なつかしい花


先月のことだけれど、九十九里の出先でなつかしい光景に出会った。
民家の物置らしき建物。
そこには子どもの頃見慣れたジャノメソウがさりげなく咲いていた。
c0104227_8572682.jpg

この花は梅雨時に咲く花というイメージがある。
蛇目草というのも、蛇の目傘が目立つ時期の花だからだと思っていた。
母が蛇の目傘をさして出かける断片的記憶が浮かんでくるのである。
幼い私は一人雨の日に留守番をしていたようだ。
c0104227_011204.jpg

しかし、ジャノメソウとは、花の様子が蛇の目に似ているからだという。
しかも、標準和名はハルシャギクだという。
ハルシャ(波斯)とは、ペルシャのことだという。
c0104227_0113491.jpg
ハルシャギク(キク科ハルシャギク属)Coreopsis tinctoria 波斯菊 別名ジャノメソウ

なぁーんだ、長い間、間違ったまま覚えていたのだ。
あの雨の日に華やいだ雰囲気で子どもを残して母はどこへ行ったのだろうとふと思い出すことがあった。
だが、それも今となっては不確かなものだと思う。
老いて、娘の名前も顔も、言葉に出来ない母を、久しぶりに明日は施設に訪ねよう。
Commented by matsu_chan3 at 2013-07-10 04:38
おはようございます!
勉強になります・・蛇の目傘のイメージでした。
老いた母を慕う優しさが伝わりました♪♪
Commented by saitamanikki2008 at 2013-07-10 07:27
お早うございます。
ツタの絡まる物置小屋 何か イイ雰囲気があります。
一輪車が2台、草刈機も...。 人の働き動く雰囲気がする一枚です。
別名 ジャノメソウ 私は、この花の名前知りませんでしたが、
蛇の目傘の先端に似ている花なので、これからジャノメソウにします。
多くの団塊世代の方々などが、介護・施設訪問している姿を見かけます。
一度の人生 生き抜く事は大切ですが、
長寿になる幸せは、何だろう。。。と思う事もあります。 
Commented by nonohana28 at 2013-07-10 09:24
おはようございます☼
わぁ!
この風景好きですね~~♪
幼い時の母の記憶・・・・・ふとしたきっかけで思い出すものですね。
そういえば蛇の目傘も番傘も・・・・ありました。懐かしぃー^^♪
花の名前も改めて知り花のお陰で母を慕う心を感じ・・・。
素敵なことですね。
Commented by マングース at 2013-07-10 18:53 x
こんにちは。
花を見ることで幼い頃の母の記憶がよみがえる
なんて何かドラマのような話ですね~^^
この物置小屋もむっちゃ素敵です!
こんなのがあったら時間があるだけ
入り浸ってしまいそうです♪
Commented by あだっちゃん at 2013-07-10 20:52 x
ハルシャギク、多摩川の河原にいっぱい咲いています。
コアジサシのコロニーの河原にも咲いていました。
もはや雑草ですね。
Commented by h6928 at 2013-07-10 21:30
あめあめふれふれ かあさんが・・・・・
で思い出すのは蛇の目傘。
昔、小学校の置き傘に蛇の目傘があったこと、
思い出しました。
語源がペルシャだったことは知りませんでした。
いろいろ勉強させていただいております<(_ _)>
Commented by Sippo5655 at 2013-07-10 21:35
ジャノメソウともいうのですね。
この名前もまたぴったりなような・・・♪
こんなに見事に咲いて
お母様の思い出と重なるお花なのですね。
こうして今年もまた咲いてくれるということが、
当たり前のようだけど、とても嬉しいことですね。
Commented by sdknz610 at 2013-07-10 22:50
こんばんは。花は兎も角、この物置でしょうか、この何だか何時か見た古い故郷の雰囲気を思い出す様な・・・
この風情にドキっとしました♪ 素晴らしい、何気ないスナップに写真のチカラを見せて頂いたような・・・素敵です。
Commented by kobane99gi at 2013-07-11 10:15
蛇の目… こんな可愛らしい目のへびなら、怖くないかも。。。
ペルシャとは、また意外なところから来ているものですね。

そろそろ、お母様にお会いしている頃でしょうか。
素敵な写真をたくさんお土産に…というのは、私の勝手な想像かな…?
Commented by moraisan at 2013-07-11 18:35
蛇の目‥ 百人に聞いたなら、九十五人は蛇は嫌いだとこたえるのではあるまいか?
なのになぜか、「蛇の目でお迎えうれしいな‥」と歌われる。

その昔、私が育った森が切り払われて、そlこに郵政官舎なるものが建った。
森のあった場所は砂漠化して、アレチマツヨイという見慣れぬ花が咲いた。
ある日その団地の一角で、住人が円陣を組んでいた。 その中心にいたのは2メートルをこるような傷つけられたアオダイショウの成蛇だった。
12歳であったと思う‥ 私はそれを抱きかかえて夢中で走っていた。 うなり声をあげて全ての大人を呪った。

