黄いろな花こ

(略)
そしてあんなにつぎのあさまで
胸がほとつてゐたくらゐだから
わたくしたちが死んだといつて泣いたあと
とし子はまだまだこの世かいのからだを感じ
ねつやいたみをはなれたほのかなねむりのなかで
ここでみるやうなゆめをみてゐたかもしれない
そしてわたくしはそれらのしづかな夢幻が
つぎのせかいへつゞくため
明るいいゝ匂のするものだつたことを
どんなにねがふかわからない
ほんとうにその夢の中のひとくさりは
かん護とかなしみとにつかれて睡ってゐた
おしげ子たちのあけがたのなかに
ぼんやりとしてはひつてきた
《黄いろな花こ おらもとるべがな》
たしかにとし子はあのあけがたは
まだこの世かいのゆめのなかにゐて
落葉の風につみかさねられた
野はらをひとりあるきながら
ほかのひとのことのやうにつぶやいてゐたのだ
(略)
                   詩「青森挽歌」


c0104227_21234587.jpg


c0104227_2214743.jpg


c0104227_2221061.jpg
カワラサイコ(バラ科キジムシロ属)Potentilla chinensis 河原紫胡

黄いろな花こは特定できないのです。
名もない野草が群がる野原のイメージがありました。
そんな情景にたまたま出会いました。
花の名は調べると、河原紫胡というそうです。
Commented by gigen_t at 2012-07-23 08:20
二枚目 ボケ味と 蝶 イイデスネー、
Commented by kobane99gi at 2012-07-23 17:47
河原と付いているからには、やはり河原に生えるのですよね。
近くを通ったら探してみようかと思います。
本当にバラ科は多彩ですね。葉が意外な形です。
Commented by pcmimiko0207 at 2012-07-23 20:45
黄色い花も良いし、つぼみもまた形良くていいですね~~
一面に咲いていたら、きれいですよね(^^♪
黄いろな花こ。。。賢治は黄色い花にこだわりがあったのでしょうね。。。
Commented by yutorie at 2012-07-23 22:52
黄いろな花こ。いい雰囲気が出てますね。
Commented by nenemu8921 at 2012-07-24 08:41
gigenさん。ありがとうございます。
雑草の群落。
そこに立ったとき、不思議な幻想性を感じました。
Commented by nenemu8921 at 2012-07-24 08:47
kobaneさん。
痩せ地荒れ地などで見られます。カワラナデシコも同じ場所です。
Commented by nenemu8921 at 2012-07-24 08:49
pcmimikoさん。
最愛の妹の臨終の折の作品です。
いちめんの群落の中でイメージしました。
Commented by nenemu8921 at 2012-07-24 08:50
yutorieさん。
ありがとうございます。
by nenemu8921 | 2012-07-22 22:21 | 植物 | Comments(8)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921