カカリア&アザミ

(略)
まっ赤なあざみの花がある
樹をもるわづかなひかりに咲いて
巨きなカカリヤの花とも見える
そんなに赤いあざみの花(略)
             詩〔朝日が青く〕


c0104227_1958131.jpg
アザミ

c0104227_2063059.jpg


c0104227_2065859.jpg
カカリア(キク科エミリア属)Emilia coccinea カカリア 別名ベニニガナ 絵筆菊 絹房草

「種山ヶ原」を舞台にした長い作品の一部。
アザミの花の美しさを園芸種のカカリアという花に例えているのである。
下書稿(一)を見ると
    あざみの花もこんなに赤く
    緑のくまに咲いてると
    なんだかちがった花に見える
    センターレア モシャタとも見え
    あるひは
    バーバンク氏の高弟によって
    新たにつくられた巨きなカカリヤの花とも見える
とあり、更に手を入れていくわけですが~。

  センターレア モシャタも園芸品種の名前だと思われますが、どんな花かわからない。
ご存知の方、いらしたら、ご教示下さい。

  バーバンク氏はアメリカの園芸改良家、育種家のルーサー・バーバンク(1849~1926)のこと。

  賢治は盛岡高等農林学校時代、学友の高橋秀松に「バアバンクス ブラザア」と
         親愛感をこめて呼びかけ、葉書を出している。(書簡9)
園芸も勉強していた宮沢賢治にとってはお気に入りだったのかもしれませんね。

  カカリアは真夏の花というイメージがありましたが、たまたま出先で、
             未だに元気で咲いていたカカリアを見つけた。
               熱帯性の花だと思いますが、もう10月も末なのに。
                
  




この人がルーサー・バーバンク氏です。
c0104227_17244942.jpg

バーバンクといえば、有名なのはフランス菊を改良し、
          シャスタデージーを作出したことで知られています。
c0104227_17464652.jpg

  清楚で丈夫な品種です。育てやすいデージーですが、
        実はこのフランス菊が多くのガーデンからこぼれて、野生化し、
                    今、日本全土で帰化植物化しています。
 在来種の高山植物などの生育を脅かすため、各地でその対応に苦慮しています。
この夏訪れた長野県の高峰高原でも、たくさん見ましたし、八幡平でも困っているようでした。
       ネイチャーセンターの方のお話では、ボランティアの方々が
             駆除しているようですが、とても大変なご苦労だそうです。

画像は以前にもご紹介しましたが、盛岡市郊外の天峰山の尼寺の光景。
                        ここにもフランス菊がいっぱい咲いていました。
c0104227_1715566.jpg
2008年6月撮影

宮沢賢治はこんな情景を見たら、どう思うでしょうか。
つい、つい、カカリアからバーバンクへ、そしてフランス菊を連想してしまいました。

Commented by あだっちゃん at 2012-10-27 19:31 x
ラストの写真は良いですね。
濃い紫色の衣装が素敵です。顔も西洋人みたいな感じですね。
お地蔵さんの赤い前垂れとだいぶ感じが違いますね。
Commented by nobumaki at 2012-10-27 21:34 x
こんばんは♪
ヤグルマギクの種の袋に、矢車菊(セントレア)と記載されています。
検索してみると学名がCentaurea。。。
ついでにモシャタも検索してみると、マルヴァ・モシャタがずらりと。
マルヴァはゼニアオイ属の学名のようですね。
そしてモシャタはモスカータ(moschata)の別の読み方みたいですね。
となると、モスカータ系のバラも候補に?
これ以上絞れないのでこの辺にしておきます。

私も月末に小旅行を予定しています。
紅葉が上手く写せるといいんですが、、、
Commented by yutorie at 2012-10-28 09:03
アザミの丸ボケがきれいです。
こちらのほうが質感がありますね。
Commented by tsukey at 2012-10-28 09:07 x
あざみとお地蔵さん素敵・・・
白鳥が帰ってきましたよ。まだ1~2羽ですが・・
Commented by namiheiii at 2012-10-28 10:22
カカリアって初めて見聞きしました。鮮やかな色ですね。オレンジが飽和して見えます。
Commented by nenemu8921 at 2012-10-28 20:17
あだっちゃん。
ここの情景は不思議な雰囲気でした。
フランス菊が茂っているので、案内くださった方が撮影することに不機嫌でしたよ。
Commented by nenemu8921 at 2012-10-28 20:34
nobumakiさん。まあ、ありがとうございます。
まあ、あの矢車草のことかしら。♪♪
赤紫系のものは確かにアザミに似ていますが。。。
モシャタはゼニアオイなのね。
うーん、そうですか。

作品に引き戻してイメージを考えると、かなり言葉の音感を気にしての
詩的言語ですね。

紅葉の撮影旅行ですか。いいなあ。
作品、楽しみにしています(^_-)-☆


Commented by nenemu8921 at 2012-10-28 20:41
yutorieさん。ありがとう。
野のアザミのほうが存在感があります。
ガーデンのカカリアなどに例えるなど。。。。。という心境であります。
音の響きから、言葉が言葉を生み。。。。というところでしょうか。
Commented by nenemu8921 at 2012-10-28 20:42
tsukeyさん。
白鳥第一陣が到着したのですね。
これから続々と増えるでしょうね。
又様子を教えて下さいね(^.^)(^.^)
Commented by nenemu8921 at 2012-10-28 20:45
namihei先生。
鮮やかなオレンジ色! いかにも派手ですが、
実際には小さなそれほど目立たない花であります。
by nenemu8921 | 2012-10-27 18:06 | 植物 | Comments(10)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921