カツラの雄花

茂ろうとして
まづ赭 (あか) く灼けた芽をだす桂の木
                 詩〔あちこちあをじろく接骨木(にはとこ)が咲いて〕


c0104227_209491.jpg


c0104227_20104338.jpg


これは木の芽のように見えますが雄花です。雌雄異株です。
カタクリの撮影で立ち寄った泉自然公園で桂の雄花を見つけた。
ここのカツラは秋には美しく黄葉する大木で、小さな雄花は高い枝についているので、
撮影は難しかったが、出逢えてうれしかった。
賢治の詩句とともに、毎年気にかかりながら、花の時期は短いので撮影のチャンスがなかった。
カツラの花には花弁がなく地味で、しかも開葉前にひっそりと咲くため、その存在に気付かない人が多い。
春を待ちわびる東北の人間らしく、さすがに宮沢賢治は早春のこの花を気にしていたのである。

以前黄葉した桂の木をご紹介した記事はこちらをどうぞ。

おまけはリキュウバイです。
c0104227_20435043.jpg

Commented by saheizi-inokori at 2016-04-01 12:38
知らなかったことを教えていただきありがとう。
なんかいじらしいですね。
Commented by nenemu8921 at 2016-04-01 16:03
saheiziさん。ありがとうございます。
いじらしいのは、華やかな春にこんな地味な花を咲かせるカツラの木? 
それを気にかける賢治? それともそんな誰も気にとめない詩句を覚えていた私?
Commented by ha128256ak at 2016-04-01 17:05
リキュウバイは綺麗な花ですね。
今年はお花見に行く気がしないなあ。
桜が満開になったら、花曇り。
Commented by matsu_chan3 at 2016-04-01 20:35
こんばんは
桂の木はこちらでもありますが花はまだ見たことがありません。
リュウキュウバイは清楚で美しい花ですね。
そちらは桜も満開でしょう いいなぁ〜*\(^o^)/*
Commented by 自転車親父 at 2016-04-01 22:00 x
こんばんは。
カツラは雌雄別でしたか。
カツラの葉は好きですね。
独特の若葉で凄くきれいです。
リキュウバイを昨日撮りました。
小石川にはオオリキュウバイの大木がありますよ。
その隣にこれまた巨大なハナズオウがあってびっくりします。(笑)
Commented by kana at 2016-04-02 21:16 x
リキュウバイの花期は、今頃の時節なのですね。
かわいらしい花ですね、私も近所で探してみようと思います。
Commented by nenemu8921 at 2016-04-02 21:17
あだっちゃん。
花曇りの日がつづき、モチベーションが落ちますねえ。
花見の気分にならない…。同感です。
Commented by nenemu8921 at 2016-04-02 21:20
natsu_chanさん。カツラの花はこのように目立たないので、たいていの人は気づきません。
桜は満開になったところとまだ咲きそろわないところとあります。
温かいと言われる千葉ですが、東京より開花は遅れています。
Commented by nenemu8921 at 2016-04-02 21:28
自転車親父さん。
カツラの葉を好む人は多いですね。
リキュウバイは、和の花ですね。
ハナズオウはびっしり花がついて、ひいてしまうことがありますよ。
Commented by nenemu8921 at 2016-04-02 21:32
kanaさん。リキュウバイは北海道の苫小牧で街路樹のように植栽してある通りがあって、驚きました。
1輪だと茶花にしたいような趣がありますが…。

by nenemu8921 | 2016-04-01 11:25 | 植物 | Comments(10)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921