志賀高原で出会った植物②

たくさんの植物に出会って嬉しくて、パチパチ撮りましたが、
PCで確認すると、写真として、いいものは少ないものですね。(>_<)
なんだか、がっかりしてしまいましたが、記録として残したいので、お付き合いください。

1、ゴンドラを降りたところで出迎えてくれたカワラナデシコ。やっぱり色っぽいかなあ。
宮沢賢治は官能のイメージでナデシコのクラシックな呼び名、石竹色という表現をよく使います。

c0104227_22351356.jpg


2、もう花期も終盤といったふうなオクモミジハグマ。
モミジハグマとの違いは判らないなあ。

c0104227_2240189.jpg


3、黄色い花は多かったです。ハクサンオミナエシ

c0104227_22404985.jpg


4、初めて出会ったチョウジギク。群がるように咲いていました。

c0104227_22424634.jpg


5、山でよく出会いますね、マルバダケブキです。

c0104227_22454286.jpg


6、これはご存知ですか?クロバナヒキオコシ(黒花引き起こし)と言います。初見です。

c0104227_22512719.jpg


7、ヒキオコシの名前の由来は、その昔、弘法大師が山道を歩いていると、一人の行者が倒れていました。
それを見た弘法大師はすぐに近くにある草をしぼり、その汁を、倒れている行者の口に含ませたところ、その行者はたちどころに元気をとりもどして旅を続けることができました。
それから、病人を「ひき起こす」という意味で、ヒキオコシと呼ばれたといいます。

小さな小さな花です。何ショットも撮ったのに、どれもピンが甘くて、悔しいな。

c0104227_22542226.jpg


8、ハクサンフウロ
c0104227_235524.jpg


10、こちらはよく似たゲンノショウコ。でも実物はかなり小さいし、目立たない花ですけど。
c0104227_23263067.jpg


11、玉原のブナ林でも出会ったクルマムグラですね。
c0104227_23375695.jpg



つづきも見てね。




つづきです。

12、マルガタハナカミキリは度々見かけました。

c0104227_0301591.jpg


13、白い花がお好みかな?

c0104227_031187.jpg


14、こちらはベニカミキリでしょうか。

c0104227_0321658.jpg

Commented by sheri-sheri at 2015-08-25 09:41
お早うございます。初めまして。佐平次さんのブログより飛んで参りました。山野草や昆虫の写真素晴らしいですね。昆虫の姿は、良くみれば究極の完成されたスタイリッシュな形をしていますね。素敵です。色もとてもかっこよく驚かされました。また度々伺うと思いますが、どうぞよろしくお願いします。
Commented by rindon3190 at 2015-08-25 15:12
オクモミジハグマやチョウジギクは初めて。
ハグマといわれる所以の花びらが綺麗ですね。
チョウジギクはキク科ウサギギク属なんですね。
高山のウサギギクは大好きな花です。
小さい花を撮るのは大変でしたでしょう。
志賀高原の花を沢山みさせていただきました。

Commented by saitamanikki2008 at 2015-08-25 18:12
こんにちは。
志賀高原に行かれましたか。
涼しかったですか。
私が始めて見る小さな花など綺麗に撮りましたネ。
小さい昆虫や花を撮る時は、カメラは、手持ち OR 三脚を使用ですか。
綺麗に撮られているので。。。
Commented by ha128256ak at 2015-08-25 18:14
志賀高原、随分色んな花が咲いているんですね。
ゲンノシォユコの花が咲いていて、高原はもう秋ですね。
このところ、涼しくなって、良かったです。
Commented by okeetyann at 2015-08-25 18:33
nenemu8921 さん今晩は
クロバナヒキオコシ初めてです。いろんなお花楽しませてもらって有難うございます。
今日は台風が心配していましたが、なんとか何事もなく過ぎ去ってくれたらいいのですが?少し心配しています。
Commented by h6928 at 2015-08-25 18:56
石竹色が深く濃く出ていて、神秘的ですね。
ナデシコはついついオーバー目になってしまって、
深い色が出にくいと、諦めてしまうことが多いです。
クロバナヒキオコシの色も、真っ黒じゃないし、
深い色ですね。
マルガタハナカミキリって見たことがないですけど、
逆さまに見るとなんか、人の顔っぽく見えますね。
Commented by nenemu8921 at 2015-08-25 19:39
sheriさん。ようこそ。ありがとうございます。
山野草はどれも小さな地味な花ばかりですが、山で出会うと格別美しく感じるのは
なぜでしょうねえ。
PCで画像を見ると、拙い写真で、出逢ったときの感動がすこし色あせて感じます。(>_<)
どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。


