ハマナス

朝顔よりはむしろ牡丹(ピオネア)のやうにみえる
おほきなはまばらの花だ
まっ赤な朝のはまなすの花です。
  ああこれらのするどい花のにほひは
  もうどうしても 妖精のしわざだ
            詩「オホーツク挽歌」

1、
c0104227_205448.jpg


2、
c0104227_18552385.jpg


谷津バラ園で花の会の撮影会がありました。
はまなすは数多いバラの中でも格別香りが高いですね。
「オホーツク挽歌」は樺太の栄浜で、賢治が妹を偲んで歌ったもの。1923年8月4日の日付がある。
はまなすよりはまばらの方が、言葉の響き、イメージがいいですね。
言い換える、あらたにネーミングするのも賢治文学の手法であり、マジックですね。

撮影したこの日は晴天の週末。バラはほぼ満開を過ぎたところ。大勢の人の姿がありました。

ピンク系のバラを中心に撮りました。
「こっちを見て」と囁くように、一輪の花に光が当たっていましたから。

3、
c0104227_18541199.jpg


4、
c0104227_18545259.jpg


5、
c0104227_18553830.jpg


6、
c0104227_18555681.jpg


7、
c0104227_1856356.jpg

Commented by h6928 at 2016-05-19 09:30
とても清々しいバラたちですね。
こんな風に撮ってもらえるバラは幸せだと思います。
背景のぼかし具合が絶妙で、主役が引き立ちますねぇ~。
ハマナスって、オホーツクのイメージと繋がりますね。
ボクのは戸川幸夫の『オホーツク老人』からですけど。
この小説から森繁久彌さんが主役を演じた映画『地の果てに生きるもの』
に繋がり、ヒット曲『知床旅情』が生まれたとか。
Commented by 風太郎 at 2016-05-19 11:01 x
nenemu8921さん

こんにちは
薔薇の花の季節になりましたね
背景の処理が上手ですね、背景をぼかした花が活き活きしておりますよ
優しい雰囲気のある花に魅せられてしまいそうです。
Commented by ha128256ak at 2016-05-19 18:07
谷津バラ苑、今度の秋には行ってみたいと思っています。
バラとシギチが一緒に撮れるのは良いですね。
Commented by くろさく at 2016-05-19 21:11 x
こんばんは
実はやってしまいました。日曜日重い機材を担ぎ、朝9時に谷津バラ園の前に行きましたが、お馴染みさんの姿が全く無く、 心配になり携帯の予定表を確認するとガーン。
撮影例会は昨日でした。思い込みとは恐ろしいもので、やれやれです。
当然その日はモチベーションも上がらず、一枚も撮らずに退散した次第です。
自分はバラの撮影が苦手で、皆さんの作品が大変勉強になります。これからもよろしくお願いします。
Commented by kana at 2016-05-19 21:52 x
今年は、バラ園という処へ行っていません。
混雑は承知ですが、年に一回は行ってみたいものです。
Commented by 自転車親父 at 2016-05-19 22:01 x
こんばんは。
ハマナス、ハマナシとも言いますね。
こちらのバラ公園でもありますが。
もう終りました。
バラよりも少し早いですよね。
Commented by warutorawa at 2016-05-19 22:41
こんばんは。
ハマナスの薄い花びらの質感がとても綺麗です。
実の方は、果物と思ってかじると微妙ですが、野菜と思えば結構おいしく感じます(笑)
賢治の魂の旅は、いつも最北へと向かうようですね!
最後は気圏を抜けて宇宙へと...限りなく深く青い世界。
不思議です。
Commented by nenemu8921 at 2016-05-19 23:39
h6928さん。ありがとうございます。
ハマナスはオホーツクのイメージと繋がりますか?
私が10年前に訪れたときは、栄浜は荒涼としていました。
ですからチェホフの「サハリン島」を思い出しました。
戸川幸夫の世界はいいですよね。(^_-)
賢治も他の作品では描いていますが、このあたりはヤナギランの印象が強かったです。
Commented by nenemu8921 at 2016-05-19 23:49
風太郎さん。
バラは誰もが撮りたい被写体だと思いますが、新鮮な作品に仕上げるのは至難です。
どうしても、どこかで見たようなバラになってしまいます。(>_<)



Commented by nenemu8921 at 2016-05-19 23:53
あだっちゃん。
バラ園の臨時駐車場のすぐ隣が干潟です。
観察センターの対岸ですが。
秋バラと鳥たちの秋の渡りをぜひお楽しみください。ヽ(^o^)丿
Commented by nenemu8921 at 2016-05-19 23:59
くろさくさん。
あらら。心配していました。私も確認して出かけたのであります。
繊細ですね。撮らなかったの? 
そういう時は昨日誰も撮れなかった薔薇を撮ってやろうと思わねば…。
私もバラは大好きですが、撮影は苦手です。
Commented by nenemu8921 at 2016-05-20 00:00
kanaさん。お仕事がお忙しいのでしょう。
大丈夫よ。秋バラがありますよ。
その時はきっといい作品が撮れますよ。
ゆったりしたお気持ちになって。
Commented by nenemu8921 at 2016-05-20 00:09
自転車親父さん。
浜茄子は白い花の方が香りがずっと強いです。
はまばらという表現がすてきだと思いました。

Commented by nenemu8921 at 2016-05-20 00:23
warutoirawaさん。
実はジャムにすると美味しいと聞きましたが、味見の機会に恵まれません。(笑)
いつか、きっと。(^_-)
賢治の北方思考ということがよく言われますが、現実には都会の文化に敏感だった一面があると思います。
当時のサハリンは花巻や盛岡よりずっと大きな都会でした。
by nenemu8921 | 2016-05-19 00:13 | 植物 | Comments(14)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921