すもも

この農園のすもものかきねはいっぱいに青じろい花をつけてゐます。
雲は光って立派な玉髄の置物です。四方の空を繞(めぐ)ります。
すもものかきねのはづれから一人の洋傘直しが荷物をしょって、
この月光をちりばめた緑の障壁に沿ってやってきます。
(略)
                       童話「チュウリップの幻術」


c0104227_019573.jpg

c0104227_0192253.jpg

c0104227_0194225.jpg
スモモ(バラ科サクラ属)Prunus salicina 酢桃

すももの垣根などは、農園ならではのものであろう。
青白い小さな花を月光に例えるのは賢治の用例では多いですね。
花の時期は緑の障壁と言うほどには葉が出揃わないですよね。。。。。
Commented by tsukey at 2013-03-28 01:55 x
すももの花はすぐ横で満開です。
nenemuさんが撮られると綺麗ですね~
花のあとの実成りも楽しみです。
Commented by matsu_chan3 at 2013-03-28 09:37
スモモの花を綺麗に撮ってますね!
近年はスモモを観る機会も少ないがモモもサクラも同時開花
が待ち遠しいです\(^o^)/
Commented by saitamanikki2008 at 2013-03-28 10:06
こんにちは。
スモモって、本当に清楚な感じですネ~ !!
汚れた世間(柔道界)の風潮を、嘉納 治五郎の心に戻してくれるような。。。
綺麗に撮られているので、つい 余計な事を云ってしまいました。
Commented by yohachi-nitta at 2013-03-28 10:53
林檎の花よりメシベが梅の花のように長いけど、良く感じが似ています。
香りがありますか?

先週コブシの花の下で、撮影しているご夫婦のご主人と話をしていたら、歩いてきた人が
花の香りしますか?って質問して来ました。

コブシは香りが無いと思ってたけど、ほのかな香りがするんだって、
女の人が近くに居るから、女の人の香りだな~と思ったと応えたら、恥ずかしい顔されました。
自分で、なんとくだらないことを云ったと反省しました。
Commented by gigen_t at 2013-03-28 17:40
 一枚目 枝振りがよく 風情が感ぜられます、トッテモイイデス〔とても良いです の事、 東北弁です〕
Commented by あだっちゃん at 2013-03-28 19:00 x
スモモの花は地味ですが、良いですね。
スモモ、私は実が大好きです。
暫く、大国魂神社のすもも祭りに行ってないな。
Commented by マングース at 2013-03-28 23:28 x
こんばんは。
スモモ、リンゴ、ナシなど果樹の花はどれも清楚で
美しく感じます。
スモモを生け垣にするなんて、思いもつきませんでした^^;
果実も収穫できるし、いいでしょうね♪
Commented by シュウ at 2013-03-28 23:56 x
春と言えば真っ先に桜が思いつきますが、前回のハナカイドウといい今回のスモモといい、かわいらしくて可憐な花がたくさん見られるので楽しいですね。
桃やリンゴの花も大好きです。
チュウリップの幻術は1度しかまだ読んだことがないのですけど、登場人物たちと一緒に美しい夢想の世界に迷い込んだような・・・あるいは白昼夢を見たような感覚になったことがとても印象強く残っている作品です。
春の暖かさや日差しを感じながら再読したくなりました^^
Commented by nenemu8921 at 2013-03-29 07:59
tsukeyさん。
まあ、ご自宅にすももの木があるのね。いいなあ。
実がついた頃撮影したいと思っていて、いつも時期を逸します。
是非、花も実も撮影して下さい。
Commented by nenemu8921 at 2013-03-29 08:01
matsu_chanさん。
北海道の春はサクラも桃もすもももいっぺんですね。
ゴージャスな春ももう時期ですね (^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2013-03-29 08:06
saitamanikkiさん。
ほんと、清楚ですね。目立たないです。
嘉納 治五郎、柔道の父ですね。 
すももとはイメージが違うけれど、同感です。

Commented by nenemu8921 at 2013-03-29 08:11
yohachiさん。
すももはあまり香りを感じません。
コブシは香りますね。ほのかに。
つぼみのうちに採集して、お酒に漬け込むと、よい香りのお酒が出来るそうですよ。(^_-)-☆
yohachiさんのイメージで言えば、「薫乙女」なあんてネ (^.^)

Commented by nenemu8921 at 2013-03-29 08:15
gigenさん。
すももはいつも花の時期を逸してしまうので、今年は偶然、出会えて嬉しかったです。
枝ぶりは、私的にはイマイチでしたが。。。
でも、ありがとうございます。

Commented by nenemu8921 at 2013-03-29 08:18
あだっちゃん。
大国魂神社のすもも祭りですか。
名前からしていい感じですね。一度行ってみたいです。
愚息の七五三のお祝いを大国魂神社でしたことを思い出します。
家人の実家が府中なので近かったんです。
Commented by nenemu8921 at 2013-03-29 08:25
マングースさん。
この童話ではチューリップと春の光がメインテーマですが、
後半にはスモモの他に、ハタンキョウや油桃(ズバイモモ)、桜桃、梨なども出てきます。
それらの花の撮影が夢です。
最近はなかなか出会えません。。。
Commented by nenemu8921 at 2013-03-29 08:36
シュウさん。
「チューリップの幻術」は、やや狂乱的な春の宴ですね。
白昼夢とはいい表現ですね (^_-)-☆
引用部分は冒頭の一節です。後半にも果実がたくさん登場します。
樹木の花には独特の魅力を感じます。
Commented by 学歴の書き方 at 2013-06-08 11:51 x
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます
by nenemu8921 | 2013-03-28 01:05 | 植物 | Comments(17)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921