白百合

いなびかりまたむらさきにひらめけばわが白百合は思ひきり咲けり
                                  歌稿193
空を這ふ赤き稲妻わが百合の花はうごかずましろく怒れり
                                  歌稿194
夜のひまに花粉が溶けてわが百合は黄色に染みてそのしづく光れ
                                  歌稿196

c0104227_23155749.jpg
ヤマユリ(ユリ科ユリ属)Lilium auratum 山ユリ
賢治の白百合はカサブランカではありませんよォ。。山野に数多く自生するヤマユリだと言われています。


しかし、百合の花は多彩である。
昨今ではハイブリット系の園芸種も多いが、最近、初めて出会ったユりです。その名も黄金のユリです。
c0104227_23481643.jpg
オウゴンオニユリ(ユリ科ユリ属)Lilium lancifolium var. flaviflorum 黄金鬼百合 対馬のみに自生する。つくば実験植物園で初めて出会った。

こちらも百合です。
c0104227_23495835.jpg
アマゾン百合(ユリ科ユーカリス属)Eucharis grandiflora アマゾン百合。日本では植物園の温室で見られる。





こんなユリもあります。パイナップルリリーです。
c0104227_9581356.jpg

ユリといえるかな。
c0104227_9584367.jpg

以前、下ノ畑で栽培したことがありますが、丈夫で手のかからない植物でした。
ここの植物園では大株になって咲いていました。
c0104227_9585555.jpg
パイナップルリリー(ユリ科ユーコミス属)キジカクシ科に分類することもあるようです。Eucomis autumnalis
Commented by tabigarasu-iso at 2012-07-24 09:35
ゆり、怪しく美しい花ですね。
遠くで見るのが良いようです。
Commented at 2012-07-24 09:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saitamanikki2008 at 2012-07-24 09:58
こんにちは。
この季節 ユリの花の時季でもありますネ。
冬のスキー場の跡地に沢山のユリを植えて、
観光にしている場所もありますね。
一面のユリも見応えありますが、
自然の山の中で咲く美しいユリに驚かされます。
Commented by yohachi-nitta at 2012-07-24 10:50
百合は野生動物には魅力有る餌らしくて、山百合はもちろん、伊豆の黄金岬など群生していたスカシ百合が、鹿の被害で全滅になって仕舞いました。
ユ-スゲも 大きな看板で浜辺に咲くユ-スゲの絵が描かれているのがあったけど、一本もありませんでした。
スキ-のゲレンデの百合を初めて見たときは上を向いて咲いているので
びっくりしました。
Commented by tamayam2 at 2012-07-24 16:20
ごぶさたしておりました。metalicな蝶の羽、チョウトンボの輝き、
黄色い夏の花、そして、優雅な百合の世界、まさに、nenemu-
worldですね。先日、白馬のお花畑に行って来ました。山行きを
目指して減量しなくっちゃと思う夏であります。(*^。^*)
Commented by odamaki719 at 2012-07-24 21:58
こんばんは✿
大変ご無沙汰をしてしまいました。
引っ越しの準備と荷ほどきで訪問が出来なくて申し訳ありません。
やっとなんとかメドがたちました。もう少し残っていますが・・・
オウゴンオニユリが素敵な色彩ですね。元気をもらえそうです。
アマゾン百合は初めて見た気がします。
楚々として美しいですね。
Commented by マングース at 2012-07-24 22:41 x
こんばんは。

ヤマユリは関西であまり見かけません。
山で咲く百合と言えばササユリが多いです^^

百合といなびかり、稲妻の組み合わせは意外な感じがします。
ちょっと思い付きません^^;
Commented by kobane99gi at 2012-07-25 09:32
確かにパイナップルですね^^
黄緑の花が愛らしい…

賢治にとっては、「わが」 白百合、なのですね。
その辺りが何か意味深に思えます。

トンボ、撮ってきたのですが
パソコンの調子が悪くUPできません。
後で再度挑戦してみますね。まずは、お知らせまで。
Commented by nenemu8921 at 2012-07-25 10:38
tabigarasuさん。
ユリは怪しい花ですか?
存在感のある花ですよね。

Commented by nenemu8921 at 2012-07-25 10:41
鍵コメさん。
お目に留まりましたか? 
どうも、非公開の手順を間違えたようでした。
機械もシステムも過信しないで付き会わねばなりませんね(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2012-07-25 10:44
saitamanikkiさん。
《冬のスキー場の跡地に沢山のユリを植えて、
観光にしている場所もありますね。》
ああ、私も行ったことがあります。どうも撮影が難しかったです。
野の花は野に置けという思いもありますが、なかなか出会いも難しいものです。
Commented by nenemu8921 at 2012-07-25 10:47
yohachiさん。
鹿は何でも食べますね。ユリは格別おいしいでしょう。
若い芽を好むので、花が咲かない~~。
信州の山荘ではネットで樹木も保護していました。
自然も共生が難しい課題ですね。
Commented by nenemu8921 at 2012-07-25 10:51
tamayamさん。お元気!!ご活躍ですね!!
白馬はよかったでしょう。お元気ですね。
私は山歩きはこの頃自信がもてません。
減量も無理しないで!
フットワークが軽くていつもすばらしいと感動しています!!
Commented by nenemu8921 at 2012-07-25 10:53
odamakiさん。落ち着きましたか?
夏のお引越しは疲れるでしょう。
新しい環境になじんで、又、新鮮な光景をたくさん見せてくださいね。
Commented by nenemu8921 at 2012-07-25 10:58
マングースさん。
そうなんですね。
関西の方から、ヤマユリはなにか毒々しくて、ササユリの清楚さが賢治のユリにふさわしいという感想をお聞きしたことがあります。
岩手にはササユリは自生していないのです。残念。
賢治の時代と環境を考えると、ヤマユリなのですね。
そこで生活する人にとっては山で出会うこの花は、格別だったろうと思います。
宮沢賢治は恋の象徴として嵐のなかのユリを描いています。
Commented by nenemu8921 at 2012-07-25 11:02
kobaneさん。パイナップルリリー,かわいいですね。
でも、あまり接近しないほうがいいかな。接写向きではないですよね。
カワトンボ、撮れたの?すごい!!
拝見するの楽しみにしています。
焦らず、ゆっくりPCも付き合ってあなたの僕にしてください(^_-)-☆

Commented by matsu_chan3 at 2012-07-26 04:55
オウゴンオニユリ・・でっかくて強そうな名前ですね。
こちらでの山では小さい花のクルマユリが咲いていました。
ぼちぼちオニユリも咲く頃かも・・(^O^)/
by nenemu8921 | 2012-07-24 08:34 | 植物 | Comments(17)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921