なつめ

(略)
そのときサマシャードといふ小さな子が一本の高いなつめの木を見つけて叫びました。
「なつめの木だぞ。なつめの木だ。とれないかなあ。」
みんなもアラムハラドも一度にその高い梢を見上げました。(略)
                           童話「アラムハラドの見た着物」
c0104227_10305374.jpg


c0104227_10371940.jpg


c0104227_10401674.jpg
ナツメ(クロウメモドキ科ナツメ属)Ziziphus jujuba 棗

都市緑化植物園では、思いがけず実のついたナツメの木を見つけた。
ナツメは原産国は中国から西アジアとあり、日本への渡来は奈良時代以前とあるが、
野外で出会うことは多くはない。
昔親しくしていたインド人のご夫妻。あるとき万葉植物園に案内したとき、美しい奥さんがナツメの木を見つけて
ひどくなつかしがって喜んだことを思い出します。
「アラムハラドの見た着物」の舞台はしかとではないが、インドの風土を思わせる雰囲気がある。





ナツメは日本でも栽培されているようですね。
これは昨年yutorieさんから八千穂のお土産にいただいたフレッシュ・ナツメです。
c0104227_10495753.jpg


かじって見ると、りんごのような食感。ほのかな甘味がありました。
c0104227_10501656.jpg


多くは乾燥して干しなつめとしてお菓子の材料に使われるのかな。

Commented by yutorie at 2012-11-06 14:34
棗を・・・そんなことありましたかね。
こうして陽の目を見て棗もうれしいでしょう。
大きな木、
美味しそうな実がついてますね。
Commented by tamayam2 at 2012-11-06 17:52
偶然に私も棗をUpしましたので、TBさせていただきました。
棗という漢字もいいわね。左右対称で。漢字もアートです。(笑)
Commented by tsukey at 2012-11-06 20:40 x
幼い時、遊び仲間の家でナツメを食べた・・・なんと、美味しい実だ。持って帰っては種を庭に蒔いた・・小さな木に実がなった・・嬉しかった。
その思い出が忘れられなくて、今住んでる家の庭に苗木を植えました。木はどんどん大きくなり・・邪魔になり切りました。でも、小さな木が生えてます・・・・ナツメ・・最高!!
Commented by あだっちゃん at 2012-11-06 21:20 x
我家の近くの小さな川の岸にナツメの木が1本あります。
大風の後に実が落ちていますが、拾う人は誰もいません。
食べられるとは聞いていましたが、食べる気にはなりません。
Commented by matsu_chan3 at 2012-11-07 06:01
ナツメは大きな樹となる割には実の方は可愛らしい。
見たこともないがインドでは食用にしていたのでしょうか・・
Commented by nenemu8921 at 2012-11-07 06:10
yutorieさん。
いろいろな木の実をいただたでしょう。
あの折、それぞれの写真を撮りましたよ。
今回、実のついた樹木に出会えて嬉しかった!!
いろいろ、ありがとう。
Commented by nenemu8921 at 2012-11-07 06:17
tamayamさん。まあ、偶然ですね!!
TB、ありがとうございます。
薬用植物園はよく誘われるけれど、遠くて~~。
今度がんばって行ってみよう。
ノブドウもサンザシも見事ですね(^_-)-☆
棗、面白い文字ですよね!!
Commented by nenemu8921 at 2012-11-07 06:20
tsukeyさん。
まあ、ナツメには特別の思い出があるのね。
やっぱり南国の植物で、成長が早いのね。
花は見たことがありますか? 
どんな花か、気になっています。

Commented by nenemu8921 at 2012-11-07 06:23
あだっちゃん。
自生しているナツメがあるわけですね。
植物にはそれぞれ歴史と風土があると思います。
それを知って、眺めると、格別のものになると思います。
Commented by nenemu8921 at 2012-11-07 06:26
masu_chanさん。お早うございます。
ナツメは北海道には自生していないでしょうね。
インドというより、アジアでは、薬用であり、食用でしょうね。(^_-)-☆
Commented by rinrin at 2012-11-07 07:57 x
nenemuさん
おはようございます
なつめは我が家にも木がありました
とげがあり邪魔なので切ってしまいましたが
切る時堅くてなかなか切れなかったのを覚えています
今でも腐らずに裏に転がっています
こちらではあまり太くはなりませんが、甘い感じはしませんでしたね
よく漢方にナツメって出てくるので漢方に使うものと思っていました
父は美味しくないけど実がきれいだから植えたって言ってました
こちら里の紅葉がきれいになりましたよ
Commented by saitamanikki2008 at 2012-11-07 18:05
こんばんわ。
時々 ナツメって名称を見聞きしますが、
木はもとより、実を見たのは初めてです。
nenemuさんは、植物・言葉(病葉・わくらば)色々ご存じですね。
勉強になります。
Commented at 2012-11-07 20:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nenemu8921 at 2012-11-08 00:10
rinrinさん。紅葉の季節ですね。イーハトーブは格別に美しいでしょうね。
胡四王山を歩きたいです。
宮沢賢治は不思議なことに木々が色づいて美しいなどと一言も書かない人でした。
そうですか。お父上が好んでナツメを植えてくださったのね。
庭の樹木や草花も、家族の思い出とともにありますね。
この童話ではナツメが自然に実を垂れて、望むものに与えられるという
やや非合理的な展開になっています(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2012-11-08 00:13
saitamanikkiさん。
たまたまの雑学です。
知識はつまらないものだと思います。
センスがいいねと言われると嬉しいのですが。。。
なかなかそうは言ってもらえません。さびしいな。(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2012-11-08 00:17
鍵コメさん。
気をつけて行っていらっしゃい。いい天候になりますように、
成果を楽しみにしています。
友人に薦められて、作ったのですが、時間切れで、あれこれ出来ないままです。
いずれ時間があるときに対応したいと思います。よくわからないままです。
どうか、ご教示下さい。
by nenemu8921 | 2012-11-06 13:37 | 植物 | Comments(16)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921