ネイチャー傑作写真展と現代書展

「世界が見た、驚きと感動の大自然ネイチャーズベスト傑作写真展」を覗いてみました。
さすが世界のアマプロ交えてのネイチャー写真コンテストというだけあって素晴らしかったです。
日比谷図書文化部が会場ですが、撮影も自由だというので、たまたま手持ちのカメラで撮影させてもらいました。少し、ご紹介しますね。

ハンガリーの国立公園内での撮影。トラフズクのヒナです。
巣立ったばかりで、芝に落ちたときに遭遇したとか。精一杯大きく見せようと翼を膨らませた一瞬だそうです。
c0104227_21415588.jpg


スマトラオランウータンだそうです。インドネシアのバリ島で撮影。
突然の雨。タロイモの葉をちぎってかざし、雨をよけようとしているシーンをとらえたもの。
c0104227_21430565.jpg

 これはペンギンですね。俳優のようなキャラクターですね。
もちろん、ペリカンです。誤植です。冷汗。
c0104227_21425122.jpg

テントウムシです。つる草がアートですね。
c0104227_21423599.jpg

ハエトリグモです。エメラルドのような目です。
ブロ友さんのブログで拝見するけれど、ユニークで美しい生物なのね。
c0104227_21421301.jpg
追記
コメントをいただいたので、この作品の横にあった解説文を添付します。
c0104227_22161200.jpg


こちらにネイチャーズベスト傑作写真展の案内があります。
http://hibiyal.jp/hibiya/museum/naturesbest2017.html





つづきです。
この後、銀座に出て、友人の現代書「しゅはり会」書展を見ました。
思いがけず、素晴らしい展示でした。

花の写真家でもある宮本和義先生の書。
堂々として立派な花。華やかさも感じられて。文字から連想したのは蓮の花
帰り際、お話したら「最近、蓮の撮影ばかりしてた」とのこと、うかがって(@_@)。
c0104227_23443408.jpg


こちらは何か、わかりますか。
「どんぐりと山猫」のかねた一郎くんのところへ来た葉書ですね。
なるほど、おかしなはがきですね。馬車別当が一生懸命書いたのでしょうか。
この書の作家の大西房子さんは、エスぺランチストで、賢治ファンだそうです。
おしゃれなすてきな方でしたよ。(^_-)-☆
c0104227_23445626.jpg

思いがけず、素敵な出会いに恵まれた一日でした。

現代書「しゅはり」会のご案内はこちらをどうぞ。
http://www55.atpages.jp/kazumymt/HPsuhari/index.html

Commented by h6928 at 2017-07-07 09:59
さすがに世界規模の傑作となると、驚きが満載ですね(゜o゜)
マジメにネイチャーをやっている方々の熱意や努力&忍耐には、
ずぼらにモドキをやっているボクには頭が上がりません。
ハエトリグモのキラキラは何なんでしょうね?
オランウータンの使っているタロイモの葉っぱは、
人工的に刃物で切り取ったもののように見えますけど、
やっていること自体は可愛いし、賢そうですね(^_^)
Commented by ha128256ak at 2017-07-07 16:36
素晴らしい一瞬を捉えていて、見に行った甲斐がありましたね。
行ってみようかな。
Commented by nenemu8921 at 2017-07-07 22:21
h6928さん。
いやいやh6928さんのハエトリグモも互角だと思いましたよ。大したものです。(^^♪
キラキラは花粉でしょうか。解説文を追記しておきました。
ほとんどの作品が新聞紙大のパネル張りでした。
刺激になりました。


Commented by nenemu8921 at 2017-07-07 22:25
あだっちゃん。撮影OKなんていいなと思いました。
こうして多くの方に紹介できますもの。
入館料は有料で、大人¥300でしたが。
Commented by kana at 2017-07-08 12:18 x
おもしろそうですね。行ってみたいとおもいました。
テントウムシのつる草が、くねくねストローみたいです。
by nenemu8921 | 2017-07-07 00:25 | 写真関係 | Comments(5)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921