紫雲英→れんげそう


そらでは春の爆鳴銀が
甘ったるいアルカリイオンを放散し
鷺やいろいろな鳥の紐が
ぎゅっぎゅっ乱れて通ってゆく

ぼんやりけぶる紫雲英の花簇と
茂らうとして
まづ赭く灼けた芽をだす桂の木

           詩〔あちこちあをじろく接骨木が咲いて〕


c0104227_22524821.jpg

c0104227_225264.jpg

c0104227_22522897.jpg


紫雲英(しうんえい)は、れんげそうの漢名。
別の作品ではこの字に、ハナコ(花巻地方の方言)というルビをふっている。
花簇は、かそうと読み、簇はむらがること、群がり集ること。
れんげそうの群落のことですね。
まづ赭く灼けた芽をだす桂の木は、カツラの花のこと。雌雄異株で、3月末~4月小さな目立たない花をつける。遠くから見ると樹木全体が赤くぼっーと見える。
この桂の花は、花期が短く、タイミングもその年によって異なるので、毎年撮影のタイミングを逃してしまう。
春の爆鳴銀を、「新宮沢賢治語彙辞典」では、賢治の造語で春雷のこととしている。
タイトルの接骨木(ニワトコ)は、以前紹介した→こちらをどうぞ。
この作品は春の情景を歌ったものである。

れんげそうは、田に咲かせ、花後、田に鍬きこんで、緑肥、窒素肥料にしていた。
最近では見かけなくなった。
茂原の帰途、成東植物群落周辺の田で思いがけず出会った光景である。
Commented by マングース at 2013-05-09 18:28 x
こんばんは。
カツラの樹とれんげそうが近くに生えているというのが、東北ならではの風景なんですかねー。
大阪ではお目にかかれない光景です。
やっぱりれんげそうを見ることができないと寂しいですね。
Commented by tsukey at 2013-05-09 20:50 x
蓮華は、ホント見かけなくなりましたね。
肥料とすることが、少なくなったんでしょう・・・
ミツバチで蜂蜜を取ることも・・・ごくわずかに

写真綺麗ですね。実物より素敵ですよ( ´▽`)
Commented at 2013-05-10 00:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by matsu_chan3 at 2013-05-10 04:48
おはようございます
そちらは初夏で、花盛り!
こちらはやっとキタコブシの花が咲きました。
この後に桜ですが今は道南地方・・札幌は2~3日あとかな?
Commented by nenemu8921 at 2013-05-10 09:44
マングースさん。この作品のイメージは作者の立ち位置が広角的アングルだと思います。
村の(里山の)、春景色なのでしょうね。
都会では、カツラの木は公園などに多いですね。
レンゲも公園で一箇所に植栽されているのを見かけます。(^_-)-☆
田の風景としてのレンゲ畑は稀になりましたね。

Commented by nenemu8921 at 2013-05-10 09:53
tsukeyさん。
レンゲの蜂蜜はおいしそうですね。
ほっとする風景だったので、つい車を止めて撮影しました。
実物よりすてき?!
それが写真なのでしょうが、なかなか実現できません。
でも、)ありがとう。励みになります。(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2013-05-10 09:58
鍵コメさん。お忙しいところ、失礼しました。
アドバイスありがとうございました。
新機種に慣れるまで、時間がかかりそうです。
横浜港の写真、すごいのが撮れそうですね。(^_-)-☆

Commented by nenemu8921 at 2013-05-10 10:01
matsu_chanさん。
キタコブシ、それから桜ですか。
楽しみですね。(^.^)(^.^)
Commented by rinrin at 2013-05-10 18:06 x
nenemuさん
こんにちは
れんげそうがこんな漢字で出るなんて~~
すごいですね
はなこ、はなっこ、と発音します。
南部はなんでも「っこ」をつけます
昔は田植えが6月なのでレンゲを咲かせて肥料にして
田植えをしたそうです
今は、5月の初めにしますから、れんげ草の咲く前に田植えをしてしまうので、咲かせる間がありません
関東はまだ、田植えが遅いから時々見ますよね
湿地を嫌うので、乾燥した田んぼじゃないとねー
八重桜が咲き始めました♫
Commented by nenemu8921 at 2013-05-13 00:49
rinrinさん。遅い春なのでしょうか。
八重の桜が今頃とは……。
れんげは、はなっこですか。賢治はハナコと表記しています。
ここではしうんえいと読ませるつもりだったようです。
詩的言語、詩的表現は時として過剰であり、時として実態とは乖離している場合もありますね(^_-)-☆
by nenemu8921 | 2013-05-09 18:14 | 植物 | Comments(10)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921