カラマツ

(略)
馬車のラッパがきこえてくれば
ここが一ぺんにスヰツツルになる
遠くでは鷹がそらを載つてゐるし
からまつの芽はネクタイピンにほしいくらゐだし
いま向ふの並樹をくらつと青く走つて行つたのは
(騎手はわらひ)赤銅の人馬の徽章だ
                   詩「小岩井農場 パート三」


1、
c0104227_10303076.jpg


2、
c0104227_10311068.jpg


3、
c0104227_1032372.jpg


4、
c0104227_10471198.jpg


5、
c0104227_1033699.jpg



歌われているのは小岩井農場の五月の風景。
撮影したのは、六月の富士山五合目で。

ようやく念願のカラマツのネクタイピンが撮影できました。カラマツの雌花です。
これがマツボックリになります。4の画像のように。
Commented by あだっちゃん at 2013-06-03 14:27 x
カラマツの新しいマツボックリが可愛いですね。
目の付けどころに感性を感じます。
Commented by マングース at 2013-06-03 19:39 x
こんばんは。
カラマツは大好きな樹です♪
新緑、黄葉、樹形ともに素晴らしいですが
雌花も魅力的ですね!
近くで見ることができない樹だけに
余計憧れが強くなります^^
Commented by matsu_chan3 at 2013-06-03 19:41
カラマツの新芽の緑が綺麗です。
撮影テクニックに感心して拝見してます!
Commented at 2013-06-03 19:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tsukey at 2013-06-03 21:04 x
綺麗に撮られましたね・・素敵!!
富士山に行かれたのでうか?
ここで、こんなに撮れるのはnenemuさん
だからですね・・・
Commented by nenemu8921 at 2013-06-04 00:53
あだっちゃん。
カラマツのこの状態の雌花を探していました。
思いがけず、出会えて、すごく嬉しかったです。(ニコニコ)
Commented by nenemu8921 at 2013-06-04 00:57
マングースさん。
ほんとうに新緑、黄葉、樹形、みないいですね。
こんな雌花は短い時期しか見られないので、行き会えて、ラッキーでした!!
さすが富士山です!!
Commented by nenemu8921 at 2013-06-04 01:00
matsu_chanさん。
北海道ではカラマツは珍しくないでしょうね。
新芽はこれからでしょうか?
高い枝が多くて、なかなかこんな状態で行き会えないものですから、
嬉しくて一生懸命撮りました!!

Commented by nenemu8921 at 2013-06-04 01:04
鍵コメさん。
ありがとうございます。今日はとてもいい勉強になりました。
そうだ、スキンだ!と、私も思い出しましたデス。
赤松の新芽でしょうか?いいですね!
いずれ、UPしてお見せください。(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2013-06-04 01:07
tsukeyさん。
観察クラブの皆さんと朝霧高原を回って、5合目まで行きました。
自転車レースとかで、午前中は道路が閉鎖されて、通れなかったのです。
でも、このカラマツの花を撮れたので、十分でした。

Commented by gigen_t at 2013-06-04 06:20
 素晴らしい作品の数々 タップリと拝見させて 頂きました。
Commented by saitamanikki2008 at 2013-06-04 10:22
こんにちは。
マツボックリになる前の状態を始めて見ました。
富士山 5合目まで行かれましたか。
5合目からの眺望いかがでしたか ?
新緑のカラマツの葉で心があらわれるように見えます。
Commented by nenemu8921 at 2013-06-04 11:12
gigenさん。
ありがとうございます。冷汗です。
Commented by nenemu8921 at 2013-06-04 11:14
saitamanikkiさん。
カラマツのこの雌花を教えてくれたのは、宮沢賢治の詩句でした。
午後から5合目の奥庭に入りましたが、雲が立ち込めてきました(泣)
Commented by namiheiii at 2013-06-04 16:30
カラマツの芽吹きがこんなに綺麗とは思いもしませんでした。まだ見たことがないのです。
Commented by nenemu8921 at 2013-06-04 18:29
namihei先生。
なかなか出会えないのですよ。
出会ってもたいてい高い枝の上なので、撮影は難しいのです。
冨士は標高が高いので、暦をさかのぼったように、いいタイミングに恵まれました。(^.^)
by nenemu8921 | 2013-06-03 11:25 | 植物 | Comments(16)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921