古いお寺で

目的のお寺に行きつかず、立ち寄った小さなお寺で、出逢った花。

オオバギボウシでしょうか。花期は終盤。きれいなところだけ切取りました。
c0104227_1161462.jpg


c0104227_1165151.jpg


この花は子どもの頃、隣の家でいつもいつもいっぱい咲いていた。
c0104227_118224.jpg


最近はあまり見かけないけれど、なつかしい花だった。
c0104227_1183471.jpg


昔なつかしい鶏頭の花。
c0104227_11123833.jpg


これはハーブですね。ペニーロイヤルミント?だったかしら。
c0104227_11134485.jpg


このお寺の帰途、アマサギに出会ったのでした。人生、当りもあれば、外れもあります(^_-)-☆
Commented by kana at 2016-08-07 21:21 x
ケイトウは、「鶏頭」と書くのですね。初めて知りました。
植物の名称について大変疎いですが、ペニーロイヤルミント?という植物は、被写体として、おもしろそうです。
お寺といっても、かならずしも和風な植物であるとは、限らないのですね。
Commented by nenemu8921 at 2016-08-10 01:32
kanaさん。ありがとう。
花の写真も時々は入れないとネ !(^^)!
鶏頭という言葉も昔は生活に馴染んだものだったのでしょうね。鶏も身近な存在で。




by nenemu8921 | 2016-08-05 10:20 | 植物 | Comments(2)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921