ニワトコ

ときがね湖では日当たりのよい林縁で、大きなニワトコの木を見つけた。
花が満開だった。
目立たないが、賢治作品では度々名前が出てくる植物だ。

(略)
わたしの大事なタダシはいまどんな歌をうたってゐるだらう。
雪の降る朝にみんなと手をつないでぐるぐるにはとこのやぶをまはって
あそんでゐるだらうかと考へたり、ほんたうに待って心配してゐらっしゃるんですから、
早く行っておっかさんにお目にかゝりませうね。
(略)
                                   童話「銀河鉄道の夜」初期形三

c0104227_1854129.jpg


その時向ふのにはとこの陰からりすが五疋ちょろちょろ出て参りました。
(略)
                                   童話「貝の火」

あちこちあをじろく接骨木(にはとこ)が咲いて
鬼ぐるみにもさはぐるみにも
青だの緑金だの
まばゆい大きな房がかかった
(略)
            詩〔あちこちあをじろく接骨木が咲いて〕

c0104227_1972222.jpg


賢治作品にはたびたび桑が登場しますが、養蚕用の栽培種です。
こちらはヤマグワ。ちょうど花をつけていました。小さな房です。
c0104227_2053214.jpg


金属製の桑のこつちを
もひとりこどもがゆっくり行く
                         詩「マサニエロ」

c0104227_19562157.jpg

金属製の桑とは?・・と思っていた。
逆光で輝く小枝を見つけたとき、これだ!!と思いました。いかがでしょうか。





この日、一番嬉しかった出会いはこちらです。若葉もきれいでしょう。
c0104227_20394413.jpg

ヒメコウゾだと思います。雌花は美しい。でも本当に小さな花です。
c0104227_20403887.jpg

こちらが雄花花序です。これから開きます。
c0104227_2040450.jpg
ヒメコウゾ(クワ科コウゾ属)Broussonetia kazinoki  姫楮

賢治作品では和紙の楮は用例がありますが、野にあるヒメコウゾは言及がありません。う、残念。
Commented by kobane99gi at 2013-04-15 11:15
一枚一枚が鮮やかですね~!
陽の光がつくる金属光沢。賢治はいつもこんな目で世界を見ていたのでしょうか…
Commented by あだっちゃん at 2013-04-15 20:04 x
先日、この花を見ましたが、名前が判りませんでした。
名前が判って、すっきりしました。
Commented by matsu_chan3 at 2013-04-15 20:51
春になるとニワトコがよく目にします。
オオヨシキリが好んで花の上にとまりさえずります・・ギョギョ
Commented by nenemu8921 at 2013-04-16 07:05
kobaneさん。
ありがとう。
光のマジックに、宮沢賢治は敏感だったと、実感します。
Commented by nenemu8921 at 2013-04-16 07:06
あだっちゃん。
ニワトコですか。
身近にある植物ですが、あまり気にかけてもらえない花ですよね (^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2013-04-16 07:08
matsu_chanさん。
まあ、オオヨシキリが留まってくれたら、いい絵になるでしょうね。
こちらではこの花が茶色になってからでないと、ヨシキリの姿は見られません。
by nenemu8921 | 2013-04-15 07:36 | 植物 | Comments(6)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921