病葉(わくらば)

(略)
そこらいっぱいこんなにひどく明るくて、ラヂウムよりももっとはげしく、
そしてやさしい光の波が一生けん命一生けん命ふるえてゐるのに、
いったいどんなものがきたなくてどんなものがわるいのでせうか。
                        童話 「イーハトーボ農学校の春」

雑木林の木漏れ日の中で見つけたもの、わくらば(病葉)ですが、
               賢治の童話の一節を思い出してしまいました。
           (引用部分は病葉を歌ったものではないのですが(^_-)-☆。。。)

ハクウンボクの葉だと思います。
c0104227_14393240.jpg


ガマズミ
c0104227_15121870.jpg


c0104227_1584564.jpg
この画像はクリックすると大きくなります。


 追記
 わくらば(病葉)は、「夏、赤または黄白色に色づいた葉。すがれた葉。常磐木の中の変葉。」
 と広辞苑にあります。病気や虫により変色した葉。 一足先に散っていく葉。
 分かれる葉から来ているそうです。
 夏の季語です。
 

 





近くの木に小さなキツツキが来てしばらく遊んでいきました。

コゲラ
c0104227_15185654.jpg

Commented by nobumaki at 2012-11-05 16:53 x
哲学的ですね。。。
励まされてるようにも感じます。
この一節、心にしっかり刻みました。

コゲラは家の近くでもたまに見かけます。
住宅街で足元数十cmのところに現れたときは本当にびっくりしました。
Commented by yutorie at 2012-11-05 18:50
病める葉ですね。
どうしてこんな表現になっったのでしょう。
わかれ葉とかでもいいのでは。
変かなあ。
Commented by tsukey at 2012-11-05 19:19 x
赤くなった実と色づいた葉はいいですね~
コゲラも上手く撮りましたね・・運がいい!!
Commented by あだっちゃん at 2012-11-05 19:51 x
秋もだいぶ深まって着ましたね。
木の実も色付き、綺麗になりました。
イチョウが黄葉すると冬も近くなりますね。
Commented by マングース at 2012-11-05 21:13 x
こんばんは。

恥ずかしながら病葉(わくらば)という言葉を初めて知りました^^;
昔は細かな自然観察をする事が日常的だったんですね。
日本の素晴らしさの一面をまた見た気がします!
Commented by nenemu8921 at 2012-11-05 23:33
nobumakiさん。
宮沢賢治の言葉は普遍性がありますね。
虫食いでぼろぼろになった葉っぱも木漏れ日の逆光の中で
輝いていて、私の心を捉えました。
まるで、賢治の言葉のを証明するかのようでした。
Commented by nenemu8921 at 2012-11-05 23:36
yutorieさん。
画像よりフレイズのほうがお心を引っ張ったようですね。
意味的にはわかれ葉でもいいのでしょうが。。。
病葉とあてたところに日本語の繊細さがあるように感じます。
Commented by nenemu8921 at 2012-11-05 23:41
tsukeyさん。
赤い実や色づいた葉はきれいな画像が撮りやすいのですが。。。
しかし、このボコボコの葉が気に入って撮りました(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2012-11-05 23:42
あだっちゃん。
もうじきイチョウの葉も色づきますね。
Commented by nenemu8921 at 2012-11-05 23:46
マングースさん。
ほんとうに日本語は微妙なニュアンスに満ちていますね。
古人は自然を見つめるまなざしのなかに、ゆっくりながれる時間があったのでしょうね。
現代では、人はみな忙しすぎるのかもしれませんね。(^_-)-☆
Commented by nonohana28 at 2012-11-06 00:28
nenemu8921さん こんばんは。
遅がけにごめんなさいね。
先ほどは私のブログの菊の花、にすごく嬉しいコメントをいただいて
嬉しくて
時間も考えずに飛び込んできました。
ありがとうございました。

宮沢賢治の言葉しっかりと読ませていただきました。
そしてこのお写真の病葉ですね。
私はこうして虫食いになった一葉に想います。
これは病葉じゃない。
虫たちが命繋げた証です。
だから枯れて朽ちても輝いています。
そして
落葉しても次に繋げる赤い実。どちらも美しいですね。
コゲラ癒されました。
nenemu8921さん
素敵なお写真とお言葉ほんまにありがとうございました。
Commented by オキザリス at 2012-11-06 07:53 x
ご無沙汰しています。
確かに病葉も美しいですね。
宮沢賢治の言葉のマジック、nenemuさんのカメラマジック、
すばらしいなあと思います。
コゲラもかわいいですね。
Commented by ど★れどれ at 2012-11-06 09:24 x
こんにちは
わくらば(病葉)という言葉 知りませんでした。
こんな写真も季節の移ろいのひとつ・・ ステキですね!!
コゲラもいい感じに撮れてます..(^^)
Commented at 2012-11-06 11:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nenemu8921 at 2012-11-06 11:48
nonohanaさん。
ごていねいな一生懸命なコメントに恐縮です。
あまり考えずに直感で展開しています。(^_-)-☆
どうぞ、今後とも軽やかによろしくお願いします。ありがとう。
Commented by nenemu8921 at 2012-11-06 11:51
オキザリスさん。お久しぶりです。
時々、こんな風に脱線して遊んでいます。(^_-)-☆
真面目にやれ!! とどこかから声がかかりそうですが……。
Commented by nenemu8921 at 2012-11-06 11:57
ど★どれさん。
昔、私が小学6年のころ「わくらばを今日も浮かべて、街の谷、川はながれる~~」という歌を、
中曽根美樹という歌手が歌っていました。
うろ覚えだったのですが、今ネットで検索したら出てきました。
多分、その歌で、言葉を覚えたと思います。
年齢がわかってしまうわねえ(^_-)-☆
ありがとう。
Commented by nenemu8921 at 2012-11-06 12:01
鍵コメさん。貴重な情報をありがとうございます。
ノブドウはダメでも、センブリがあれば、撮りたいです。
群落のウメバチソウもそろそろなので(近いでしょう)、ぜひ行ってみたいです。
本当にありがとうございます。
くらかけ山の雪より、頼りになりますね(^_-)-☆

by nenemu8921 | 2012-11-05 10:10 | 植物 | Comments(18)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921