つめた貝

また私はそこから風どもが送ってよこした安心のような気持ちも感じて受け取りました。
そしたら丁度あしもとの砂に小さな白い貝殻に円い小さな孔があいて落ちているのを見ました。
つめたがいにやられたのだな、朝からこんないい標本がとれるならひるすぎには十字狐だってとれるにちがいないと私は思いながら、それを拾って雑嚢に入れたのでした。
そしたら俄に波の音が強くなってそれは斯う云ったように聞こえました。
「貝殻なんぞ何にするんだ、何にするんだ。」
「俺は学校の助手だからさ。」私はついまたつりこまれてどなりました。
                        童話「サガレンと八月」



「つめた貝にやられたはまぐり」いい標本です!!
c0104227_06482041.jpg



こちらが犯人のつめた貝です。
c0104227_06480177.jpg


これもつめた貝にやられたアサリですね。
c0104227_06490139.jpg
ツメタガイ(砑螺貝/津免多貝、Glossaulax didyma)は、軟体動物門に属するタマガイ科巻貝
東アジアから南アジアの砂浜に多く普通に見られる。
潮間帯から水深10cm~50cm程度の砂地の浅海に多く分布し、殻幅50mm程度に達する中型の巻貝。殻の色は紫褐色から黄褐色を呈する。底部は白色で滑らか。蓋は半円形となる。夜行性で、砂の中を活発に動き回る。また軟体部は殻から大きく露出し、殻を完全に覆いつくす。 肉食性であり、アサリなどの二枚貝を捕食する。アサリなどの二枚貝を捕まえると、やすりのような歯舌を用いて獲物の殻の最も尖ったところである殻頂部を平らに削っていき、2mm程度の穴をあけて軟体部を食べる[1] 。 繁殖期は春で、5月頃、茶碗をかぶせたような形に卵塊を作る。

先日、千葉賢治の会の皆さんと東金を訪れたとき、帰途九十九里海岸まで足を延ばして高村光太郎の詩碑を見学した。
その折、海岸で見つけたも

宮沢賢治は内陸育ちなのに、よくツメタガイを知っていたなあとその博識ぶりに驚きます。
実際にはアサリ漁をする漁民にとってはこのツメタガイは天敵です。大量発生してアサリを根こそぎだめにしてしまうこともあるという。

かつてサガレンでは養͡狐事業も盛んだった。
でも、十字狐は当時でも珍しい狐で、簡単には出会えない。キタキツネの変種みたいですね。

2005年に私がサガレンを訪れたときには閉鎖された養狐場を数多く見かけた。
栄浜でつめた貝にやられた貝の標本も見つけた。同室の友人に記念にプレゼントしたと思う。






九十九里海岸は気持ちよかったので、この日のスナップを入れておきます。
c0104227_09520350.jpg

砂浜は鏡のようでした。(お顔が見えないから載せましたよ(^_-)-☆)
c0104227_09502999.jpg

ハマヒルガオも咲き始めていました。
c0104227_09511667.jpg

この日見つけた貝、スカシカシパンといいます。
自然ってすごいですね!
c0104227_10314081.jpg

貝はたくさんいろいろ転がっていましたよ。
c0104227_10323724.jpg

この日の画像は設定を間違えたまま、撮影していて(>_<)
ちょっと残念でした。皆さん、ごめんね。
c0104227_10331699.jpg

おまけのおまけです。
hagagakiさんのツィートが入っていました。
「サガレンと八月」の妄想的?続編だそうです。でも、おもしろい!!
http://www.ihatov.cc/blog/archives/2017/06/post_881.htm

Commented by h6928 at 2017-06-09 09:52
十数年前、長距離ドライブが楽しかったころ、
たびたび富津岬の方に行っていました。
早朝の浜辺を歩くとバカガイ(アオヤギ)がいっぱいいて、
ツメタガイも中身の入っているのが打ち上げられていたりしました。
穴の開いた貝殻もたくさんありましたね!(^^)!
このツメタガイの貝殻に穴をあけて糸で結び、
投げ釣りでイイダコを採っている人もいましたね。
この貝殻、家にいくつか飾ってあります。
Commented by nenemu8921 at 2017-06-09 10:02
h6928さん。早速のコメントありがとうございます。
おまけも入れました。
皆さんの記念写真は遠慮しました。
h6928さん、千葉はなつかしいところなのですね。
富津ではアオヤギがたくさんとれますね。
今スーパーでは結構いいお値段ですが、地元の人はバカにして見向きもしませんね。
だから、バカ貝?
そうですか。穴の開いた貝でイイダコですか?
やってみたいなあ。孫が釣りが大好きなのですよ。
7歳なのですけど。
Commented by nam at 2017-06-09 15:27 x
ツメタガイ
ハマグリと一緒に、稀に拾います。
この間、フライパンで焼いて頂きました(‥ 美味です。

採ろうと思って、そうそう採れる貝ではないので貴重ですよん。

今日は体長15cmくらいのワタリガニを見つけたものの、素手で拾うのを躊躇っているうちに逃げました。あいつに挟まれると、結構痛い。
Commented by ha128256ak at 2017-06-09 17:06
貝が他の貝を食べるんですか。
知りませんでした。
Commented by nenemu8921 at 2017-06-10 01:29
namさん。こんばんわ。
ツメタガイ、本当においしいの?
加熱すると堅いとか聞きますが…。
アサリがだめになったらツメタガイの新メニューを売り出せるかな?
しかし、やっぱりハマグリにかなうものなし!でしょうね。
ワタリガニですか!!
飯岡の帰りに購入して帰ったことがありますよ。
すごくおいしかった!
でも、挟まれたら、相当痛そうです(>_<)
海はやはり豊かですねえ。
光町の湿地帯の観察会、ご紹介いただき、17日には参加したいと思っています。
10日は千葉賢治の会の会合があるのですよ。
よろしくお願いいたします。




Commented by nenemu8921 at 2017-06-10 01:31
あだっちゃん。
貝の世界も弱肉強食ですね。
覆いかぶさって。孔をあけて、ちゅうちゅう、食べちゃうのだとか。
Commented by saitamanikki2008 at 2017-06-10 10:09
こんにちは。
アサリにドリルドライバーのような器具で
穴を開けたようになってますネ。
つめた貝の爪 ? 歯は、固いようですね。
この貝の空殻は、海岸で見たような気がします。

Commented by nenemu8921 at 2017-06-10 11:33
saitamanikkiさん。
秋谷海岸でも、きっと見つけることができると思いますよ。
やすりのような歯舌だそうです。
魔法のストローで、チュウチュウ穴をあけたようにも見えます(^_-)-☆
Commented by kana at 2017-06-10 18:31 x
歯舌というものがあるのですね。
スカシカシパン? おいしそうなネーミングですね。
いろいろと勉強になります(*^^*)
by nenemu8921 | 2017-06-09 09:23 | その他 | Comments(9)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921