彼岸花とコスモス

寺の周囲は休耕田で、畔には彼岸花がいちめん植栽されています。
まだ咲きそろっていませんが、みごとな景観です。
本当はこの中はコスモスが満開の予定でした(>_<)
相次ぐ台風の余波で花は倒れ、雑草が目立ちました。
c0104227_12031751.jpg
この花は各地におどろおどろした伝承や不吉な俗名も多いことで知られていますが。
ヒガンバナ ヒガンバナ科ヒガンバナ属ヒガンバナ Lycoris radiata 彼岸花 
曼珠沙華は、 サンスクリット語 mañjūṣakaの音写。如意花などと訳す。仏語。白色柔軟で、これを見る者はおのずから悪業を離れるという天界の花。(「デジタル大辞泉」)
英名では、red spider lily, spider lily (紅い蜘蛛百合?)
蜘蛛の巣に見えるともいえますねえ。
c0104227_11322760.jpg
開き始めが好きです。

c0104227_11331478.jpg

c0104227_12022838.jpg


c0104227_12033630.jpg
健気に咲いているコスモスもありました。このあたりは千葉県旭市蛇園という地名です。

Commented by 風太郎 at 2016-10-02 06:50 x
nenemu8921さん

おはようございます
飯岡の彼岸花の里へ行かれましたか
行く予定をしておりましたが行かずしまいでした
見事に彼岸花が咲き綺麗でしたね。
Commented by h6928 at 2016-10-02 10:24
曼珠沙華がサンスクリット語が元だったとは知りませんでした。
勉強になります(^_-)-☆
あぜ道の両側に整然と並んでいるのを見ると、
ここに山頭火がいたらどんな句を詠むかな?とか連想します。
休耕田にはコスモスが植えられているんですね。
倒れてしまっても、コスモスは根性があるからまた立ち上がるでしょうね。
ヒガンバナが終わったら、コスモス色の休耕田に様変わりですか!
Commented by saheizi-inokori at 2016-10-02 12:50
ごんしゃんごんしゃん、曼珠沙華の歌(題名は怪しい)、少女のもってる恐ろしさみたいなものを感じます。
Commented by ha128256ak at 2016-10-02 17:46
彼岸花とコスモスが同じ所で撮れるんですか。
巾着田みたいな所ですね。
Commented by nenemu8921 at 2016-10-03 11:43
風太郎さん。こんにちわ。
ここはいい処ですね。隠れ里みたいで。
夏にはホタルがかなり飛ぶそうですが、撮影されたことありますか?
Commented by nenemu8921 at 2016-10-03 11:50
h6928さん。先日、私は曼珠沙華という漢字が書けませんでした。
いつもPCばかり使っていると、文字を書けなくなりますね(>_<)
山頭火お好きなのですか?
友人で熱烈なファンがいますが、私はあまり関心がないのですけど。すみません。
「曼珠沙華あっけらかんと道の端  漱石」
先日、テレビドラマでちらっと見ました。
宮沢賢治はこの花のことに言及していません。
多分、戦前の東北では見る機会が少なかったと思います。

Commented by nenemu8921 at 2016-10-03 11:54
saheiziさん。
白秋でしょう。良家のお嬢様のことでしょう。
意味の由来よりも言葉の響きが面白いですね。
Commented by nenemu8921 at 2016-10-03 11:56
あだっちゃん。巾着田とはだいぶ雰囲気が違います。
ずっと田舎風であります。観光客は少ないですもん。
by nenemu8921 | 2016-10-02 00:11 | 植物 | Comments(8)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921