Commented by nenemu8921 at 2015-08-25 19:50
rindonさん。
奥紅葉白熊と丁子菊ですか。
モミジハグウマは以前よく行った花巻の宿で、裏の雑木林に群生していたので覚えました。
名前の由来も面白いですよね。
チョウジギクは実物を見てなるほどと感じました。ウサギギク属でしたか。
ウサギギクはかわいいですね。ここにはミズギクが群生していました。
山はいいなと思いますよね(^_-)-☆

Commented by nenemu8921 at 2015-08-25 20:05
saitamanikkiさん。
志賀高原は涼しかったですよ。
明け方は17度くらいでしたが、日中は暑いですよね。都会の暑さとは違いますが。
わたくしも初めての出会いの花があって、嬉しかったです。
山では三脚は使いません。重いので(>_<) 
風景を撮るときはできるだけ使うようにしていますが。
三脚を使わなかったためにボツにした画像もかなりあります(泣)
Commented by nenemu8921 at 2015-08-25 20:13
あだっちゃん。
志賀高原の方が清里より標高が高いのかしらね。
ゲンノショウコはかわいいですよね。
山では初夏の花も夏の花も初秋の花も見られて、
季節がいっぺんに訪れる様子がわかりますね。
今日は友人の写真展に行ってきましたが、涼しかったですね。

Commented by nenemu8921 at 2015-08-25 20:22
okeetyannさん。ありがとうございます。励みになります。
クロバナヒキオコシは野草に関心がない人から見たら地味なつまらない花でしょうね。
台風、九州方面はたいへんそうですが、関西は大過ありませんように。
こちらも今日は涼しかったですよ。

Commented by nenemu8921 at 2015-08-25 20:38
h6928さん。
高地のカワラナデシコは色が濃いような気がします。
クロバナヒキオコシは全くうまく撮れませんでした。(>_<)
細い枝が揺れ、下向きの小さな花でした。いい色です。
h6928さんだったら、きっとリアルに撮影されると思います。接写の達人ですから!
マルガタハナカミキリ? ほんと、人の顔っぽく見えます(^_-)-☆
Commented by Sippo5655 at 2015-08-25 21:42
野草の名前、ほとんどわかりません・・・
カワラナデシコは、本当に愛らしい そして可憐なお花ですよね。
「ヒキオコシ」そういう由来でしたか。
本当に元気の素がいっぱい詰まっているのかな!
植物の力って、人間が想像する以上に凄いと思っています。
漢方にしたって、みんな大地の恵みをいっぱい吸った植物ですものね・・・
Commented by kana at 2015-08-25 21:57 x
ヒキオコシは、薬草なのですね、名前の由来も興味深いです。
ゲンノショウコは、花だけでなく、熟した実(種)も見てみたいです。
Commented by nenemu8921 at 2015-08-25 22:49
sippoさん。
カワラナデシコは里山で出会うともっと淡い色彩ですよね。
山で出会うとハッとするほどあでやかですね(^_-)-☆
ヒキオコシもハグマも植物の名は面白いですね。

Commented by nenemu8921 at 2015-08-26 23:53
kanaさん。薬草は不思議なネーミングが多いですね。
ゲンノショウコのミコシグサは過去ログで度々取り上げています。
http://nenemu8921.exblog.jp/17022315/ をコピペして見てみてください。(^_-)-☆
by nenemu8921 | 2015-08-25 00:38 | 植物 | Comments(16)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921