雄蛇ヶ池で出会った昆虫など

あまり大きかったので、初めは何だろうかと思いました。
カメラを向けると、すごい勢いでぶらぶらと身体をゆすりました。
撮らせないぞ! 向こうへ行け! と言っているようでした。
隠れ帯は画面では見えませんが。(肉眼でも視力の落ちた私には見えませんでした。)
かなり風も強く吹いていたのです。
ナガコガネグモだと思います。間違っていたらご教示ください。
c0104227_19275951.jpg

c0104227_19281743.jpg

c0104227_19281176.jpg

こちらは小さなヤブミョウガの花に隠れていた小さなクモ
名前はわかりません。
c0104227_19385441.jpg


杉林の木漏れ日の中で輝いていたクモ。
オオシロガネグモ?

c0104227_19481472.jpg

c0104227_19483073.jpg



ベニバナボロギクです。ここでよく出会います。
ベニバナボロギク(キク科ベニバナボロギク属)Crassocephalum crepidioides 紅花襤褸菊
c0104227_21012157.jpg

もう咲き終わって綿毛になっているものも多かったのです。
綿毛も小さくて可憐な気がします。
c0104227_21015453.jpg

綿毛の行方を目で追っていたら、ミズヒキに遊んでもらいたそうでした。
c0104227_21023205.jpg

必死で捉えました。
PCで見たら、少しぶれていて、綿毛は虹色に輝いていました。
c0104227_21030246.jpg


こちらはミスジチョウの仲間。コミスジでしょうか?
c0104227_21045476.jpg


これはホタルガですよね。もうすっかり疲れて元気がない個体でした。
c0104227_21053424.jpg

クモで遊ぶクモさんです(笑)
天から糸を伝わって下りてきたかのようでした。
画像をクリックしてご覧くださいね。
c0104227_21063108.jpg
画像を貼ったわけではなく(簡単に出来るでしょうが)、そのままの画像です。
雄蛇ヶ池のレポートはいったんここでおしまいにします。
また近いうちに訪ねたいところです。



Commented by h6928 at 2017-09-27 10:10
冬が近づいてくると、ジョロウグモやコガネグモのメスが大きくなりますね。
そばに控えるオスたちの小ささも際立って、
クモに生まれなくて良かった・・・って思ったりします。
雲と遊ぶクモ、面白い場面を撮りましたね(^^♪
想定外の画創りを見せていただきました!(^^)!
Commented by gigen_t at 2017-09-27 10:32
トップの蜘蛛 何ともカラフルな模様 始めて見るものです、ラストの作品を含めまして 趣向を凝らした 作品の数々 スバラシイデス、
Commented by ha128256ak at 2017-09-27 14:31
かなり大きな蜘蛛ですね。
綿毛も綺麗に撮りました。素晴らしい。
Commented by nenemu8921 at 2017-09-27 17:24
h6928さん。
秋は蜘蛛たちの季節でもありますね。
やっぱりクモとか、カマキリとかの宿命には悲哀を感じるのでしょうか。(笑い)
ラストの画像、ありがとう。
蜘蛛のぶら下がっている木の枝を入れないように撮りました!。
Commented by nenemu8921 at 2017-09-27 17:27
gigenさん。大きな蜘蛛はこの沼の主かもしれないと、思いました。
隠れ帯をゆするのは威嚇行動だそうです。
十分コワかったです。

Commented by nenemu8921 at 2017-09-27 17:30
あだっちゃん。
大きかったですよ。(@_@)
小さなミズヒキだけでも大変でしたが、綿毛も頑張って撮りました(^^♪
by nenemu8921 | 2017-09-26 22:59 | 昆虫・クモなど | Comments(6)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921