葛のにほひ

(略)
シグナルもタブレツトもあつたもんでなく
とび乗りのできないやつは乗せないし
とび降りなんぞやれないやつは
もうどこまででも載せて行って
北国あたりで売りとばしたり
銀河の発電所や西のちぢれた鉛の雲の鉱山あたり
監獄部屋に押しこんだり
葛のにほひも石炭からもごつちやごちや
接吻(キス)をしようが詐欺をやらうが
繭のはなしも鹿爪らしい見識も
どんどんうしろに飛ばしてしまって
(略)
             詩「「ジャズ」夏の話です」

c0104227_225356100.jpg


c0104227_22541228.jpg
クズ(マメ科クズ属)Pueraria lobata  (Willd.)Ohwi 葛

「銅羅」に賢治が生前に発表した作品。『春と修羅 第二集』では、「岩手軽便鉄道 七月(ジャズ)」で、葛のにほひは削除されてしまう。
ガタゴトと動く軽便鉄道にジャズのリズムを重ねての作品。楽しい。
或る方がこの作品を朗読した録音を聞いたことがある。滑らかな早口で陽気な口調がすばらしかった。

4行目の
もうどこまででも載せて行っては、乗せて行ってだと思うのですが。。。
宮沢賢治って、時々PCの変換ミスみたいな誤字があって、面白いなと思います。

「葛のにほひ」ご存知ですか
幼かった愚息の言では「グレープジュースの匂いがするよ」。
今でも野外で葛の花に出会うと、強烈な甘い匂いに、この賢治の詩と愚息の言葉を思い出します。
Commented by borancha at 2013-09-04 10:09
どこの草原にも、道端の草叢にも、どこにでも蔓延って咲いている葛。
蔓延りすぎて見向きもされない葛の花。
しかし長い花序につけた真っ赤な花は、よく見れば強烈。
葛の花の匂い!
グレープジュースの匂い!強烈な甘い匂い!?
全く気がつかなかった。匂いがあるんだ~
こんど匂いを嗅いでみよう^^

葛餅は大好きだが・・・こんなに蔓延る葛なのに、本物の葛粉でつくられた葛餅はほとんどない。
Commented by nenemu8921 at 2013-09-04 11:03
boranchaさん。こんにちわ。
ほんとうに、葛はどこでもはびこって、嫌われものですね。
秋の七草の一つではあるのですがね。
アメリカの19世紀の博覧会に日本庭園で出展したクズの花が人気になり、
甘い香りと美しい花に見せられた園芸家が栽培したのがもとで、
いまやアメリカの南部はこのクズがはびこって、迷惑な帰化植物となっているようです。

Commented by あだっちゃん at 2013-09-04 19:45 x
葛の花にグレープフルーツの香りがあるとは知りませんでした。
子供の頃は空き地が多く、良く見た花ですが、今はあまり見掛けなくなりました。
多摩川の河原でも、セイタカアワダチソウと葛は少なくなりました。
Commented by nenemu8921 at 2013-09-04 20:57
あだっちゃん。こんばんわ。
グレープジュースです。果汁10%ぐらいのジュースの匂いです。
ご確認下さい。グレープフルーツではありませんよォ。
多摩川の河原は管理が行き届いているのかしらね。
Commented by nobumaki at 2013-09-04 23:55 x
葛は香りがいいのですか、、、
大町でも咲いていましたが、行った時刻が遅くクタクタに萎れていたので通り過ぎてしまいました(^^;
通勤途中、そこかしこに蔓延っているので花を探してみようと思います。
Commented by gigen_t at 2013-09-05 08:31
お隣の県の方ですが 賢治のことは余り知りません 本稿で 勉強させていただいております、
Commented by nenemu8921 at 2013-09-05 10:50
nobumakiさん。
クズは、きれいな花になかなか出会えないですね。
花穂が長く、下から咲き始め、すぐに枯れていくので絵になりにくいです。
葉もたいてい焼けていたり虫食いだったりで。
大町はトンボはいなかったのかしら?
Commented by nenemu8921 at 2013-09-05 10:53
gigenさま。申し訳ないです。賢治オタクで。
ケンジに関係ない記事が続くと、クレームがくるので、できるだけ賢治の話題を心がけております。
どうぞ、軽い心でお付き合いください。
Commented at 2013-09-05 19:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by マングース at 2013-09-05 21:56 x
こんばんは。
綺麗な葛の花に出会われたんですね♪
葛の花を撮ろうと思うのですがなかなかいい状態の花に
巡り会いません^^;
葛の生命力・繁殖力にはほんと感心してしまいます。
もっと利用されても良さそうに思いますが採取から製品までの
手間が大変なんでしょうね。
Commented by h6928 at 2013-09-05 22:27
クズの花はそこかしこにいくらでもあるのに、
写真にするには難しいですよね。
ボクは嗅覚が衰えてしまっていて、臭いに鈍感なので、
くずの花の匂いがあまりピンと来ません。
昔、タバコを吸いすぎた報いかもしれません(>_<)
花の匂いより、
くず粉を採る実験をしたときの、磨り潰された地下茎の臭いが、
強烈に記憶に残っていますよ。
Commented by nobumaki at 2013-09-06 11:27 x
大町ではトンボをたくさん見ましたよ。
それはそれはたくさんです(^^;
あまりにも目の前でじっとしているので、写欲が失せました(笑)
オニヤンマもたくさんいましたが、こちらはなかなか止まってくれず、
やはり写欲が・・・
Commented by nenemu8921 at 2013-09-06 14:08
鍵コメさん。
かなり冷汗ものですが。
お楽しみください。
Commented by nenemu8921 at 2013-09-06 14:11
マングースさん。
野原ではびこっているのを見ると、有効利用できたら、いいのになあと思いますよね。
Commented by nenemu8921 at 2013-09-06 14:15
h6928さん。根を掘り上げるのがたいへんだったでしょう。
自然環境グループでチャレンジしたけれど、労多くして、実り少なしでしたよ。
臭覚と喫煙は関係ないとオモウノデスガ。。。
宮沢賢治は五感が鋭かったらしく、遠くから杏の花の咲いているのを察知したという教え子の証言もあります。
Commented by nenemu8921 at 2013-09-06 14:18
nobumakiさん。
あら、ほんとう! トンボたくさんいたのね!
写欲がうせるくらいとは凄いですね。ありがとう。
やはり出かけないと。。。
by nenemu8921 | 2013-09-03 22:54 | 植物 | Comments(16)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921