シマアジ

谷津干潟にシマアジが来ているというので、早速行ってみました。
午前中はあいにくの小雨、降りやまず。
葦の茂みに入ってしまい、姿を見せないので、観察センターでセイタカシギを観察していたら、
目の前の淡水池に出てきてくれました。♂1羽です。雨も上がりました。
クリックすると、画像は大きくなります。ノートリです。
c0104227_15362828.jpg


ガンカモ科のコガモとほぼ同じ大きさ。多くは春、秋に旅鳥として渡来し、池、川、湖沼などに住むが、数は少ない。
昔、野鳥を見始めたころに見た記憶があるが、こんなに間近で、くっきり見たのは初めてだった。
泳ぎながら、洗顔するように水中に顔を沈め、顔を出すという繰り返しだった。
c0104227_15370930.jpg


c0104227_15372709.jpg

「しまあぢ」という名は、江戸中期から知られているそうです。
「しま」はやや変わった種類につける接頭語、「あぢ」はコガモの古名だそうで、コガモに似て、やや変わった種類の意だという。「鳥名の由来辞典」(柏書房)より
c0104227_15374521.jpg
谷津干潟の淡水池には4日前に飛来したという。
皆さんで見られるように、しばらくいてくれるといいですね。(^^♪


Commented by ha128256ak at 2017-04-07 17:07
シマアジが谷津干潟に入ったのですか。
家から近くて良かったですね。
野川のシマアジはまだいるのかな。
Commented by 風太郎 at 2017-04-07 17:36 x
nenemu8921さん

こんにちは
シマアジを谷津干潟で撮られましたか
あまり鳥は知らないのですが珍しいのですね、勉強しなくてはいけませんね?
当地方でも桜の花が咲き始めましたがこれからの空模様が心配です。
Commented by nenemu8921 at 2017-04-07 21:54
あだっちゃん。
先月、野川へ行ってシマアジを撮ってきた、という人もいました。
野川まではなかなか行けませんから、ここに入ってくれてよかったです。
小さいけれど、存在感があるなあと思いました。
Commented by nenemu8921 at 2017-04-07 22:24
風太郎さん。こんばんわ。
ええ、まあ、珍しい鳥です。
でも、このとおり地味なので、人気があるわけでもありません。
お花見ですね。今年はゆっくり咲いてくれたのでいろいろ行ってみたいです。
やはり桜も朝がよいのでしょうか。
ライトアップは難しい印象を受けますが…。

Commented by h6928 at 2017-04-07 22:53
シマアジですか!? 素敵な出逢いでおめでとうございます(^_^)v
旅の途中立ち寄った谷津干潟って、鳥たちには魅力があるのでしょうね。
でも、なるぼど、割と地味な鳥ですね。
綺麗なオスになり損ねたみたいな(^-^)
名前の由来も、古語からということは、昔からけっこう知られていたと!
Commented by nobumaki at 2017-04-08 07:34 x
手賀沼で眠っている後姿を見たことがあります。
見てみたいなぁ…
しばらく居てくれればいいのですが…
Commented by gigen_t at 2017-04-08 16:54
体調良好のようで御座いますね 何よりです。 さて、今日は 異色の 野鳥 見事に捉えられましたね、干潟とのこと こちら 仙台市の 蒲生干潟 震災の爪あと 今も手付かずで 野鳥たち 来ていないようです。
Commented by matsu_chan3 at 2017-04-08 19:34
すごく近くで撮れたのですね〜〜!
素晴らしいシマアジ♂です。
昨年の今頃こちらでも見れたのでそろそろ
やって来るかも・・待ち遠しいです♪♪
Commented by nenemu8921 at 2017-04-08 19:36
h6928さん。
綺麗な♂になり損ねた? 
いやいや、地味でシックな♂を目指したのかも…(笑)
昔からマイノリティだったのかな。
Commented by nenemu8921 at 2017-04-08 19:39
nobumakiさん。
今朝の朝日新聞と、千葉日報に「シマアジ」の記事が出ていました。
本当にしばらくいてくれるといいですねえ。
電話で確認してからお出かけくださいね。(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2017-04-08 19:41
gigenさん。ありがとうございます。
元気ぶっています。
元気になれそうです。
蒲生干潟は再生は難しいのでしょうか。
心にかかっています。
Commented by nenemu8921 at 2017-04-08 19:47
matsu_chanさん。
最初は遠かったのですが、辛抱強く待ちました。
待った甲斐がありました。(^.^)
お天気が良かったら、なおよかったのですが~。
まあ、ぜいたくは言いません。
Commented by kana at 2017-04-08 21:22 x
鳥名の由来、ありがとうございます。
魚のシマアジは、関係ないのですね (^^;
「しま」について、言われてみれば、羽根の模様が、
よく見かけるカモと、ちがっていますね。
素人なので、せっかくの数少ない鳥も見逃してしまいます。
Commented by nenemu8921 at 2017-04-11 00:35
kanaさん。
つい、魚のシマアジを連想してしまいますよね(^^♪
昔はカモはみなカモでした。
専門家でもないと、コガモとか、カルガモとか、識別しなかったのです。
おおらかにアバウトなのでした。
最近では誰もがカルガモとコガモのちがいわかりますねえ。
でも、シマアジは見たことない人が多いかも…(^^♪
by nenemu8921 | 2017-04-07 16:06 | 鳥・動物 | Comments(14)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921