もしかしたら、人の蛇に対する思いは過去には違ったのではあるまいか?
あの日から半世紀に近い。 いまだ迷う時、自らが森を伐った時にも‥初めて抱いた蛇の目をを思い出す。 それは深く美しい目であった。
ジャノメギクのままでいいのでは‥ ふとそう思いました。
Commented by gigen_t at 2013-07-12 06:36
 オハヨウ御座います、 別名を ジャノメソウ と言うんですか、 名は知りませんでしたが うちの空き地に群生しております、この年になって 始めて知りました、ジャノメソウ シッカリ覚えましたよ、
Commented by tamayam2 at 2013-07-14 06:29
あ、ほんと!私にもどこか見覚えのある風景。いい写真ね。
Commented by borancha at 2013-07-16 01:01
ジャノメソウ、初めて見ました。
それとも見逃していたかなあ。
Commented by nobumaki at 2013-07-16 22:33 x
誰も見向きもしない物置小屋に、すっかり引き込まれてしまいました。
ここでかくれんぼをして遊んだ子供たちが大人になってハルシャギクを見た時、nenemuさんのように懐かしい思い出に浸るんだろうなぁ・・・
なんて想像をかきたててしまいました(^^;
Commented by nenemu8921 at 2013-07-17 08:25
matsu_chanさん。
やっぱり蛇の目傘のイメージですよね。
最近の若いママはパラソルかしら?
Commented by nenemu8921 at 2013-07-17 08:27
sautamanikkiさん。
ー一度の人生 生き抜く事は大切ですが、
長寿になる幸せは、何だろう。。。と思う事もあります。ー
そうですね。当人もそう考えていたようですが。。。
なかなか、思い通りに行かないものでしょうね。
Commented by nenemu8921 at 2013-07-17 08:30
nonohanaさん。
母の記憶は、幼いときに接した記憶が美しく残りますね。
子ども心に母を、しばしば、妹のようにかんじたことも思い出されます。
Commented by nenemu8921 at 2013-07-17 08:41
マングースさん
ドラマと現実とどちらが物語性がつよいかなと思うこともあります。
マングースさんも植物に造詣が深くいらして。
それぞれの草花に関連したドラマがあるのでは!!
むっちゃ!!という言葉、いいですね!!
Commented by nenemu8921 at 2013-07-17 08:49
あだっちゃん。
ハルシャギクは北米原産の外来植物です。
多くの園芸植物が逸出して、野生化していますね!!
でも、雑草と呼ばないで!!(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2013-07-17 08:53
h6928さん。
小学校の置き傘が蛇の目傘ですか!!すごい!!
h6928さんは江戸時代のお生まれですか!!なんてね!!
今では高級品でしょうね(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2013-07-17 08:54
samさん。ありがとうございます。
えっちら、おっちら続けたいと思っています(^_-)-☆
やや、体力切れですが。。。
Commented by nenemu8921 at 2013-07-17 08:58
kobaneさん。
母に出会うのも切なく、虚しく。。。
片付けねばならない雑用、所用は山積していて。
体力はトホホです。でも、元気です。(^_-)-☆
元気でいましょうね!!
Commented by nenemu8921 at 2013-07-17 09:08
moraisanさん。
切ない思い出ですね。 
縄文の土器を見れば、太古においては蛇は聖なるもの、神であったという説もあるようですね。
人々の畏れは深い根があるように思えます。



Commented by nenemu8921 at 2013-07-17 09:11
gigenさん。
雑草と思われるでしょうが、可愛い花です。
空き地に繁茂しますね。
でも、ある年、ふと気づくと、姿を見せなくなっていたりして。
Commented by nenemu8921 at 2013-07-17 09:13
tamayamさん。ありがとう。
夏休み、お孫さんは来日しましたか?
これからですね。(^_-)-☆
たかが、2,3日の連休で孫たちのお泊りに私はクタクタ。
夏休みがコワイです。
Commented by nenemu8921 at 2013-07-17 09:32
sippo5655さん。
一年草は毎年同じように美しい花を咲かせますが、
ヒトは多年草ですね。
この頃は老木、朽木にも、心惹かれます。(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2013-07-17 09:38
boranchaさん。ようこそ。
たぶん、目に入らなかったのかも。。。
蛾虫さんの訪れが少ないかな(^_-)-☆
雨に似合う花のイメージがあるので、こんなに早く梅雨明けになって、
なんだか可哀想です。。。
Commented by nenemu8921 at 2013-07-17 09:42
nobumakiさん。
なにとはなしに心引かれる風景ってありますね。
だんだん、何を見てもハッとすることが少なくなりましたが (^_-)-☆
by nenemu8921 | 2013-07-10 00:46 | 植物 | Comments(28)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921