ときがね湖で出会った植物 サルトリイバラ

(略)森の中はまっくらで気味が悪いようでした。
それでも王子は、ずんずんはいって行きました。
小藪のそばを通るとき、さるとりいばらが緑色の沢山のかぎを出して、
王子の着物をつかんで引き留めようとしました。
はなそうとしても仲々はなれませんでした。
王子は面倒臭くなったので剣をぬいていきなり小藪をばらんと切ってしまひました。(略)
                                       童話「十力の金剛石」

c0104227_21465081.jpg

c0104227_2148929.jpg
(サルトリイバラ科シオデ属) Smilax china 猿捕茨
秋に赤い実が目立ったサルトリイバラは花をつけていました。




タチツボスミレはたくさん咲いていましたが…。
c0104227_558692.jpg


帰途、近くのぶどう園の車道脇にびっしり咲いていたアリアケスミレを見つけました。
c0104227_5165937.jpg


c0104227_517537.jpg


c0104227_5423777.jpg


c0104227_5184630.jpg
アリアケスミレ(スミレ科スミレ属)Viola betonicifolia var. albescens  有明菫

賢治作品では菫の用例は色のたとえで登場しますが。菫そのものを愛でるような表現はありません。
菫は身近すぎる植物だったのでしょうか。

そらにかすかな菫のいろがうかぶころだ
                  〔鳴いてゐるのはほととぎす〕

紫いろの衣の袖は
匂ふすみれの花の滝
            〔めづらしがって集ってくる〕
Commented by マングース at 2013-04-20 09:32 x
おはようございます。
山に入るとサルトリイバラとトゲが引っかかり
痛い目に遭うことがよくあります(>_<)
王子が小藪を切る気持ちも解ります。
きっと宮沢賢治も自分でそんな経験があったのでしょうね^^
我が家の玄関前に鳥が運んできたサルトリイバラが
あって、今年花が咲いたのですがどうも雄花で、
真っ赤な果実は見られそうにありません^^;
Commented by nobumaki at 2013-04-20 13:35 x
ときがね湖では珍しい野草をたくさん見ることができるのですね。
でもちょっと遠いなぁ。。。
それに身近な自然すら知らないことが多すぎて、、、
いろいろ覚えていつか行ってみたいです(^^*
Commented by saitamanikki2008 at 2013-04-20 16:55
こんにちは。
確かに 葉元が釣り針状になってますネ。
セーター類などの編み物着では、困った状態になりそうです。
普段は見慣れない植物ですか。
スミレも種類が多いようですね。

 
Commented by tsukey at 2013-04-20 18:09 x
サルトリイバラのはなが咲きましたか。
日に当たると、意外と綺麗ですよね・・・
スミレは、好きな花ですね・・・可憐で可愛いです。
子供の頃、引っ掛けて引っ張り合いして、遊びました。
それほど、身近に生えてますね。
Commented by あだっちゃん at 2013-04-20 19:52 x
サルトリイバラは余程の植物好きでないと見ても通り過ぎてしまいますね。
私は通り過ぎる方。
アリアケスミレは綺麗ですね。
Commented by nenemu8921 at 2013-04-21 08:17
マングースさん。
宮沢賢治と同じようにサルトリイバラを気にかけてくださって嬉しいです。
賢治は他にも用例がありますが、すべてこの植物の棘のことを書いていて、
この繊細な花や、秋の赤い実については書いていません。
かなり残念です。
雌雄異株なのですね。
Commented by nenemu8921 at 2013-04-21 08:19
nobumakiさん。
地味な植物ばかりですが、それぞれにまつわる物語のイメージがあって、
私には心引かれるものばかりです。
しかし、写真となると難しいです。(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2013-04-21 08:23
saitamanikkiさん。どうもマイナーな趣味ですみません。
普通はこのサルトリイバラが茂る藪に分け入るようなことはしないでしょうね。
ここでは周囲の雑木林の林縁で、たくさん見つけることが出来ます。
Commented by nenemu8921 at 2013-04-21 08:33
tsukeyさん。
あら、本当にすみれで「すもうとりごっこ」をしましたか。 (^.^)
スミレの語源に、相撲取草の意 距きょを引っ掛けあう子供の遊びに由来するという記述があったと思います。
今の時代も、体験者がいるのですね!
なんだか、感激です (^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2013-04-21 08:37
あだっちゃん。そうですね。地味な植物です。
カワガラスを見て感激するのは一般の人には少ないのと同じようなことです (^_-)-☆
バラやボタンやカワセミと同じでしょうか。
誰が見てもきれいだなと思うでしょうから。
by nenemu8921 | 2013-04-20 07:04 | 植物 | Comments(10)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921