きつねのさゝげ → ノササゲ

線路づたひの
雲くらく
きつねのさゝげ
黄のはな咲けり
        〔線路づたひの 雲くらく〕


c0104227_23132536.jpg


c0104227_23134984.jpg
ノササゲ(マメ科ノササゲ属)Dumasia truncata 野大角豆 別名キツネササゲ

歌稿Bの175の余白に書かれていた断片詩句。補遺詩篇に収められている。

きつねのささげとは、ノササゲのこと。最近では見かけることが少なくなった野草。
昨年秋に東金ダムで、紫色の実を見つけたので、どうしても黄の花の時期に撮影したいと思っていた。
念願がかなって嬉しい。

植物の名前は面白い。キツネノササゲとは、役に立たない(食用にならない)ササゲの意味か。
ササゲは栽培され、赤飯や料理にも使われる。
賢治作品にも度々登場する。

ほんとにささげの蔓でも頼みたいときだからな。 童話「グスコンブドリの伝記」

雨降りしぶくひるすぎを、 青きささげの籠とりて、
巨利を獲るてふ副業の、 銀毛兎に餌すなり   文語詩「副業」


そういえば、キササゲもあった。
いいえ、あれひきざくらでありません、お前とって来たのきささげの花でせう
                                      童話「なめとこ山の熊」

木大角豆というように樹木である。花が美しい。
以前、ご紹介した。こちらをどうぞ。







おまけですが、この日、キツネノマゴにも出会った。
c0104227_8321431.jpg
キツネノマゴ(キツネノマゴ科キツネノマゴ属)Justicia procumbens L  狐の孫
Commented by tamayam2 at 2013-09-18 09:49
ノササゲ、初めて見る植物です。きれいね。キササゲは好きな木
です。都内ではあまり見かけないわね。キツネノマゴは、よく見る
のに撮影が難しい花です。よく撮れたわね。
Commented by matsu_chan3 at 2013-09-18 20:16 x
ノササゲは初めてみます。
下向きにたくさん咲くので賑やかですね!
Commented by あだっちゃん at 2013-09-18 20:55 x
ノササゲの花は見た事がありません。
実を先に見て、花の咲くころに行って、良くまた場所が解りましたね。
こういう事が凄い。
Commented by borancha at 2013-09-18 23:55
ノササゲの花、緑色の葉っぱのなかで、黄色く咲く花が綺麗ですね。
近年、あまり見かけなくなったような気がします。
全国のレッドリストには岩手県と鹿児島県以外は絶滅危惧種に指定されていないので、
nenemuさんのように注意深く探せば意外に見つかるのかもしれませんね。
Commented by nenemu8921 at 2013-09-19 07:11
tamayamさん。
ノササゲは在来種ですが、最近見かけることが少ないと思います。
キササゲは岩手大学で撮影したと思います。
キツネノマゴは私も気に入った画像はなかなか撮れませんでしたよ。
草むらのなかで、アンダー気味に撮影したのがよかったみたいです。
(^_-)-☆
よやく涼しくなりましたね (^.^)




Commented by nenemu8921 at 2013-09-19 07:13
matsu_chanさん。
私も初めて、出会えて、嬉しかったです。
北海道にはないかもしれませんね。
Commented by nenemu8921 at 2013-09-19 07:15
あだっちゃん。いろいろありがとうございます。
賢治の植物だったら、地の果てまで、撮影にいきますよォ。
彼が見たものを、見つめて、記録したいと言う想いです。えへへ。
Commented by nenemu8921 at 2013-09-19 07:29
boranchaさん。
いろいろお世話をおかけします。
そうですか。岩手では絶滅危惧種ということですか。
あちこち野原をうろつきますが、なかなか出会えませんでした。
下のほうに花があり、草むらのなか、小さな花で、撮影しづらかったです。
トキリマメは葉が異なる印象で、花のつき方も違うと感じました。。。
by nenemu8921 | 2013-09-17 23:14 | 植物 | Comments(8)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921