米澤周辺で出会った植物ー草木塔

白布温泉へ行く前に、Hさんが米沢市内の面白いところをいろいろご案内くださいました。
草木めぐりと呼びたいような、たいそうユニークなガイドで、この土地の歴史と風土、植物に
まつわる解説を伺いながらのドライブでした。

草木塔をご存知ですか?
「草木供養塔」あるいは「草木塔」とは、自然を畏れ敬い、自然の恵みに感謝し、草木の命をいとおしむ山形の風土文化を特徴づけるものだそうで、山形県置賜地区を中心に江戸時代から信仰された独自の文化だとか。

1、梓山の草木塔。近くには祠もありました。
c0104227_225885.jpg


2、こちらは平成17年に建立されたもの。現代も草木に対する畏敬の念は変わらないということでしょうか。
c0104227_2382098.jpg


3、ある農家の入り口の堰のわきにそびえていたさいかちの巨木。
c0104227_23393718.jpg


4、Hさんも写ってしまいました。いかに大きな樹木か、わかるでしょう。
c0104227_2340764.jpg


5、さいかちの木には鋭い大きな棘が生えています。
c0104227_23403817.jpg


「風の又三郎」では、
(略)
「石取りさなぃが。」と云いながら白い円い石をひろいました。
「するする」こどもらがみんな叫びました。
 おれそれでぁあの木の上がら落すがらな。と一郎は云いながら崖の中ごろから出ているさいかちの木へするする昇って行きました。そして
「さあ落すぞ、一二三。」と云いながら、その白い石をどぶーんと淵へ落しました。

という場面がありますが、さいかちの木はするする登れるのは難しいだろうなと思います。
棘もあるし、木の形がこんな風にごつごつしています。
これまで多くのさいかちの樹木を見たけれど、みなこんな感じです。
研究者も地元の人も誰もこのことを指摘していないのは不思議な気がします。

6、この農家の母屋の入り口にはこんな大きなトチの木が風に揺れていました。。
花の時期はさぞ見事でしょうね。
c0104227_2341314.jpg


7、トチの実が実っていました。
「鹿踊りのはじまり」を思い出しますね。、
そこで嘉十も、おしまいに栃の団子をとちの実のくらい残しました。
「こいづば鹿さ呉でやべか。それ、鹿、来て喰。」と嘉十はひとりごとのように言って、それをうめばちそうの白い花の下に置きました。

c0104227_23414146.jpg


8、ヤマガキというそうです。柿渋をとるというマメガキに似ているなと思いました。
Hさんの勤務先の国立米沢病院に案内いただきました。園内で。
c0104227_1424580.jpg


