かわせみ


   まだ魚狗はじっとして
   川の青さをにらんでゐます

(あたいといふのが誰だとおもふ?)
(わからないわ)
(あすこにとまってゐらっしゃる
目のりんとしたお嬢さん)
(かはせみ?)
(まあそのへん)

                 詩[北上川は熒気をながしィ〕


c0104227_1518476.jpg


c0104227_15182827.jpg
カワセミ(ブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属)Alcedo atthis 翡翠 魚狗

作品は「春と修羅」第二集中の作品。北上川を眺めながらの兄妹の会話。
タイトルの〔北上川は熒気をながしィ〕は、最初、「夏幻想」だった。

熒気は、けいきと読み、熒はひかり、ひかるの意だが、下書稿の表記から、顥気、浩気と同義という解説が
「宮沢賢治語彙辞典」にはある。
顥気の顥は白く光るの意から、転じて天空の広々として明るいさま。
浩気は浩然の気の略。広々とした大きな気。
北上川がきらきら光って流れる様子を天空と重ねるイメージの形容であろう。

会話はウィットに富んでいて、楽しい。
この作品ではカワセミは、目のりんとしたお嬢さんとなっているが、
「よだかの星」ではヨタカのおとうという設定である。

画像は、大町へ紅葉の撮影に行ったとき、ハンノキにカワセミがいて、カメラを構えたら
とびこんで魚を捕らえ、目の前の小枝に止まってくれた。
〔長い時間、カメラを構えて待機していらした方には申し訳ない)
カワセミの雌雄の区別は、この画像のように下嘴が赤いのが♀ つまり正真正銘のお嬢さんです。(^_-)-☆
♂の嘴は上下とも黒い。
Commented by ど★れどれ at 2013-11-24 17:30 x
こんばんは
ナイスショットですね!
こんな近くでカワセミを見れるなんて うらやましぃ~
近所の川原でよく見かけますが 警戒心が強くなかなか撮れません。
Commented by saitamanikki2008 at 2013-11-24 18:34
こんばんわ。
小魚を銜えてますネ。
カワセミは、警戒心が強くて一度しか撮った事ありません。
冬は、一層 羽が綺麗になるそうで。。。
カワセミも野鳥ずきなnenemuさんを知っているのかナ~。
Commented by matsu_chan3 at 2013-11-24 18:34
こんばんは
飛ぶ宝石と呼ばれるカワセミの美しさは一番です。
長い時間粘っているカメラマンも多いでしょうね。
いい枝にとまりナイスショットです♪
Commented by 一炊の夢 at 2013-11-24 18:54 x
待ってもなかなか撮れないのに・・・・内心ほくそ笑むの心境かも
目にキャッチライトも入って、構図も絶妙・・・「目のりんとしたお嬢さん」もさぞかし満足満足ですね。

魅せて頂きました。
Commented by あだっちゃん at 2013-11-24 20:50 x
カワセミを綺麗に撮りましたね。
最近、カワセミとオオタカは増えたように感じます。
今日はヘラサギを撮りに行って来ました。
Commented by h6928 at 2013-11-24 22:11
カワセミって本当に一生懸命撮っている人がいるんですね。
もう、他の鳥には目もくれないような。
でも、撮影には運もあって、幸運の女神様がほほえんでくれないことにはね。
日頃の精進が幸運の女神様を招くのでしょうか。

