桐の花咲き

風木々の梢にどよみ桐の木に花咲くいまはなにをかいたまん
                      (歌稿A)116

c0104227_11543964.jpg


雲はいまネオ夏型にひかりして桐の花桐の花やまひ癒えたり
                      (歌稿B)117

c0104227_11533212.jpg


雲ははや夏型なり
ネオ夏型なり
熱去りしからだのかるさに桐の花咲き 
               (歌稿B)117異稿

c0104227_1154310.jpg


桐の木のねがひはいともすなほなれば恐らくは青ぞらにきかれなんぞ
                         (歌稿A)749

c0104227_11523967.jpg
jキリ(キリ科キリ属)Paulownia tomentosa 桐



歌稿116,117は、宮沢賢治が盛岡中学校を卒業し、盛岡市岩手病院で肥厚生鼻炎の手術を受け、
退院した頃の短歌。
看護婦に恋をし、実らず、進学を許されず、家業には熱が入らず、鬱々とした日々を送っていた時期である。
「いまはなにをかいたまん」は、「今は何をか悼まん」で、わが心の想いを悼む心境が見て取れる。
「雲はいまネオ夏型」は、ネオは新しいの意。今年初めての夏雲は病み上がりの身にはまぶしかったのか。
桐は高さ10mにもなり、5~6月に、枝先の花序に大型で紫色の花を多数つけ、芳香がある。
今年は、草花も木々の花もみな開花が早くて、散るのも早い。
出先で、思いがけず、見つけた。
もう、花はぽたぽたと地面いっぱいに落花し、踏みしだかれ、無残だった。
Commented at 2016-05-04 18:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 自転車親父 at 2016-05-04 19:07 x
こんばんは。
桐の花ですか。
美しいですね。
色が素敵ですよ。
キササゲなどの花に似ていますね。
Commented by nenemu8921 at 2016-05-04 19:51
鍵コメさん。お晩です。
桐の木は民家の庭先に多いようですね。女の子の嫁入り道具用でしょうか。
やはり広角でしたか。17~40㎜を私は時々使います。




Commented by nenemu8921 at 2016-05-04 19:53
自転車親父さん。この樹は大きくなり、高いところに花がつくので
気づかれないことも多いようです。
キリ科としましたが、分類によってキササゲと同じノウゼンカツラ科にすることもあります。
Commented by matsu_chan3 at 2016-05-04 20:15
こんばんは
桐の木は滅多に見れない樹木ですがこちらでも育っています。
花も見たことがありますが・・こんなに綺麗だったかな!
Commented by nenemu8921 at 2016-05-04 23:53
桐の木、北海道にもありますか。
日本中どこにもあるのかな。
花もきれいですが、実も面白いですよね。
Commented by くろさく at 2016-05-05 00:04 x
桐の花 実は我が家の家紋でもあります。

今まで何気なく見ておりましたが、改めてお写真を拝見して納得しました。ありがとうございました。
Commented by h6928 at 2016-05-05 08:35
桐の花が撮れて良かったですね。
細かい毛まで逆光気味で写っていて、とてもきれいです。
高い木なのにここまでアップにできるのはすごいと思いました。

昨夜、コメントしようとしたら、
見ることはできても送信欄が反応しなくてできませんでした。
また例によって突発的な不具合があったみたいですね。

そんなわけで、遅くなってしまってごめんなさい。
Commented by nenemu8921 at 2016-05-05 09:21
くろさくさん。
まあ、桐の家紋ですか。高貴な家柄なのかな。
花札の桐の図柄があるでしょう。
あんな感じかしら。
あんな風に撮りたかったけれど、難しかったです。
Commented by nenemu8921 at 2016-05-05 09:28
h6928さん。ありがとうございます。
思いがけず、行き会えてうれしかったです。
(少し北の地方へ行けば、撮れるかなと思っていました。)

不具合がありましたか。
編集も投稿もやっぱり思うようにいかず、時間がかかりました。
もう少し、エキサイト・ブログ、しっかりしてほしいです。
Commented by okeetyann2 at 2016-05-05 18:15
桐の花はこちらでも、車を走らせていたら時々見つけることが
できます。桐のタンスになるのですもの。
伊勢湾台風の時、箪笥の上まで水をかぶったのですが、桐のタンスの中は全部無事でした。(私の家は助かりました)
私のところの母が嫁入り道具の桐のタンス洗ってもらい、いまでも姉が使っています。80年ぐらい経つでしょうね。くだらない話でごめんなさい。
Commented by nenemu8921 at 2016-05-06 21:39
okeetyannさん。
こちらのコメントに気づかず、ごめんなさい。
そうですか。桐のタンスの中は無事でしたか。すごいなあ。
伊勢湾台風のときですか。昭和34年でしたか。
母のところにも桐たんすがありますよ。洗うというのですか?
母は削ってもらったとか、言っていました。
新品みたいになるでしょう。(^_-)-☆

by nenemu8921 | 2016-05-04 14:16 | 植物 | Comments(12)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921