アカシヤの木

アカシヤの木の洋燈(ラムプ)から
風と睡さに
朝霧も月見草の花も萎れるころ
鬼げし風のきもの着て
稲沼(ライスマーシュ)のくろにあそぶ子
            詩〔アカシヤの木の洋燈から〕


c0104227_20442760.jpg


c0104227_20453824.jpg


c0104227_20451499.jpg
ハリエンジュ(マメ科ハリエンジュ属)Robinia pseudoacacia 針槐 別名ニセアカシア、アカシア

「アカシヤの木の洋燈」は房状に垂れる花を灯りに見立てたもの。
稲沼(ライスマーシュ)は水田のこと。くろは田の畦。オニゲシはオリエンタルポピーのこと。
農村の初夏のありふれた風景も、賢治のイーハトーブ用語に置き換えて翻訳されると、
新鮮な別の世界が立ち上がってくるようです。
この口語詩の断片は、晩年手を入れられて文語詩に改作され、口語詩では描かれなかった
屈折した心情が盛り込まれている。

宮沢賢治はこの花がお気に入りで、しばしば洋燈(ランプ)のイメージで登場する。
高い木が多く、いつも風に揺れていて、なかなかよい撮影ができなかった。
今回は手賀沼周辺でランプのイメージを撮影する機会に恵まれた。

アカシヤは、標準和名ハリエンジュのことである。以前にも紹介したが、簡単な解説をもう一度どうぞ。

ニセアカシアとアカシアとハリエンジュ
明治期に日本に輸入された当初は、このニセアカシアをアカシアと呼んでいた。後に本来のアカシア(ネムノキ科アカシア属)の仲間が日本に輸入されるようになり区別するためにニセアカシアと呼ぶようになったが、標準和名はハリエンジュである。托葉の変化したトゲが目立つという特徴からである。
アカシヤという流通名が定着していて、札幌のアカシア並木も、アカシア蜂蜜として売られているものも、西田佐知子のヒット曲『アカシアの雨がやむとき』、石原裕次郎のヒット曲『赤いハンカチ』や北原白秋の『この道』に歌われる"アカシアの白い花"や、2000年代に入ってからは松任谷由実の『acacia (アケイシャ)』やレミオロメンの『アカシア』もすべてこのニセアカシアを歌った曲である。
もちろん、われらが賢治が洋燈と喩えたアカシヤもこのニセアカシアのことである
Commented by h6928 at 2016-05-11 10:34
ハリエンジュの花も青空に抜くとスッキリしてきれいですね。
いっぱい咲いていると、単純なボクなどはついつい雑に撮ってしまい、
ここまで背景を考えないで妥協してしまいます。反省です。

名前の変遷、こんなにコロコロ変わってきた植物って珍しいですよね。
それで結果的に、アカシアともエンジュとも属違いの名が付いたのでは、
口のきけない本人(?)が知ったらどう思うのでしょうね。
この先また名前が変わったりする?かな?
Commented by warutorawa at 2016-05-11 12:20
こんにちは
賢治のアカシアって(ニセアカシア)だっだのですね。
はじめて知りました。確かにアカシア(ミモザ)などは耐寒性があまりないですからねー。
写真を拝見すると花も葉もマメ科ですよね、花房などはルピナスを吊るしたようにも見えますし・・・^^
賢治はシャンデリアでも連想したんですかね?
写真とても綺麗です。
Commented by saheizi-inokori at 2016-05-11 13:30
そうなんですよね、何べん聴いてもどっちがどっちだったかわからなくなる。
赤なら酸性、というのはセキサンという人がいたので覚えましたが。
Commented by nenemu8921 at 2016-05-11 15:27
h6928さん。
植物の名前は時代の風によって、受けやすいものと、そうでないものとありますね。
大衆は学名なんか、気にしませんものね。
万葉集でうたわれている植物は多くが現在の標準和名とは違うでしょう。
賢治はまた独特で、ヘンに正確な学名を使いたがることもあれば、響きのよい地方名や俗名、英語やフランス語まで駆使するので、やれやれ…と思います。(笑)
文学と植物図鑑と違うということでしょうか。
それにしても、まあ、振り回されますね(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2016-05-11 15:33
warutorawaさん。ようこそ。
花巻の北上川岸の朝日橋付近には、大きなこの樹がたくさんありますね。
いつも風が強くて、写真を撮れたことがありません。(>_<)
賢治はランプとルビをわざわざふっていますから、シャンデリアのようにゴージャスなものではなく、カンテラのような灯りをイメージしたのではないでしょうか。
肉眼で大きな樹木を下から見上げれば、そんな感じもします。
画像、ありがとう。励みになります。
Commented by nenemu8921 at 2016-05-11 15:49
saheiziさん。あはは。
赤なら酸性、セキサン!は、よかったデスね。
何事もシンプルでありたいものですが、この世の真実は単純でない面もあります。
Commented by nobumaki at 2016-05-11 16:48 x
手賀沼遊歩道でたくさん見ることができましたね。
私も撮っては見たものの、ボツにしました。
先にお手本を見ていればもう少しマシに撮れたかも…
ニセアカシアの豆知識もおもしろく拝読しました。
この強風ですっかり落ちてしまいそうですね(>_<)
Commented by ha128256ak at 2016-05-11 18:22
ニセアカシアの花の天婦羅を今年は食べました。
嚙んだ時に香りを感じます。
それほど美味しいものではありませんが、季節感を感じます。
Commented by nenemu8921 at 2016-05-11 20:51
nobumakiさん。
アカシアを撮りたくて行ったのですよ。
思ったよりたくさん木があって、満開で嬉しかったです。
いい香りですね。
白藤にも似ていますが、蔓でないのでランプの雰囲気が出ます。(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2016-05-11 20:54
あだっちゃん。
アカシアのてんぷらは、ほんのり甘かったです。
2,3年前、信州のお蕎麦やさんでいただきました。
この花は蜂蜜としても有名ですよね。
Commented by kana at 2016-05-11 22:07 x
初夏らしい(都心では夏日のような気温?)青空と、
ニセアカシアの白さが際立って、気持ちが良いです。
それにしても、名前も見分け方の区別も、ややこしいです・・・。
Commented by 自転車親父 at 2016-05-11 22:58 x
こんばんは。
ニセアカシアですね。
私はハリエンジュって覚えましたね。
マメ科の花では皆似てますね。
とても綺麗な花です。
Commented by 風太郎 at 2016-05-12 19:44 x
こんばんは
今日は突然の出会いに驚きでした
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
Commented by nenemu8921 at 2016-05-12 23:30
kanaさん。
初夏らしい青空と白い雲、ネオ夏型ですね。ヽ(^o^)丿
植物学者ではないので、名前にこだわらず、撮影をたのしみましょうね。
Commented by nenemu8921 at 2016-05-12 23:31
自転車親父さん。
ニセアカシアとか、ハリエンジュと知っている方は植物に詳しい方だと思います。
私は白い藤に似ているなあと思いました。

今日は出先で憧れの写真の達人に出会いましたよ!!
↓ さっそく声をかけてくださった風太郎さんです。
お話もできたし、いろいろご教示もいただき、
すごく素晴らしい一日になりました。
自転車親父さんのおかげです。感謝です!!
Commented by nenemu8921 at 2016-05-12 23:32
風太郎さん。さっそくのコメント、ありがとうございます。
今日はいい一日でした。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
いろいろ教えてくださいね。楽しみです。
by nenemu8921 | 2016-05-11 09:59 | 植物 | Comments(16)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921