝景家と自負しているようです。
ラウンドスケープという言葉は賢治研究者が使っていたと思いますが。
Commented by nenemu8921 at 2012-05-08 00:20
鍵コメさん。
まあ、やっぱり凝り性ですね。かなり遠いでしょう。
でも、体調にお気をつけてくださいね。
拝見するのを楽しみにしています。

Commented by nenemu8921 at 2012-05-08 00:22
yutorieさん。
八重咲きのものは一重の花に比べるとゴージャスですが、風情に欠けますね。
桜でも、山吹でも…。
この雪柳は八重咲きでも可憐でいいなと思いました。
Commented by ぎんがぎが at 2012-05-12 01:18 x
シジミバナっていいませんか?
Commented by nenemu8921 at 2012-05-20 21:15
ぎんがぎがさん。失礼しました。こちらのコメに気付かずにおりました。
ユキヤナギをシジミバナですか!!
初めてうかがいました。面白いですね。
鳥も植物もそれぞれの地方や時代によって、多様な呼び方があるようですね。
文化的財産だという気がします。
by nenemu8921 | 2012-05-07 04:45 | 植物 | Comments(16)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921