北海道で出会った植物 ②

北大では、ナナカマド、ライラック、ニワトコが目立ちました。
サラサドウダンがかわいかったです。 日本固有種なのですね。
c0104227_17404878.jpg
サラサドウダン(ツツジ科ドウダンツツジ属)Enkianthus campanulatus 更紗灯台

これは苫小牧の街角で街路樹のように植栽されていました。利休梅ですね。
c0104227_17395290.jpg
リキュウバイ(バラ科シモツケ亜科ヤマザクラ属)Exochorda racemosa 利休梅

小さな小さな花をつけていましたが、名前がわからない。北大で。
長い棘がまばらにありました。ご存知の方がいらしたら、ご教示ください。

c0104227_17411836.jpg

追記
メギと教えていただきました。
マングースさん、tamayamさん、ありがとう。
メギ(メギ科メギ属)Berberis thunbergii 目木


ナナカマドです。この木は東北でよく見かけるのに、賢治作品に登場しないのは不思議です。
c0104227_17415776.jpg
ナナカマド(バラ科ナナカマド属) Sorbus commixta 七竈

ヤマツツジというけれど、街中にも多かったです。
c0104227_17124513.jpg


c0104227_17401186.jpg
ヤマツツジ(ツツジ科ツツジ属) Rhododendron kaempferi 山躑躅 


北海道ではゆっくり撮影はできませんでしたが、久しぶりの知人友人に出逢えていい時間を裾しました。
Commented by マングース at 2014-05-31 01:54 x
こんばんは。
さすが北海道は生えている植物が違いますね~。
きっと秋の紅葉も鮮やかなんでしょう^^
小さな黄色い花を着け長い棘がまばらにある植物ですが
メギに似ている気がしますが。。。
このところに気温をニュースで見ると、北海道だからと言って
涼しいわけではなさそうですね^^;
Commented by kana at 2014-05-31 12:27 x
ナナカマドは、花も実も楽しめて、写真の撮りがいがありますね。
更紗灯台、七竈、山躑躅、etc・・・ 植物の名称の漢字は、ムズカシイです。 
Commented by tamayam2 at 2014-05-31 18:05
3枚目の黄色の花は、メギ科の植物、berberisです。
ヒロハヘビノボラズ等かメギそのもの。西洋ではベルベリッツ
と言いよく見かけるものです。
Commented by nenemu8921 at 2014-06-01 21:23
マングースさん。
ありがとうございます。頼りになりますね(^_-)
メギですか。検索してみると、やっぱりそうですね。
日頃、あまり目にしない植物です。気が付かないだけかも……。
ヘビノボラズなどは赤い実を見たことがあります。
やはり高山植物みたいですね。
どうか、今後ともよろしく(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2014-06-01 21:26
kanaさん。
本当に植物の和名は書けない文字ばかりです。
PCの変換がなかったら、途方に暮れますね(^_-)-☆
写真展、楽しみですね。水元も。(^_^)
Commented by nenemu8921 at 2014-06-01 21:31
tamayamさん。ありがとう。
さすが、あなたの視点はインターナショナルですね。
検索したら、実を食するところもあるようですね。
ボルシチに入れるとか。
和名がコトリトマラズとか、ヘビノボラズとか、物語性があって面白いわねえ。
by nenemu8921 | 2014-05-29 17:45 | 植物 | Comments(6)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921