市川のあの場所が脳裏に蘇ります。
Commented by nobumaki at 2013-11-24 22:19 x
バズーカ砲の諸氏が、じだんだ踏んで悔しがりそうな話ですね。
昨冬に聞いた話では♂1羽♀2羽しかいないそうですが、、、
うまく繁殖していればいいなぁ。。。
今日の情報によると筑波山に雪が積もる頃、大町にも冬鳥がやって来るそうです・・・
じつは私も大町にいたのです(^^;
今日は人が多かったのですれ違っても分からなかったでしょうね。。。
Commented by rabi0331-e at 2013-11-24 23:26
カワちゃん、よく撮れていますね~^^v
私もたまに、長時間待ち続ける人の輪に混ざっていますが、ふらっと来ていい瞬間をゲットされる方もよく見かけます。
不思議とカワセミを写される方はカワセミ一筋の方が多くて、私はハンパ者ですね^^;
魚狗という呼び名は初めて知りました。
賢治もこの姿を見ていたんですね~^^
Commented by nenemu8921 at 2013-11-25 00:15
ど★れどれ さん。
狙って撮ったわけではないので、イマイチですが、
出会えて素直に嬉しかったです。
Commented by nenemu8921 at 2013-11-25 00:19
saitamanikkiさん。
犬も歩けば、棒に当たるというところです。(^_-)-☆
傍らで、小さな少年がしきりに話しかけるので、飛び込むところは一瞬遅れて、
青いかたまりが写っていただけでした。とほほ。
その後、眼の前の枝に止まったのです!!
Commented by nenemu8921 at 2013-11-25 00:26
matsu_chanさん。
カワセミを撮るような機材ではないので、いつもは通り過ぎるだけです。
今回はハンノキの枝が比較的近かったので、立ち止まったのでした。
ラッキーでした!
Commented by nenemu8921 at 2013-11-25 00:29
一炊の夢さん。
内心ほくそえむには、環境がイマイチですね。
カワセミはいい写真をたくさん見ているので、この程度ではまだまだです。
でも、もちろん嬉しかったのですが。。。
Commented by nenemu8921 at 2013-11-25 00:31
あだっちゃん。オオタカとカワセミは都市公園の定番の野鳥ですね。
それでも、人気らしくて、人が多いのに驚きます。
ヘラサギ、拝見するのを楽しみにしています(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2013-11-25 00:37
h6928さん。
ほんとうにカワセミファンって多いですね。
ダイビングとか、求愛給餌とか、ワザを競う要素があるからかしら。
こちらへお出かけの際はどうぞ、ご連絡ください。
いま、動物園の隣の紅葉山が一般開放されています。
でも、群馬の方が紅葉の名所はいいところがいっぱいありますね。

Commented by nenemu8921 at 2013-11-25 00:42
nobumakiさん。
増えていると思いますよ。でもテリトリーが。。。
狭いですものね。
あら、大町にいらしたのですか?
会いたかったわア。でもお互い撮影に夢中!でしたね(^_-)-☆
ルリビタキもまだ入っていないようだとか、聞きましたが。。。
そろそろでしょうね。
Commented by nenemu8921 at 2013-11-25 00:52
rabiさん。
カワセミ一筋ですか。そうですね。そんな感じですね。
賢治はカワセミを見ていたか、どうかな?
大部な図鑑を見ていたのは確かです。
当時は双眼鏡もありませんでしたし、小さな鳥ですし、
現在より野鳥は用心深かったと思います。
童話にも度々登場させていますから、気になった鳥ではあったと思います。
その生態とか、姿かたちとか。
Commented by tsukey at 2013-11-25 10:02 x
おはようございます
相変わらず上手に撮られてますね。
カワセミも、綺麗に撮れたためしがありません。
小鳥は、どうしても望遠が必要になるから、はまらない
ようにしてます(~_~;)
Commented by nenemu8921 at 2013-11-25 11:55
tsukeyさん。
たまたま200ミリの望遠を装置していたので、1,4倍のテレコンをつけて撮りました。
400ミリはほしいけれど、わたくしには重過ぎます。
ですから、わたくしも嵌まらないようにしていまーす。(^_-)-☆
Commented by sdknz610 at 2013-11-25 15:48
カワセミ!餌咥え、お見事!こうなると・・・カワセミにゾッコンですよね。
もう逃げられない!ご注意下さい♪
目のりんとしたお嬢さん・・・いいな~♪
Commented by ミチ at 2013-11-25 17:08 x
カワセミのお嬢さん・・・よく撮れてますね。私も好きな鳥です。

夕ぐれも晩秋が感じられ素敵です。
Commented by Sippo5655 at 2013-11-25 21:48
なるほど、そこで見分けるのですか~。
お嬢さん 美人さんですね(*´∀`*)
カワセミなかなか会いたいと思っても会えません。
個体数自体が少ないのかな・・・?
実に囲まれる風情もまた素敵ですね!
Commented by nenemu8921 at 2013-11-26 06:52
samさん。見つかってしまいましたね。
カワセミの飛び出しのすごいショットを拝見して……。
鳥撮りはお任せします。(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2013-11-26 06:54
ミチさん。
かわせみのお嬢さん、ミチアです。
妹みたいなものでしょうか。(^.^)(^.^)
Commented by nenemu8921 at 2013-11-26 07:05
sippoさん。トチの葉のアート、拝見していますよ。
すごいコメント数なので、遠慮しながら。。。(^_-)-☆
カワセミはテリトリーを持つ鳥ですから、一定以上の数にはなりませんが、
都会では、一時代前に比べると、確実に増えていると思います。
水辺では、どこにもいるなあという印象です。
気にかけていると、きっと出会うことがあるとおもいます。
by nenemu8921 | 2013-11-24 16:22 | 鳥・動物 | Comments(24)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921