合歓

花さけるねむの林を、さうさうと身もかはたれつ、
声ほそく唱歌うたひて、屠殺士の加吉さまよふ。

いづくよりか烏の尾ばね、ひるがへりさと堕ちくれば、
黄なる雲いまはたへずと、オクターヴォしりぞきうたふ。
                             文語詩「黄昏」

c0104227_816224.jpg

大正3年3月、盛岡中学を卒業した賢治は4月に肥厚性鼻炎の手術を受け、
その折、病院の看護婦に一方的な恋情を抱くが実らず、5月に退院。
家業の質・古着商の仕事を嫌悪し、店番には身が入らなかった。

c0104227_8163994.jpg
友人たちはそれぞれの道へ進んだのに、自分の未来が見えず、鬱々としたつらい時期だった。
屋根に上がって日が暮れるまで空をながめていたり、周辺をあてもなく歩き回ったりした。賢治18歳。

c0104227_8171377.jpg

花さけるねむの林のたそがれをからすのはねを嗅ぎつつあるけり 
                                   歌稿197

その頃の短歌が上記歌稿197。それをもとに晩年文語詩に改稿した作品が「黄昏」である。
ネムの花の咲く季節は暑く、湿度もむっとして閉塞感がある。
落ちてきたからすの尾羽を所在無く嗅いでみる。
か細い声で唱歌をうたい行くのは、作者ではなく、屠殺士の加吉と虚構化して展開している。
屠殺士とは牛、豚、羊などの家畜を殺すことを職業とする人。

c0104227_8174274.jpg
ネムノキ(マメ科ネムノキ属)Albizia julibrissin 合歓木





ネムの花咲くころ、なぜか、黄いろな花が目に止まります。

カセンソウとベニシジミ
c0104227_1030326.jpg


ユウスゲ
c0104227_10344988.jpg

Commented by saitamanikki2008 at 2012-07-25 12:05
こんにちは。
ネムの花の咲く季節  今日は、暑さがぶり返し 蒸し暑く、
ダラ~としてしまいそうです。
4枚目 アップで撮ったネムの花が綺麗です。
しかし、この暑さで炎のように見えますネ。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-25 15:50
きれいなネムノキですね。
今日、日光へ・・・・
合歓の木も写してくるつもりがすっかり忘れていました。
たおやかな花で、かつ暑さに強くて・・・・
こちらで見られてよかった!・・・というか、見るまで忘れていたなんて・・・です。(笑)
Commented by あだっちゃん at 2012-07-25 17:59 x
ネムノキの花を綺麗に撮りましたね。
素晴らしいです。
我家の近くの公園にも大きなネムノキがあるのですが、今年もタイミングが合いませんでした。
Commented by nenemu8921 at 2012-07-25 23:15
saitamanikkiさん。
ほんとうに今日は猛暑でしたね。
ちょっと図書館へ資料を取りに行っただけでぐたっとしてしまいました。
《この暑さで炎のように見えますネ。》
本当ですね!! 汗……。
Commented by nenemu8921 at 2012-07-25 23:19
kimikoさん。
日光へ行かれたのですか。お元気ですね!!
フットワーク、軽いですね。
ネムノキのようにしなやかだけれど、お強いのですね(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2012-07-25 23:20
あだっちゃん。
このネムノキももう少し早く行き会えれば、なおよかったのですが…。
どうも植物はタイミングが難しいですね。年によっても違いますし…。
Commented by matsu_chan3 at 2012-07-26 04:50
と殺場に連れていかれる牛達は悲しい声で泣き叫ぶのを見たことが
ありお仕事としている方も辛いでしょうね。
ネムノキの花は綺麗ですね~~\(^o^)/
Commented by gigen_t at 2012-07-26 06:46
何の花かと ヨクヨクミレバ ネムノキ ですね、 見事に咲いていますねー、 家辺りのは 殆どピンク ですが、 これは赤ですねー、 はじめてみました、
Commented by yutorie at 2012-07-26 07:47
おはようございます。
ラストの画像いいですね。
高いところに咲くのでなかなかこうは撮れません。
そうこうしてる間に季節が変わってしまいそうです。
やっぱり朝ですか。
Commented by kobane99gi at 2012-07-26 12:13
ねむの花、よく見ても不思議な花ですね。
紅の色がきれい!!
蕾はこうなっていたのですね。

ユウスゲ、どことなく日本的な花に見えます。
どこがと聞かれてもうまく答えられませんが。
花と蝶! こんなふうに撮れたらいいのに…
Commented by nenemu8921 at 2012-07-26 23:41
matsu_chanさん。
宮沢賢治はつらい生業で生きる人へのまなざしを忘れなかった人だと思います。
同時にその動物たちへも。
さりげなく描くところがいいです。
Commented by nenemu8921 at 2012-07-26 23:43
gigen散。
その土地によって花の色はちがいがあるのでしょうか。
眠気が醒めそうですね(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2012-07-26 23:47
yutorieさん。本当に高い木が多いですね。
たまたま下がった枝があってよかったです。
こちらもネムくなるような暑い日でした(^_-)-☆
日中です。
Commented by nenemu8921 at 2012-07-26 23:51
kobaneさん。
この花は花後がちょっと無残ですね。
ユウスゲはもうおしまいの時期でした。
むりやり撮ったかんじです。
和のユリ、野のユリだと思います。
蝶もじっとして付き合うと、撮らしてくれますよ。
ハグロトンボのように。(^_-)-☆
Commented by yuyu-prin at 2012-07-27 23:09
近くの公園にも大きなねむの木がありますが
花の色が薄くて見ていると木陰で眠くなりそうな色でした。
花が一日で痛むので撮れなかった。
by nenemu8921 | 2012-07-25 10:36 | 植物 | Comments(15)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921