9、ここにはオカトラノオの群落が自生していました。
c0104227_151152.jpg


10、こんなに美しい!!
c0104227_1514795.jpg


11、ママコナもたくさん咲いていました。
c0104227_157485.jpg


12、コウゾの実も見つけました。和紙の原料にする楮ですね。
c0104227_291222.jpg


13、ノリウツギも好きな花です。
c0104227_2101331.jpg



明日へ続きます。
Commented by ha128256ak at 2015-07-12 18:07
立派な巨木がある所にはあるんですね。
暫く、巨木巡りをしていません。
Commented by rindon3190 at 2015-07-12 20:02
手つかずの自然豊かな山麓めぐりができて羨ましいです。
巨木を実際に目の当りにみると圧倒されますよね。
オカトラノオの花がきれいですね。
シリーズで自然豊かな風景を
沢山みさせていただきました。
Commented by 自転車親父 at 2015-07-12 23:30 x
こんばんは。
やはり北ですから少し遅いかな。
オカトラノオはこちらではすっかり終ってますよね。
水元公園にヌマトラノオがありますが終ってます。
コウゾの実は良く知ってますよ。
木苺みたいな感じですね。
Commented by gigen_t at 2015-07-13 11:36
メニューが豊富で どれにコメント差し上げたら良いものやら迷います、草木塔 について、 山形の大江町 に神通峡 なる渓谷があり 此処にも 草木の 供養等がありました、 古人は 山川草木全て に畏敬の念を抱き 大切にして来たようですねー、 それから トチ これを食べられるようにするには 大変な労力が必要なようです。かつて 飢饉の時には 非常食であったと 聞いております。今でこそ 食べ物は コンビニを含め スーパー等で 簡単に手に入りますが、
Commented by nenemu8921 at 2015-07-13 15:47
あだっちゃん。
巨木巡りですか。観光イベントでしょうか。
東北ではこんな巨木、古木が日常生活の中にあります。
すごいね(@_@)
Commented by nenemu8921 at 2015-07-13 15:50
rindonさん。
巨木は見るのは感動的ですが、撮るのはむずかしくて感動させる写真は撮れませんねえ。
オカトラノオも都会で見ると、立派な園芸種っぽいのが多いけれど、
ここではホント、野の花という風情でした。
Commented by nenemu8921 at 2015-07-13 15:53
自転車親父さん。水元のヌマトラノオは好きですよ。
今年はもうおしまいですか? 
東北は季節のめぐりが遅いですよね。
よくご存知ですね。
楮はそういえば、小石川植物園で見たことがありますよ。
どこにでもある植物ではないでしょう。
Commented at 2015-07-13 15:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nenemu8921 at 2015-07-13 16:20
gigenさん。どうもこのあたりはgigenさんのお住まい地続きのようで、
文化風俗が似ている面もあるようですね。
gigenさんに親近感を感じて嬉しいです。
草木塔はほとんどが山形県に集中しているようです。
草木も含めて生きとし生けるものを敬う心はアミニズムにも、
宮沢賢治の世界にも繋がりますね。
トチの実は灰汁を抜くのがたいへんだそうですね。
昔の人は気が遠くなるほど根気強かったのですね。

Commented at 2015-07-13 16:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nenemu8921 at 2015-07-13 16:24
鍵コメさん。ご丁寧な返信をありがとうござます。
曇り日に花を撮れと、よく言われますが、
雨降りのときはカメラや機材がたいへんだろうなと思ったのでした。(冷や汗)
雨ならではの風情を狙ってのことかと思いました。

Commented by nenemu8921 at 2015-07-13 16:33
2番目の鍵コメさん。
サイカチはカラタチの棘より細くて長いのよ。
カラタチの棘はかなり太いでしょう。
でもまあ、棘は木登り向きではないですよね(^_-)-☆
楮の実はほんと、甘そうですね。
ジャムにするほどたくさんなっているのを見たことはありませんが。
ブログメイトですか。なんだか、面白そうですね。
新しい楽しいこと見つけるのが上手ですね(^_-)-☆
気軽になさいませ。



Commented by matsu_chan3 at 2015-07-13 17:49
こんにちは
オカトラノオの群生はすごいですね。
これほどの群落は見たことがなく先日わずかの
オカトラノオを見つけ撮って来ました
Commented at 2015-07-13 19:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kana at 2015-07-13 21:52 x
さいかちの棘、とっても痛そう(>_<) 何のためにあるのでしょうね。
オカトラノオの群落は、目の前で見てみたいです。
Commented by h6928 at 2015-07-14 08:42
大きな木って、ただ木だけ写しても大きさが掴めませんけど、
人物が入ると実感として理解できますね。
サイカチの棘は、最初見たときは異様さに驚いたものです。
なんでこんなにしつこく!! って言いたいほど、
幾重にもトゲトゲしているんで。木登りはしたくありませんよね。
オカトラノオのこんなに群生しているのは、最近見かけなくなりました。
Commented by nenemu8921 at 2015-07-15 01:32
matsu_chanさん。
ご無沙汰しました。あれこれはかどらないのですよ。
オカトラノオ、いい花ですよね(*^_^*)
明日ゆっくり訪問させていただきますね。
Commented by nenemu8921 at 2015-07-15 01:32
鍵コメさん。ごていねいに恐れ入ります。
Commented by nenemu8921 at 2015-07-15 01:34
kanaさん。すごい棘ですよね!
樹木には樹木の事情があって、棘もあるのでしょうね。
オカトラノオは水元公園で見ることができます。
来年、ぜひ見てくださいね(*^_^*)
Commented by nenemu8921 at 2015-07-15 01:38
h6928さん。さいかちは棘もすごいけれど、莢もすごいですよね。
下に去年の大きな黒い莢がいっぱい落ちていました。
絵にならないので撮影しませんでしたが。。。
古木になると棘はないというお説も聞いたことがありますが、こうしてみるとそんなことはないですね(^_-)

by nenemu8921 | 2015-07-12 02:23 | 植物 | Comments(20)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921